ニュース
» 2020年06月15日 16時45分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:定番ケースを12cm短くした「Define 7 Compact」がデビュー (1/4)

水冷や光モノを組み込むことを想定しつつ、ドライブベイを抑えてコンパクト化したケースや、キーボードを個性的に彩るキーキャップなどが登場した。第10世代Core i用マザーも個性派モデルが人気を集めている。

[古田雄介,ITmedia]

 先週は、PCケース売り場でFractal DesignのATXケース「Define 7 Compact」が話題になっていた。左側面をソリッドパネルで閉じた「Define 7 Compact Solid」と、左側面に強化ガラスを使った「Define 7 Compact Black TG」があり、価格は順に1万6500円前後と1万8000円前後(税込み、以下同)となる。

Define 7 Compact Fractal Design「Define 7 Compact」

短い方が好きという人は増えています――Define 7 Compactの評判

 2020年3月に登場した「Define 7」のバリエーションモデルで、ボディーサイズをコンパクトにしたのが最大の特徴だ。Define 7が約240(幅)×547(奥行き)×475(高さ)mmなのに対して、Define 7 Compactは約210(幅)×427(奥行き)×474(高さ)mmと、奥行きが12cmも短くなっている。

Define 7 従来モデル「Define 7」(右)と並べたところ
Define 7 新モデルの左側面。ドライブベイは底部や右側面側に逃している

 入荷したTSUKUMO eX.は「ドライブベイのスペースを大胆にカットしたことで、相当奥行きが短くなりましたね。幅も3cmスリムになっています。後継モデルが出るたびにちょっとずつ奥行きが伸びていますから、待っていた人も多いかも」という。2014年12月に登場した「Define R5」の奥行きは約521mm、2018年1月登場の「Define R6」は約543mmだった。

 奥行きのある基本モデルに対して、コンパクトなバリエーションを投入するのは、Define R5に対する「Define C」でも実施しており、このときも好評を博している。「Defineシリーズは細部の作り込みが優秀で、使うほどに高級感を実感できるところがあります。置けるなら置きたいという、ニーズに応える選択肢は喜ばれるんじゃないですかね」(同店)

 次はキーボードだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう