ニュース
» 2020年07月22日 14時10分 公開

ボックス販売なし:AMDがデスクトップ向け新APUを発表 Zen 2+Vegaの「Ryzen 4000」など

AMDが、デスクトップ向け新型APUを発表した。先行するモバイル向けと同様に、7nmプロセスのZen 2 CPUとRadeon GPUを統合していることが特徴で、企業向け管理機能を強化したモデルも用意する。合わせて、Athlonブランドの廉価APUも登場する。

[井上翔,ITmedia]

 AMDは7月21日(米国太平洋夏時間)、「Ryzen 4000 Series Desktop Processors with AMD Radeon Graphics」(以下「デスクトップ向けRyzen 4000 APU」)を始めとするデスクトップ向け新型APU(GPU統合型CPU)を発表した。今回発表された新型APUのボックス販売(専用パッケージでの市販)は行われず、完成品のPCへの搭載、またはシステムインテグレーター経由での販売(一部モデルのバルク販売を含む)という形態で供給される見通しだ。

新型APUのラインアップ

 今回発表されたデスクトップ向けAPUはエントリー向けからハイエンド向けまで多岐に渡る。企業向け管理機能「AMD PRO」を搭載するモデルもある。

デスクトップ向けRyzen 4000 APU

 デスクトップ向けRyzen 4000 APUの基本設計はモバイル向け製品と同じで、Zen 2アーキテクチャのCPUに、7nmプロセス化されたGCN(Graphics Core Next)アーキテクチャのRadeon Graphics(GPU)を統合したものとなる。PCI Expressバスのリビジョンは「3.0」となる。

特徴 デスクトップ向けRyzen 4000 APUの概要
基本設計 Ryzen 4000 APUの基本設計は、先行して発表されたモバイル向け製品と同一

 ラインアップは以下の通り。なお、モデル名の末尾に「E」の付くものはTDP(熱設計電力)が35Wの省電力版で、それ以外のモデルのTDPは45W(最小)〜65W(標準)となる。

  • Ryzen 3 4300G(3.8G〜4GHz、4コア8スレッド、GPUコア6基)
  • Ryzen 3 4300GE(3.5G〜4GHz、4コア8スレッド、GPUコア6基)
  • Ryzen 5 4600G(3.7G〜4.2GHz、6コア12スレッド、GPUコア7基)
  • Ryzen 5 4600GE(3.3G〜4.2GHz、6コア12スレッド、GPUコア7基)
  • Ryzen 7 4700G(3.6G〜4.4GHz、8コア16スレッド、GPUコア8基)
  • Ryzen 7 4700GE(3.1G〜4.3GHz、8コア16スレッド、GPUコア8基)
ラインアップ デスクトップ向けRyzen 4000 APUのラインアップ。なお、キャッシュ容量はL2とL3の合算値で表記されている(L1キャッシュの容量は切り捨て、以下同様)

 最上位のRyzen 7 4700Gは、前世代の最上位「Ryzen 5 3400G」(3.7G〜4.2GHz、4コア8スレッド)と比較して最大で約2.5倍のマルチスレッド性能を発揮し、Intelの「Core i7-9700」(3G〜4.7GHz、8コア8スレッド)と比べても高い性能を発揮するとAMDはアピールしている。

世代間比較 前世代と比べるとコア数が増えたこともあり、マルチスレッド性能が向上している
Core i7-9700との比較 Ryzen 7 4700GとCore i7-9700の比較。スレッド数の多い方が有利なアプリケーションでは優位に立っていることを示している
ゲーミング 内蔵GPUの差もあり、ゲーミング性能ではCore i7-9700と比べると圧倒的な優位に立つこともアピールしている

デスクトップ向けRyzen PRO 4000 APU

 「Ryzen PRO 4000 Series Desktop Processors」(デスクトップ向けRyzen PRO 4000 APU)は、デスクトップ向けRyzen 4000 APUにAMD PROへの対応機能を追加したものとなる。それ以外の基本仕様はデスクトップ向けRyzen 4000 APUと同様だ。

概要 デスクトップ向けRyzen PRO 4000 APUの概要

 ラインアップは以下の通り。なお、モデル名の末尾に「E」の付くものはTDP(熱設計電力)が35Wの省電力版で、それ以外のモデルのTDPは45W(最小)〜65W(標準)となる。

  • Ryzen 3 PRO 4350G(3.8G〜4GHz、4コア8スレッド、GPUコア6基)
  • Ryzen 3 PRO 4350GE(3.5G〜4GHz、4コア8スレッド、GPUコア6基)
  • Ryzen 5 PRO 4650G(3.7G〜4.2GHz、6コア12スレッド、GPUコア7基)
  • Ryzen 5 PRO 4650GE(3.3G〜4.2GHz、6コア12スレッド、GPUコア7基)
  • Ryzen 7 PRO 4750G(3.6G〜4.4GHz、8コア16スレッド、GPUコア8基)
  • Ryzen 7 PRO 4750GE(3.1G〜4.3GHz、8コア16スレッド、GPUコア8基)

デスクトップ向けAthlon 3000/Athlon PRO 3000 APU

 「Athlon 3000 Series Desktop Processors with Radeon Graphics」(デスクトップ向けAthlon 3000 APU)は、Zen+アーキテクチャのCPU(※)とRadeon Graphicsを統合した廉価版APUだ。「Athlon PRO 3000 Series Desktop Processors」(デスクトップ向けAthlon PRO 3000 APU)は、それにAMD PRO対応を付加したものとなる。

(※) Athlon Silver 3050GEのみZenアーキテクチャ

 ラインアップは以下の通り。なお、モデル名の末尾に「E」の付くものはTDP(熱設計電力)が35Wの省電力版で、それ以外のモデルのTDPは45W(最小)〜65W(標準)となる。

デスクトップ向けAthlon 3000 APU

  • Athlon Silver 3050GE(3.4GHz、2コア4スレッド、GPUコア3基)
  • Athlon Gold 3150G(3.9GHz、4コア4スレッド、GPUコア3基)
  • Athlon Gold 3150GE(3.8GHz、4コア4スレッド、GPUコア3基)

デスクトップ向けAthlon PRO 3000 APU

  • Athlon Silver PRO 3150GE(3.4GHz、2コア4スレッド、GPUコア3基)
  • Athlon Gold PRO 3150G(3.5G〜3.9GHz、4コア4スレッド、GPUコア3基)
  • Athlon Gold PRO 3150GE(3.3G〜3.8GHz、4コア4スレッド、GPUコア3基)
デスクトップ向けAthlon 3000 APU デスクトップ向けAthlon 3000 APUのラインアップ
AMD PRO APU AMD PRO対応のデスクトップ向けAPUの新ラインアップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう