レビュー
» 2020年07月23日 11時00分 公開

ブーストクロック“微増”の効果はいかに? 「Ryzen 3000XT」実力をベンチマークで検証! (1/3)

6月16日に突如発表された「Ryzen 3000XTシリーズ」。その実力はいかほどのものか、ベンチマークテストを通して検証していく。

[松野将太,ITmedia]

 6月16日に突如発表された、デスクトップ向け第3世代Ryzenの新モデル「Ryzen 3000XTシリーズ」。既存製品からブーストクロック(最高稼働周波数)を少し引き上げているのが特徴で、国内では7月23日、つまり今日発売される。

 “マイナーチェンジ版”といっても差し支えない違いしかないため、既存製品からの大きなパフォーマンスアップは見込めない。しかし、これから自作PCを組み上げたいというユーザーにとっては気になる製品であることには変わりない。

 Ryzen 3000XTシリーズのラインアップは「Ryzen 9 3900XT」「Ryzen 7 3800XT」「Ryzen 5 3600XT」の3モデルである。今回はこれら全てを試せる「レビューキット」を使って、Ryzen 3000XTシリーズの特徴やパフォーマンスを確認していく。参考になれば幸いだ。

Ryzen 3000XT AMDから届けられたRyzen 3000XTシリーズのレビューキット。CPU本体はリテール版のパッケージに入った状態で届いた

CPUそのものの違いは「ブーストクロック微増」以外になし

 先に述べた通り、Ryzen 3000XTシリーズの各モデルは、既存のデスクトップ向け第3世代Ryzenプロセッサのブーストクロックを調整したものだ。ブーストクロックが100〜200MHz引き上げられたこと以外に変化はない。コアとスレッドの数はもちろん、TDP(熱設計電力)も据え置きとなる。AMDの想定販売価格も変わらない。

 ただし、「Ryzen 9 3900XT」と「Ryzen 7 3800XT」については、ベースモデルでは付属していたCPUクーラー「Wraith Prism RGB」が付属しなくなる。「CPUクーラーの代わりにブーストクロックを引き上げた」といった感じだろうか。

 なお、「Ryzen 5 3600XT」にはベースモデルと同様にCPUクーラー「Wraith Spire」が付属する。

仕様 Ryzen 3000XTシリーズの主な仕様。ベースモデル(「T」の付かないモデル)からの変更点は赤色で示している
パッケージ シリーズ最上位モデル「Ryzen 9 3900XT」のパッケージ。ベースとなった「Ryzen 9 3900X」のパッケージと比べると、CPUクーラーが付属しない分、ややスリムになった。パッケージの中身のほとんどは「上げ底」の部材で占められる

 問題は、100〜200MHz引き上げられたブーストクロックの違いがパフォーマンスにどの程度影響を与えるかという点にある。率直にいうと、多くの用途ではベースモデルから体感できるほどの違いは生まれない

 既に「Ryzen 9 3900X」や「Ryzen 7 3800X」を使っているユーザーが、あえて「XT」に載せ替えるほどのメリットはない。身もふたもないことを言ってしまえば、既存製品を簡易的にオーバークロックするだけで、パフォーマンス差を比較的簡単にひっくり返すこともできる。

 Ryzen 3000XTシリーズは、あくまでも「今後新規に第3世代Ryzenを購入するユーザー向けの製品」という立ち位置であることは認識しておくべきだろう。

Ryzen 9 3900XT(表面)Ryzen 9 3900XT(裏面) Ryzen 9 3900XTの外観は、ベースとなったRyzen 9 3900Xと変わりない。Socket AM4対応である点も同じだ。左上の刻印はしっかり「AMD Ryzen 9 3900XT」となっている
CPU-Zの情報 「CPU-Z」で取得したRyzen 9 3900XTの情報

 先述の通り、Ryzen 3000XTシリーズの想定販売価格はベースモデルと変わらない。具体的には以下のような設定となっている。

  • Ryzen 9 3900XT:5万9800円
  • Ryzen 7 3800XT:4万6800円
  • Ryzen 5 3600XT:2万9200円

 とはいえ、ベースとなった既存モデルの実売価格は、既にある程度こなれている。とりわけ、上位2モデルはCPUクーラーが別売となったことを考慮に入れれば、少なくともリリース当初はベース(既存)モデルの方がコストパフォーマンスに優れる状態になると思われる。

 AMDによると、既存モデルも併売されるとのことなので、今後の価格推移が気になるところだ。

Ryzen 7 3800XT Ryzen 7 3800XTのパッケージ。同様にCPUクーラーが付属しないRyzen 9 3900XTと比べるとパッケージはさらに小さい
Ryzen 7 3800XT Ryzen 7 3800XTの外観
CPU-Z CPU-Zで取得したRyzen 7 3800XTの情報

 マザーボードについては「既存の第3世代Ryzenプロセッサが対応していれば初日から対応できる」とされている。「AMD X570」や「AMD B550」など、既存CPUが対応するチップセットを備えるマザーボードならそのまま利用できる。

 ……はずなのだが、筆者が所有しているX570マザーボードでは、Ryzen 3000XTシリーズを使うと起動できないトラブルが発生した。メモリモジュールを1枚に減らした上で「A1」に挿入することで何とか起動できた。後日公開されたUEFI(BIOS)アップデートを適用することで、この問題は解消された。

 Ryzen 3000XTシリーズが登場する前に発売されたマザーボードでは、チップセットが対応していてもUEFIなどの都合でうまく動かない可能性もある。もしもうまく起動できない場合は、メモリ構成の変更やUEFIアップデートを試してみるといいだろう。

Ryzen 5 3600XTのパッケージ Ryzen 5 3600XTのみ、引き続きCPUクーラーが付属する。そのため、パッケージのサイズは大きい
Wraith SpireとRyzen 5 3600XT 付属のCPUクーラー「Wraith Spire」(左)とRyzen 5 3600XT(右)
CPU-Z CPU-Zで取得したRyzen 5 3600XTの情報
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう