ニュース
» 2020年01月20日 12時02分 公開

マウス、Wi-Fi 6にも対応可能な光学ドライブ搭載15.6型スタンダードノート「mouse F5」

マウスコンピューターは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したスタンダードノートPC「mouse F5」シリーズの販売を開始する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは1月20日、15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したスタンダードノートPC「mouse F5」シリーズの製品ラインアップにCoreプロセッサ搭載の上位構成モデルを追加、本日販売を開始する。標準構成価格は7万4800円(Core i3モデル)〜8万9800円から(税別)。

photo
photo mouse F5シリーズ

 フルHD表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したノートPC。先行して販売を開始していたCeleron 4205U搭載エントリー構成モデルと同様に従来モデルからキーボードのレイアウトを変更し、約19mmのキーピッチを実現している。

 今回のラインアップ強化では、第8世代CoreプロセッサのCore i3-8145U〜Core i7-8565Uの搭載に対応。メモリは8GB、ストレージは256GB SSDを内蔵、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブも標準装備した。無線LANは標準構成時ではIEEE 802.11ac対応で、オプション選択でWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)も利用可能となっている。標準導入OSはWindows 10 Home 64bitだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう