ニュース
» 2019年11月22日 13時20分 公開

IntelがPCベンダーなどに「謝罪」 CPU供給不足で

IntelがCPUの供給不足について謝罪する旨の書簡を公表した。同社では生産能力を向上する取り組みをしてきたものの、PCの需要がそれを上回ってしまっているという。

[井上翔,ITmedia]

 Intelは11月20日(米国太平洋時間)、同社のCPUを購入する顧客とパートナー企業に宛てた書簡「Intel Supply Update」を公表した。この書簡はミッシェル・ジョンストン・ホルトハウス副社長の署名付きで出されたもので、CPU供給の遅延について謝罪すると共に、供給体制の強化を図っている旨が記されている。

書簡 ミッシェル・ジョンストン・ホルトハウス副社長の署名付きの書簡「Intel Supply Update」

書簡の概要

 IntelではPC向けCPUの旺盛な需要に応えるべく、10nmプロセスのCPUの生産を立ち上げる一方で、14nmプロセスのウエハー(チップの基板)の生産能力を向上するべく「記録的な投資」をしたり、自社の生産能力を高めつつ外部のファウンドリーも活用したりして供給状況の改善を図ったという。

 これらの取り組みによって、計画では2019年後半(7〜12月)にはCPUの供給量を同年前半(1〜6月)比で「2ケタ増」を図る予定だった。しかし、2019年のPC市場の成長(需要)がIntelやPCメーカーの予測を上回ってしまい、CPUの供給が厳しい状況が続き、結果としてPCの出荷遅延に結び付いているという。

 Intelでは、供給を改善すべく飽くなき努力を続けるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう