レビュー
» 2019年07月07日 22時00分 公開

マルチで圧倒、Intelに互角以上の性能を備えた「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」をテスト夏の自作特集(2/3 ページ)

[石川ひさよし,ITmedia]

互角以上でマルチスレッドはリード、シングルスレッドIPCも向上

 今回は、評価キットをベースに比較・計測していくが、何しろいろいろと変わったところが多く(緑のライバルが横ヤリを入れたこともあり)、ここでは第3世代Ryzenの傾向を見る最低限のテストを実施した。

 加えて、評価キットは定格より高クロックのメモリがセットになっているが、これも定格クロックまで落とし、マザーボード側も特にチューンせず標準設定のまま検証する。ライバル比較ではマザーボードを統一できないわけだが、CPUクーラーや電源、SSDなどは可能な範囲で統一している。詳しくは以下の検証環境を確認いただきたい。

今回のテスト環境
CPU AMD Ryzen 9 3900X AMD Ryzen 7 3700X AMD Ryzen 7 2700X Intel Core i9-9900K
マザーボード ASRock X570 Taichi GIGABYTE Z390 Elite
メモリ G.Skill Trident Z Royal F4-3600C16D-16GTRG(DDR4-3200使用)8GB×2 Kingston HyperX Predator DDR4 RGB HX429C15PB3AK4/32(DDR4-2933使用)8GB×2
グラフィックスカード Radeon RX 5700XT
システムSSD Intel Optana SSD 800p SSDPEK1W120GA01(Optane NVMe 118GB)
データSSD WesternDigital WD Black NVMe SSD WDS100T2X0C SSD1TB(3D TLC NVMe 1TB)
CPUクーラー Corsair Hydro H100i RGB Platinum 240mm
電源 Corsair HX1000i(80PLUS Platinum 1000W)
その他 14cm角ファン1基(VRM用)
OS Windows 10 Pro 64bit(1903)

 Sandra 2018 28.69 SP4cでCPU回りを集中的に見ていこう。まずはプロセッサの性能だ。注目はRyzen 7 3700Xが、Core i9-9900KとDhrystoneで同等、Whetstoneでリードしている点だ。Whetstoneは第2世代のRyzen 7 2700Xでも少し上回っていたが、Dhrystoneは劣っている箇所だった。その上でRyzen 9 3900Xは大きくリードを広げ独走体勢だ。

 シングルスレッドでの結果を見ると、Ryen 9 3900Xと7 3700Xはほぼ同じとして、第2世代Ryzen 7 2700Xからは向上している。ただし、まだCore i9-9900Kには届いていないようだ。

Sandra プロセッサの性能(マルチスレッド)
Sandra プロセッサの性能(シングルスレッド)

 次にSandraのマルチメディア処理。マルチスレッドはRyzen 7 3700Xの場合、Core i9-9900Kに劣る部分が増えているが、Ryzen 7 2700Xと比べると大きく向上している。シングルスレッド時は概ね先のプロセッサの性能と同様、まだ少しCore i9-9900Kに届かないが、近いところまで迫っている。

Sandra マルチメディア処理(マルチスレッド)
Sandra マルチメディア処理(シングルスレッド)

 Sandraのキャッシュとメモリーは、Ryzen 9 3900X、7 3700XがCore i9-9900Kを抜いている。Ryzen 7 2700Xでは3/4でCore i9-9900Kにかなわなかったので、大きな向上といえるだろう。

Sandra キャッシュとメモリーのスコア

 CPU性能をCINEBENCH R15/R20で見てみよう。まずRyzen 7 3700XはCore i9-9900Kと全く互角といってよい。Ryzen 7 2700Xからの向上も大きく、これなら同じ8コアのままでもアップグレードをお勧めできるかもしれない。そして12コアのRyzen 9 3900XはマルチCPU側のスコアでCore i9-9900Kを大きくリードした。

CINEBENCH R15とR20のスコア

 このように、CPU性能が大きく向上したことは確認できた。それではアプリケーション性能はどうだろうか。PCMark 10の結果を見てみよう。こちらも非常に気になる結果だった。Ryzen 7 2700Xは同じコア数とはいえどうしてもCore i9-9900Kにかなわないところがあったが、Ryzen 9 3900X、7 3700XはCore i9-9900Kと互角に勝負している。

 その上で、この種のテストではあまりまだマルチスレッドが活用できておらず、Ryzen 9 3900Xが明確なリードを見せたのは、比較的マルチスレッド依存の強いDigital Content Creationだった。

PCMark10のスコア

 続いては3DMarkだ。OverallではFire StrikeのみRyzen 9 3900Xがリードしているが、その他はほぼ互角。CPU/Physicsスコアに絞って見てみると、Ryzen 9 3900Xが確かにリードしていることは分かる。

3DMarkの総合スコア
3DMarkのCPUスコア

 FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークは、基本的にCore i9-9900Kのスコアがもっとも高く、次点はRyzen 7 3700Xだった。この2者はほぼ互角といってよいだろう。Ryzen 9 3900Xがわずかにおよばず、Ryzen 7 2700Xとさほど変わらない結果だったのはコア数が多すぎるためだろうか、BIOSなどの調整不足のためだろうか。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークのスコア

 Metro Exodusは、1920×1080ドットでバラつきが見られるものの、2560×1440ドット側が比較的安定しているのでこちらを見る限りほぼ互角、誤差の範囲といえそうだ。そして、わずかに第2世代のRyzen 7 2700Xよりも第3世代の2製品の方が高いフレームレートであるようだ。

Metro Exodusのスコア(2560×1440ピクセル)
Metro Exodusのスコア(1920×1080ピクセル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう