レビュー
» 2020年10月05日 10時00分 公開

ついに8コア16スレッド対応!:最新APUに対応した「DeskMini X300」はA300から何が変わったのか (1/3)

ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が10月9日に販売される。生まれ変わった新モデルはどうなのか、従来のDeskMini A300と比較した。

[田中宏昌,ITmedia]

 ASRockが10月9日に発売する、容積1.92Lの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」。小型ながら豊富なドライブを内蔵できることで、根強い人気を誇る「DeskMini A300」の後継モデルだけに、8月6日の発表から今か今かと待ち望んでいた人も多いのではないだろうか。

 発売前にサンプル機を入手できたので、早速チェックしていこう。

DeskMini X300 マザーボードと前面のカバーを一新した「DeskMini X300」
DeskMini X300 パッケージも一新された

A300からX300になって変わった部分

 ASRockのDeskMini A300は、CPU内蔵のグラフィックス機能を利用したコンパクトで手頃なベアボーンキットとして高い人気を誇り、これをベースにしたオリジナルモデルも各社から発売されている。一方、搭載できるCPUは最上位で4コア8スレッドのRyzen 5 3400G(開発コード名:Picasso、3.7GHz〜4.2GHz)まで、メモリもDDR4-2933(PC4-23400、Ryzenの場合)までとなり、最新のRyzen APUは対応できなかった。

 そこで、チップセットをAMD A300(A300M-STX)からAMD X300(X300M-STX)にアップグレードすることで、8コア16スレッドのRyzen 7 PRO 4750G(開発コード名:Renoir、3.6GHz〜4.4GHz)などのZen 2アーキテクチャを採用した「Ryzen 4000シリーズ・デスクトップ・プロセッサー」の搭載が可能になった。同時に、メモリもDDR4-3200(PC4-25600、Ryzenの場合)までのサポートに引き上げられている。

DeskMini X300 Socket AM4にRyzen 7 PRO 4750Gを装着したところ
DeskMini X300 原稿執筆時点の対応CPU一覧
DeskMini X300 AMD X300チップセットを搭載したMini-ITX仕様のマザーボード「X300M-STX」。Ultra M.2やWi-Fi用の端子が用意されている

 付属のCPUクーラー(AM4 CPU Cooler)にも手が加えられており、従来の約77(幅)×68(奥行き)×19(高さ、7cm角ファン込みだと39mm)mmのヒートシンクから、高さが24mmに増した(ファンは変更なし)ものになった。これによるノイズの変化は別記事で取り上げる。

 なお、X300に設置できるCPUクーラーは全高が約46mmまで、幅は約94mm以下までとなるので、Noctuaの「NH-L9a」などのサードパーティー製ファンを導入するのも手だ。

DeskMini X300 付属のCPUクーラーは、新たにヒートシンク部分が高さ5mmほど増した(左)。右はDeskMini A300のもの
DeskMini X300 7cm角の冷却ファンは従来モデルと同じクーラーマスターの「FA07015L12LPB」だった

 次に拡張性やインタフェースを見ていこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

アクセストップ10