ニュース
» 2020年03月18日 22時30分 公開

ストレージは2倍に:「MacBook Air」がモデルチェンジ 第10世代Coreプロセッサと新Magic Keyboardを搭載して10万4800円から

Appleの薄型ラップトップが、CPUやキーボードを刷新してモデルチェンジ。ストレージの増量と合わせて、より快適に使えるようになった。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは3月18日、新型「MacBook Air」を発表した。CPUを刷新し、新しいMagic Keyboardを搭載し、内蔵ストレージ(SSD)の容量を2倍とし、より快適に使えるようになっている。最低構成の直販価格は10万4800円(学生/教職員向け販売では9万3800円)で、同日からWeb直販と「Apple Store」アプリでの受注を開始している。店頭販売は来週から開始する予定だ。

MacBook Air MacBook Air

 新しいMacBook AirのCPUは「第10世代Coreプロセッサ」となっている。GPUがIris Plus Graphicsであることから、開発コード「Ice Lake」の第10世代Coreプロセッサと思われる。

 搭載されるCPUは、店頭販売の下位モデルがCore i3(1.1G〜3.2GHz/2コア)、上位モデルがCore i5(1.1G〜3.5GHz/4コア)となる。Web直販など、カスタマイズに対応している販路では、下位モデルはCore i5またはCore i7(1.2G〜3.8GHz/4コア)に、上位モデルはCore i7に変更できる。メインメモリはLPDDR4x規格の8GBで、カスタマイズ可能な販路では16GBに変更可能だ。

 SSDはPCI Express接続で、容量は下位モデルが256GB、上位モデルが512GBとなる。カスタマイズに対応している販路では、容量を512GB(下位モデルのみ)、1TB、2TBに変更することもできる。

 ディスプレイは2560×1600ピクセルの「Retinaディスプレイ」で、True Toneテクノロジーによる調色に対応している。ディスプレイ上部には、720p(1280×720ピクセル)撮影に対応する「FaceTime HDカメラ」を搭載している。

動画編集 Iris Plus Graphicsを搭載したため、動画編集のパフォーマンスが改善

 外部ポート類は、Thunderbolt 3(USB 3.1 Type-C)端子×2と、ヘッドフォンジャックを備えている。Thunderbolt 3端子は、USB Power Deliveryによる充電と、DisplayPortによる映像出力に対応している。Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11acに対応し、Bluetooth 5.0も利用できる。

 バッテリーの容量は49.9Whで、最大11時間のワイヤレスインターネット、最大12時間の「Apple TVアプリ」のムービー再生と最大30日のスタンバイ時間を確保しているという(いずれもメーカー公称値)。

 キーボードはバックライト付きの新型Magic Keyboardで、店頭販売モデルはJIS(日本語)配列となる。カスタマイズが可能な販路ではUS(米国英語)配列に変更可能だ。

 ボディーサイズは約30.41(幅)×21.24(奥行き)×0.41〜1.61(高さ)cmで、重量は約1.29kgとなる。カラーはゴールド、スペースグレイ、シルバーから選択できる。

ゴールドシルバー 左がゴールド、右がスペースグレイ(いずれもUSキーボード)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう