レビュー
» 2019年10月29日 22時00分 公開

スペックにだまされてはダメ:NVIDIAの新たなミドルレンジ「GeForce GTX 1660 SUPER」を試す (1/3)

NVIDIAは、Turing世代のRT/Tensorコア非搭載GPU、GeForce GTXのラインアップとして、新たに「GeForce GTX 1660 SUPER」および「GeForce GTX 1650 SUPER」を追加した。今回は、10月29日に販売開始されるGeForce GTX 1660 SUPERを検証してみよう。

[石川ひさよし,ITmedia]

 NVIDIAから、新たにTuring世代のRT/Tensorコア非搭載のGPU「GeForce GTX 1660 SUPER」と「GeForce GTX 1650 SUPER」がリリースされた。GeForce GTX 1660シリーズの中で、最上位のGeForce GTX 1660 Tiと下位のGeForce GTX 1660との間にGeForce GTX 1660 SUPERが追加された格好だ。まずはGeForce GTX 1660 SUPERのスペックを確認しよう。

GeForce GTX 1660 SUPER GeForce GTX 1660 SUPER搭載したPalit製のグラフィックスカード

GeForce GTX 1660をベースにGDDR6を採用

GTX 1660シリーズの主な仕様
GPU GTX 1660 Ti GTX 1660 SUPER GTX 1660
SMs 24 22
CUDA Cores 1536 1408
ベースクロック 1500MHz 1530MHz
ブーストクロック 1770MHz 1785MHz
テクスチャユニット 96 88
メモリタイプ GDDR6 GDDR5
メモリ容量 6GB
メモリバス幅 192bit
メモリクロック 12000MHz 14000MHz 8000MHz
メモリ帯域幅 毎秒288.1GB 毎秒336GB 毎秒192.1GB
TDP 120W 125W 120W

 スペック表を見て分かる通り、GeForce GTX 1660 SUPERとGeForce GTX 1660は、ベースとなるGPU部分の仕様が同じである。異なるのは、唯一メモリに関してのみだ。GeForce GTX 1660ではGDDR5メモリを用いていたが、GeForce GTX 1660 SUPERではより高クロックのGDDR6メモリが採用される。そのクロックは高めの設定で、上位のGeForce GTX 1660 Tiをも上回る。

 1つ興味深いのはTDPだ。スペック上、GeForce GTX 1660 SUPERは他の2モデルよりも5Wだけ高い。GeForce GTX 1660 Tiと比べるとシェーダーは少ないが、GPUクロックが高く、メモリも高クロックだ。シェーダーとGPUクロックに関しては、条件的にGeForce GTX 1660も同じとなると、おそらくTDPに影響を与えたのはメモリクロックということになるだろう。

GeForce GTX 1660 SUPER GPU-Zから見たGeForce GTX 1660 SUPER。GDDR6メモリはMicron製だった

 今回、Founderd Editionは用意されないとのことで、評価にはPalitの「GTX1660SUPER GP 6G GDDR6 192bit DVI HDMI DP」を利用した。2スロット厚のオリジナルクーラー採用モデルで、デュアルファンかつヒートパイプを用いた冷却設計を採用している。カード長は約25cmで、ミドルレンジのグラフィックスカードの標準的なサイズになる。

GeForce GTX 1660 SUPER デュアルファンを採用する

 映像出力端子は3系統で、DisplayPort、HDMI、DVI-Dという構成だ。DVIが用意されているあたりに、メインストリーム向けの色付けが感じられる。補助電源コネクタは8ピン×1基だ。125WのTDPであれば6ピン×1基でもまかなえそうだが、最近は8ピン×1基とする製品が増えている。電源側のPCI Express補助電源コネクタ自体、今は6+2ピンが標準的であり、2ピンを宙ぶらりんとするよりは、全ピンを挿せる8ピンの方がスッキリするというメリットはある。

GeForce GTX 1660 SUPER 映像出力端子はDisplayPort、HDMI、DVI-Dの3系統だ
GeForce GTX 1660 SUPER 補助電源コネクタは8ピン×1基で、バックプレートも装備している

 製品によっては、より小型のもの、大型のものが登場するかもしれないが、基本的にはGeForce GTX 1660 Ti/1660と変わらない設計になりそうだ。

 早速、ベンチマークテストを見ていこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう