プロナビ
ニュース
» 2019年11月25日 16時45分 公開

ソフトバンク、LED一体型カメラを活用した法人向けIoT防犯カメラサービス「SecuLight」2020年春に提供

ソフトバンクが通信機能付き蛍光灯一体型カメラを活用したIoT防犯カメラサービスを法人向けに2020年春をめどに提供を開始する。設置・配線工事などを必要とせず初期費用を抑えられ、遠隔で一括管理することができる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは11月25日、4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型カメラを活用したIoT防犯カメラサービス「SecuLight(セキュライト)」を発表した。提供開始は2020年春を予定している。

ソフトバンクの「SecuLight」サービスイメージ 「SecuLight」サービスイメージ

 このサービスは別な設置工事や配線工事を必要とせず、工事が困難な場所でも初期費用を抑えて防犯カメラを導入できることが最大の特徴。単体でデータ通信できるので、防犯カメラ録画映像の確認、Webアプリを通じた各機器の状態監視や設定変更、故障検知などの管理を遠隔で一括して行える。物理的な盗難対策に加えて映像データに難読化処理を施すことで、セキュリティ面でも安心して使えるという。

 カメラは、MOYAIが開発したLED蛍光灯と一体化された「IoTube(アイオーチューブ)」を利用。ソフトバンクは防犯カメラ本体、4Gデータ通信サービス、クラウド環境、映像確認や機器管理のための専用Webアプリ、保守・運用サービスをトータルで提供する。

「IoTube」本体イメージ 「IoTube」本体イメージ

 なお、SecuLightは、11月27〜29日に幕張メッセで開催される「第6回鉄道技術展2019 Mass-Trans Innovation Japan 2019」で展示とデモンストレーションを実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう