ニュース
» 2019年09月19日 13時54分 公開

サードウェーブ、インテルとの共同設計をうたった第9世代Core搭載ゲーミングノートPC

サードウェーブは、第9世代Coreプロセッサを標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC計2製品を発表した。

[ITmedia]

 サードウェーブは9月19日、第9世代Coreプロセッサを標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC計2製品「GALLERIA GCR1660TGF-QC」「GALLERIA GCR2070RGF-QC」を発表、10月4日に販売を開始する。ドスパラ専売モデル(本体カラーはガンメタル)と家電量販店モデル(本体カラーはブラック)の2カラーバリエーションをそれぞれに用意。同社直販価格はGALLERIA GCR1660TGF-QCが18万9980円、GALLERIA GCR2070RGF-QCが24万9980円だ(ともに税別)。

photo
photo GALLERIA GCR1660TGF-QC(上)、GALLERIA GCR2070RGF-QC(下)

 ともに1920×1080ピクセル表示と144Hzの高リフレッシュレートに対応した15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵するゲーミングノートPCで、CPUとしてCore i7-9750Hを搭載。グラフィックスコアはGALLERIA GCR1660TGF-QCがGeForce GTX 1660 Tiを、GALLERIA GCR2070RGF-QCがGeForce RTX 2070(Max-Q)を装備している。

 メモリはともに16GB、ストレージはそれぞれ512GB/1TB NVMe SSDを内蔵、顔認証でのログインやWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)にも対応した。内蔵バッテリー駆動時間は約10時間だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう