プロナビ
ニュース
» 2019年10月08日 11時00分 公開

コスパ重視のビジネスノート「ThinkBook」に14型と15.6型登場 第10世代Core搭載で9.5万円から

レノボのビジネスノート「ThinkBook」に14型モデルと15.6型モデルが登場。いずれもSSD+HDDの構成や、外部GPUを搭載する構成を用意している。

[井上翔,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは10月8日、ビジネスノートPC「ThinkBook 14」「ThinkBook 15」を発売した。直販価格はThinkBook 14が9万5000円から、ThinkBook 15が10万円から(共に税別)で、一部の構成は後日改めて発表される予定だ。

ThinkBook 14ThinkBook 14 ThinkBook 14
ThinkBook 15ThinkBook 15 ThinkBook 15

 両製品は、5月に発表された新たなビジネス向けノートPCブランド「ThinkBook(シンクブック)」のバリエーションとして投入される。第10世代Core i3/i5/i7プロセッサを搭載し、薄型軽量設計によって「社内モバイルやテレワーク利用などにも適した」モデルとなっている。

ThinkBook 14

 ThinkBook 14は、ThinkBookブランドの14型モデル。ディスプレイはフルHD(1920×1080ピクセル)液晶で、モデルによってIPSパネルかVAパネルが搭載される。

 メモリは最大24GBで、ストレージは一部のモデルでSSDとHDDの両方を搭載する。外部GPUとしてAMD Radeonを搭載するモデルも用意する。

 インタフェース類は、本体左側面にEthernet(有線LAN)端子、HDMI出力端子、USB 3.0 Type-A端子、USB 3.0 Type-C端子、USB 3.1 Type-C端子、イヤフォン・マイクコンボ端子を、右側面にUSB 2.0 Type-A端子(ふた付き)、SDメモリーカードスロット、USB 3.0 Type-A端子、電源入力端子を備えている。

左側面右側面 左側面と右側面
キーボード キーボードと画面回り(写真は米国英語キーボードモデル。日本で販売されるモデルは日本語キーボードとなる)

ThinkBook 15

 ThinkBook 15は、15.6型フルHD(1920×1080ピクセル)液晶を搭載するモデルで、構成によってIPSパネルかVAパネルが搭載される。

 メモリは最大24GBで、ストレージは一部のモデルでSSDとHDDの両方を搭載する。外部GPUとしてAMD Radeonを搭載するモデルも用意する。

 インタフェース類は、本体左側面にEthernet(有線LAN)端子、HDMI出力端子、USB 3.0 Type-A端子、USB 3.0 Type-C端子、USB 3.1 Type-C端子、イヤフォン・マイクコンボ端子を、右側面にUSB 2.0 Type-A端子(ふた付き)、SDメモリーカードスロット、USB 3.0 Type-A端子、電源入力端子を備えている。

 電源キーは指紋センサーと一体化されており、Windows Helloによるログイン認証に利用できる。バッテリー稼働時間は最大で約11.3時間(JEITA 2.0基準)となる。

 ボディーサイズは約約363.5(幅)×245(奥行き)×18.9mm(奥行き)mmで、重量は約1.84kgとなる。

キーボード キーボードと画面回り。ThinkBook 14と異なりテンキー付きのキーボードだ(写真は米国英語キーボードモデル。日本で販売されるモデルは日本語キーボードとなる)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう