連載
» 2020年08月17日 11時45分 公開

タイマーの残り時間が目で見えるようになる「Echo Flex」用オプションを使ってみた山口真弘のスマートスピーカー暮らし(1/2 ページ)

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazonの最廉価スマートスピーカー「Echo Flex」用のスマートクロックを試した。

[山口真弘,ITmedia]

 Amazonのコンセント直結型スマートスピーカー「Echo Flex」用のスマートクロックが登場した。Echo Flexは本体下部のUSBポートにさまざまなオプションを接続できるが、そのラインアップの1つという位置づけだ。

 「スマートクロック」という名称だけではいまいちピンとこないこの製品、具体的に何ができる製品なのかをチェックした。

スマートクロック スマートクロックの使用例。Amazonのスマートスピーカー「Echo Flex」に接続して使用する。Amazonでの価格は税込み1780円だ

Echo Flexに挿すだけで利用できる

 本製品は既存のEcho Flexに、デジタル時計の表示機能を追加するアイテムだ。Echo Flex用のオプションとしては、ナイトライトやモーションセンサーがリリースされているが、本製品はこれに並ぶ製品ということになる。

 このスマートクロックのインストール作業は、Echo Flexがセットアップ済みの状態で、USBポートに差し込むだけだ。Alexaアプリが自動的に接続を検出してくれるので、後は必要に応じて名称を変更すればよい。

スマートクロック 製品本体。前面に液晶ディスプレイを備える
スマートクロック 天面のUSBポートでEcho Flexに直結する
スマートクロック 合体させるとEcho Flexとは完全に一体化する
スマートクロック 背面。ちなみ、に天地逆に取り付けると時計表示の向きも連動して切り替わる

 もっとも、今回の試用時は当初全く認識されず、デバイス検出やAlexaアプリの再起動、USBポートからの抜き差しなど、何をやってもダメな状態に陥った。取扱説明書に記載されている「Alexa、アップデート」というコマンドも通らない。

 ところが、打つ手がなくなってそのまま放置していたところ、十数分経ってEcho FlexのLEDライトの点滅とともに現在時刻へと自動的に補正され、スマホアプリにも認識されたことを知らせる通知が表示された。

 症状を見る限り、Echo Flexのソフトウェアアップデート待ちだった可能性があるが、初見だと初期不良だと判断しかねない挙動だ。同様の症状に陥った人は、急いでセットアップしようとせず、電源を入れたまましばらく放置しておくことをお勧めする。

スマートクロック スマートクロックが認識されると、アプリからアラートが飛んでくる。今回は、接続してからここまでに十数分かかった
スマートクロック 端末名は「一番目端末」から「スマートクロック」などに変更しておくとよいだろう。なお、この画面はEcho Flexaの設定画面から呼び出せる

 ちなみに、きちんと認識されているか否かは、本体の時計表示で見分けられる。12時00分から時計がスタートして、そのまま時刻補正されなければ認識されておらず、現在時刻がきちんと取得できていれば認識されている。

スマートクロック 現在時刻が表示されていればきちんと認識されている。音声コマンドで明るさを変更することも可能だ

 それでは、早速利用してみよう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.