ニュース
» 2019年05月22日 11時15分 公開

AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」を刷新 15型モデルは「8コアCore i9」も選択可

AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」の新モデルを発売。15型モデルでは先日発表された第9世代Coreプロセッサを採用し、「8コア」も選べる。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは5月22日、ノート型Mac「MacBook Pro」の13型(Touch Bar付き)と15型の新モデルを発表した。第8世代または第9世代のCoreプロセッサを搭載し、15型モデルではMacBookシリーズとしては初となる「8コア」プロセッサも選択可能だ。直販価格は13型(Touch Bar付き)が19万8800円から、15型が25万8800円から(共に税別)。WebおよびアプリのApple Storeでは同日から受注を受け付けており、Apple Store実店舗を含む店頭でも5月24日頃から販売を開始する予定だ。

MacBook Pro(15型) MacBook Pro(15型モデル)

15型モデルで選択できる構成

標準構成 店頭販売される標準構成モデル(左が下位、右が上位)。Apple Storeなど、Web直販や一部店舗ではここからカスタマイズして購入することも可能

 15型モデルで選択できるCPU構成は以下の通り(太字のものはカスタマイズ限定)。

  1. 第9世代 Core i7プロセッサ 6コア/2.6G〜4.5GHz
  2. 第9世代 Core i9プロセッサ 8コア/2.3〜4.8GHz
  3. 第9世代 Core i9プロセッサ 6コア/2.4G〜5GHz

 AppleはCPUの型番などを公表しないポリシーを貫いているが、いずれもGPU(Intel UHD Graphics 630)を内蔵していることから、1番目のプロセッサは「Core i7-9750H」、2番目のプロセッサは「Core i9-9880H」、3番目のプロセッサは「Core i9-9980HK」であると思われる。

 外部GPUは以下のものから選択できる(太字のものはカスタマイズ限定)。

  • Radeon Pro 555X(4GB)
  • Radeon Pro 560X(4GB)(※)
  • Radeon Pro Vega 16(4GB)
  • Radeon Pro Vega 20(4GB)

※ 店頭販売の下位モデル(Core i7モデル)をベースとするカスタマイズ構成ではオプション設定。店頭販売の上位モデルでは標準搭載

 メインメモリは16GB(店頭販売モデルの標準)または32GBから選択可能。SSDの容量は256GB(下位モデルの標準)または512GB(上位モデルの標準)の他、1TB、2TB、4TBも選択できる。ボディーカラーはスペースグレイとシルバーの2つを用意している。

13型(Touch Bar付き)モデルで選択できる構成

標準構成 店頭販売される標準構成モデル(左が下位、右が上位)。Apple Storeなど、Web直販や一部店舗ではここからカスタマイズして購入することも可能

 13型(Touch Bar付き)モデルで選択できるCPU構成は以下の通り(太字のものはカスタマイズ限定)。

  • 第8世代 Core i5プロセッサ 4コア/2.4G〜4.1GHz
  • 第8世代 Core i7プロセッサ 8コア/2.8〜4.7GHz

 メインメモリは8GB(店頭販売モデルの標準)または16GBから選択可能。SSDの容量は256GB(下位モデルの標準)または512GB(上位モデルの標準)の他、1TB、2TBも選択できる。ボディーカラーはスペースグレイとシルバーの2つを用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう