ニュース
» 2020年06月08日 17時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:「Kは枯渇中だけど……」――第10世代Core向け強力OCマザー「ROG MAXIMUS XII APEX」が登場! (1/4)

インテルの第10世代Core iシリーズ向けオーバークロックマザーボードや、4画面出力できるGeForce GT 710搭載カードなど、先週はASUSTeKから多方面の注目パーツが複数登場している。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、マザーボード売り場で目立っていたのは、ASUSTeKのIntel Z490チップセット搭載マザーボード「ROG MAXIMUS XII APEX」だ。オーバークロックに特化したATXマザーで、価格は5万4000円弱(税込み、以下同)となる。

ROG MAXIMUS XII APEX ASUSTeK「ROG MAXIMUS XII APEX」のパッケージ
ROG MAXIMUS XII APEX ROG MAXIMUS XII APEXの基板

コレ待ちで先に石を買った人もいるでしょう――ROG MAXIMUS XII APEX

 2019年2月に登場したIntel Z390モデル「ROG MAXIMUS XI APEX」の後継で、EPS 12V用の8ピンコネクター2基とVRMに16個のPower Stageを搭載し、AIにより冷却やOCを制御する一方で、メモリスロットは2基に割切るなど、コンセプトのはっきりした仕様となっている。

 入荷したオリオスペックは「数が売れるモデルではないですが、OC向けの鉄板ですから狙っている人は確実にいるでしょうね」と語る。別のショップも「これの登場を見越して、先にCore i9-10900KやCore i7-10700Kを入手していた人も少なからずいると思います。最初は石だけを買っていく人が結構いましたから」という。

TSUKUMO eX TSUKUMO eX.のCore iシリーズ価格表。倍率フリーのKシリーズは在庫切れとなっていた

 また、AMD系でも第3世代Ryzen Threadripper向けのATXモデル「PRIME TRX40-PRO S」が、6万1000円前後で登場している。こちらも16個のPower Stageを搭載。8基のメモリスロットを備え、DDR4-4666までサポートする。

PRIME TRX40-PRO S ASUSTeK「PRIME TRX40-PRO S」のパッケージ

 続いて、新登場のグラフィックスカードを見ていこう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう