未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2020年02月04日 13時57分 公開

マウスが「GIGAスクール構想」準拠の10.1型2in1タブレットPCを開発中 

マウスコンピューターは、「マイクロソフト教育サミット“世界標準で学ぶ”MSソリューションで取り組むGIGAスクール対策サミット」で文教向けノートPC新モデルの展示を実施する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは2月4日、「マイクロソフト教育サミット“世界標準で学ぶ”MSソリューションで取り組むGIGAスクール対策サミット」にて、現在開発中の文教向けノートPC新モデル「MousePro P101A」を展示すると発表した。製品の販売開始時期や価格などについては後日改めて発表される予定だ。

photo
photophoto MousePro P101A

 MousePro P101Aは、学校現場での“一人一台端末”を整備するための「GIGAスクール構想」に準拠した10.1型の2in1タブレットPCで、Celeron N4100/メモリ4GB/64GB eMMCを内蔵。10点マルチタッチ操作をサポートする他、Microsoft Pen Protocol準拠のスタイラスペン(オプション)による手書き入力も可能だ。本体背面側には、教師が各端末の動作状況を確認できるLEDインジケーターを内蔵した。

photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう