レビュー
» 2020年09月16日 22時00分 公開

全てのハイエンドが“過去”になる――4Kゲーミングの最高峰「GeForce RTX 3080」先行レビュー(3/5 ページ)

[松野将太,ITmedia]

PCゲームにおけるフレームレート

 続けて、実際のPCゲームを使ってフレームレート(秒間の描画コマ数)をチェックしてみよう。

 まず、「レインボーシックス シージ」(UBIsoft)でテストしてみる。画質プリセットは“最高”とした。フルHD、WQHD、4Kの解像度でゲーム内ベンチマークモードを実行し、平均フレームレートと最小フレームレートを計測した。

 フルHDでは、それほどパフォーマンスに差が出ていない。しかし、WQHD、4Kと解像度を上げるほど、RTX 3080の優位性が高まる。

 このゲームは競技色の強いFPSタイトルではあるが、RTX 3080なら4Kの最高画質でも平均で240fps以上のフレームレートを確保できることは素直にすごい。ただ、普段はフルHDディスプレイでプレイしているとしたら、RTX 3080はややオーバースペックともいえる。

 最近はリフレッシュレートが360Hzのディスプレイも出てきている。このGPUを最大限に生かそうとするならば、ディスプレイなどの“環境作り”にもこだわるべきだろう。

R6S(フルHD) レインボーシックス シージのフレームレート(フルHD)
R6S(WQHD) レインボーシックス シージのフレームレート(WQHD)
R6S(4K) レインボーシックス シージのフレームレート(4K)

 次に、画質設定によっては極端に高い負荷が生じる「レッド・デッド・リデンプション 2」(ロックスター・ゲームス)のフレームレートをチェックする。今回は「高度なグラフィックス」設定を標準のままとして、その他の項目を最も負荷がかかるように設定した。解像度はフルHD、WQHD、4Kの3種類で、ゲーム内ベンチマークモードを使って平均フレームレートと最小フレームレートを取得した。

 このような設定にすると、特に4K解像度ではグラフィックスメモリが“ギリギリ”となる。RTX 3080をもってしても、フルHDですら平均フレームレートが60fpsに届かない状況である。とはいえ、グラフィックスカードに過剰な負荷を掛かるシーンではRTX 3080が突出して優れたパフォーマンスを発揮する。

 ちなみに、RTX 2080では「グラフィックスメモリの容量不足」で4K解像度のテストを実行できなかった。

RDR2(フルHD) レッド・デッド・リデンプション 2のフレームレート(フルHD)
RDR2(WQHD) レッド・デッド・リデンプション 2のフレームレート(WQHD)
RDR2(4K) レッド・デッド・リデンプション 2のフレームレート(4K)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう