ニュース
» 2019年08月21日 13時22分 公開

エイサー、144Hz駆動液晶を備えた薄型ハイエンドゲーミングノートなど3シリーズ10製品を投入

日本エイサーは、薄型デザインのハイスペックゲーミングノートPC「Predator Triton 500」「Predator Helios 300」など3シリーズ計10製品を発表した。

[ITmedia]

 日本エイサーは8月21日、薄型デザインのハイスペックゲーミングノートPC「Predator Triton 500」「Predator Helios 300」を発表、8月22日から販売を開始する。

photo
photo Predator Triton 500シリーズ(上)、Predator Helios 300(下)

 いずれも144Hz駆動に対応した15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵するゲーミングノートPCで、CPUにはCore i7-9750Hを採用。Predator Triton 500シリーズからは GeForce RTX 2080搭載モデルの「PT515-51-A76Y8」とGeForce RTX 2070搭載モデルの「PT515-51-A76Y7」、Predator Helios 300シリーズからはGeForce GTX 1660 Ti搭載モデルの「PH315-52-A76Y6T」「PH315-52-A78U6T」の計4構成を取りそろえた。

 独自形状の冷却ファンの採用で冷却性能の改善も実現。Triton 500シリーズは厚さ17.9mm、Helios 300シリーズは厚さ22.9mmのスリム筐体を実現している。オーバークロック動作を制御できる“Turboキー”機能なども備えている。

 予想実売価格はPT515-51-A76Y8が35万円前後、PT515-51-A76Y7が30万円前後、PH315-52-A76Y6Tが20万円前後、PH315-52-A78U6Tが18万円前後だ(いずれも税別、以下同様)。


photophoto Nitro 5シリーズ

 この他、スタンダード設計のゲーミングノートPC「Nitro 5」シリーズも合わせて発表、8月22日から順次販売が開始される。

 Core i5-9300H/同 i7-9750Hの搭載に対応したゲーミングノートPCで、15.6型モデルと17.3型モデルの2サイズを用意。それぞれにGeForce GTX 1050/同 1650/同 1660 Ti搭載のバリエーション構成モデルを用意し、計6構成を用意している。

 予想実売価格は、17.3型モデルの「AN517-51-A76UG6T」「AN517-51-A76QG6」「AN517-51-A58U5」がそれぞれ20万円前後/17万円前後/13万円前後、15.6型モデルの「AN515-54-A76UG6T」「AN515-54-A76QG6」「AN515-54-A58G5」がそれぞれ18万円前後/14万円前後/12万円前後だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう