レビュー
» 2020年07月30日 17時00分 公開

「Zen 2+Vega」の実力は? AMDの最新デスクトップ向けAPU「Ryzen PRO 4000シリーズ」を検証 (1/3)

AMDが8月8日、デスクトップ向け第3世代Ryzen APUの一部においてトレイ(バルク)販売を開始する。Zen 2アーキテクチャのCPUと、VegaアーキテクチャのGPUを統合した新APUの実力をチェックしていこう。

[松野将太,ITmedia]

 AMDが7月21日(米国太平洋夏時間)に発表した、「Ryzen 4000 Series Desktop Processors with AMD Radeon Graphics」。いずれも内蔵GPUとして7nmプロセスのRadeon Graphicsを採用しており、グラフィックスカードを搭載しない低コストな自作PC、ビジネス用途などでの利用が期待される。

 今回の新APUはメーカー製PCに組み込まれて販売されるため、基本的に一般ユーザーが単体購入することできない。しかし、Ryzen PROのうち3モデルが「トレー販売」、つまりバルク品として8月8日から一般販売されることが決まっている。

 今回、バルク販売される「Ryzen 7 PRO 4750G」「Ryzen 5 PRO 4650G」「Ryzen 3 PRO 4350G」を先行してレビューする機会を得た。実際のパフォーマンスをチェックしていこう。

トレーのイメージ トレー販売される3モデル。文字通り「トレー」に入れられて販売される

デスクトップ向けAPUとしては初のRyzen 7を用意 PCIeは3.0

 Ryzen PRO 4000シリーズは、Zen 2アーキテクチャのCPUコアに、Radeon GraphicsのGPUコアを統合したAPU(開発コードネーム:Renoir)だ。

 “PRO”の名を冠することからも分かる通り、企業向けの管理機能「AMD PRO」を追加した製品であり、発売時点において「AMD X570」や「AMD B550」といったチップセットを搭載するマザーボードで問題なく利用できる。ただし、マザーボードの出荷時期によってはUEFI(BIOS)のアップデートが必要となる。

 なお、PCI Expressについては、Revision 4.0ではなくRevision 3.0となるので注意しよう。

 デスクトップ向けのRyzen PRO 4000シリーズでは、デスクトップ向けAPUとしては初めて「Ryzen 7」をラインアップしている。前世代の「Ryzen PRO 3000シリーズ」が12nmプロセスで開発されたPicassoベースの製品であったことを考えると、性能的には大きく向上しているはずだ。

主なスペック トレイ販売されるRyzen PRO 4000シリーズの主な仕様
特徴 AMDは、Ryzen PRO 4000シリーズが「競合の同クラス製品よりも高速で、ワットパフォーマンスも良好である」とアピールしている

スペックは「第3世代CPU」と類似 ただしL3キャッシュは削減

 スペックを見てみると、既存の第3世代Ryzenシリーズの一部製品と似通っている部分がある。

 例えば、Ryzen 7 PRO 4750Gは「Ryzen 7 3700X」と同じコアとスレッドの構成で、動作クロック(周波数)も同一だ。ただ、GPUを内蔵したせいか、L3キャッシュの容量が削られている。そのため、類似スペックを持つCPUに“比肩”するパフォーマンスを発揮できるわけではない。

 内蔵GPUは、Ryzen 7 PRO 4750Gが8コア、Ryzen 5 PRO 4650Gが7コア、Ryzen 3 PRO 4350Gが6コアのRadeon Graphicsを採用している。コア数は控えめだが、動作クロックを高めに設定することで性能を担保している。

トレイ 繰り返しだが、トレイ販売は“トレイ”に入れられた状態で販売される

 APUの外観は、既存のデスクトップ向け第3世代Ryzen CPU、あるいは先代の第2世代Ryzen APUと基本的には変わりない。

 ただし、第3世代Ryzen CPUで小さくなった「位置合わせマーク」が再び大きくなり、視認性が向上した。小さくなったことが不評だったのだろうか……。

Ryzen PRO 4750G Ryzen PRO 4750Gの外観。ソケットとの位置合わせマークが再び大型化した
CPU-Z 「CPU-Z」で取得したRyzen 7 PRO 4750GのCPU情報
GPU-Z GPU-Zで取得したRyzen 7 PRO 4750GのGPU情報

 各製品の想定販売価格(税別)は、Ryzen PRO 7 4750Gが3万9980円、Ryzen PRO 5 4650Gが2万6980円、Ryzen PRO 3 4350Gが1万9980円となっている。

 CPUクーラーが付属しない分、価格は割高に見えるが、グラフィックスカード(外部GPU)を物理的に装着できない小型の自作PCなどでは人気が出そうだ。

Ryzen PRO 5 4650G Ryzen PRO 5 4650G
CPU-Z CPU-Zで取得したRyzen PRO 5 4650GのCPU情報
GPU-Z GPU-Zで取得したRyzen PRO 5 4650GのGPU情報
Ryzen PRO 3 4350G Ryzen PRO 3 4350G
CPU-Z CPU-Zで取得したRyzen PRO 3 4350GのCPU情報
GPU-Zで取得したRyzen PRO 3 4350GのGPU情報
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう