ニュース
» 2019年08月05日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:「年内は厳しいかも」――Ryzen 9 3900Xの枯渇が深刻に (1/4)

好調な売れ行きを続けている第3世代Ryzenだが、現行の最上位モデル「Ryzen 9 3900X」の在庫はアキバ全体でほとんど見かけなくなっている。中には「年内の再入荷は厳しいかも」との声も。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、第9世代Core iシリーズに新ラインアップが追加された。6コア6スレッドの「Core i5-9500」で、価格は2万6000円前後(税込み、以下同)。Core i5-9400(2万3000円前後)の1つ上に位置付けられており、クロック数が標準で100MHz高い3.0GHz、ターボブースト最大値は300MHz高い4.4GHzとなる。TDPは65Wで変わらない。

第9世代Core iに新モデル「Core i5-9500」が登場

 入荷したTSUKUMO eX.は「ボリュームゾーンのCore i5の層が一段と厚くなったのはいいことですね。Core iシリーズ全体の在庫も一時期より回復していますし、体勢を整えるのに貢献しそうです」と評価していた。

Core i5-9500 Intelの新CPU「Core i5-9500」
TSUKUMO eX. TSUKUMO eX.のCore iシリーズ価格表

 一方で枯渇が深刻になっているのが、第3世代Ryzenの現行最上位となるRyzen 9 3900Xだ。ほとんどのショップで在庫を切らしているのはもちろん、予約を打ち切っているのが現状だ。あるショップは「3900Xの需要が世界的に見込みを大きく上回ったみたいで、年内に再入荷いけるか……というレベルになっています。米国のAmazonで見つけたら買ってもいいんじゃないかというくらい」とこぼす。「一時期のCore i9-9900Kよりもひどい状況」とのコメントも耳にした。

 最上位モデルがない状況で、第3世代Ryzenの売れ筋はRyzen 7 3700Xに移行している様子だ。ドスパラ秋葉原本店は「3800Xは『3900Xがないから』という理由で買っていく人が多いですが、3700XはTDP 65Wという武器がありますからね」と話していた。ただ、3800Xと3700Xも街全体では品薄傾向にある。

ドスパラ秋葉原本店 ドスパラ秋葉原本店のRyzen価格表
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう