ニュース
» 2020年10月05日 10時00分 公開

ASRockがコンパクトベアボーンの新型「DeskMini」シリーズを10月9日に発売、税別1万9880円〜

ASRockが、小型ベアボーンキットの新型を10月9日から発売する。最新のRyzen APUに対応した「DeskMini X300」は1万9880円、LGA1200対応の「DeskMini H470」が2万880円(いずれも税別)だ。

[ITmedia]

 ASRockは10月5日、容積1.92Lの小型ベアボーンキット「DeskMini」シリーズの新モデル「DeskMini X300」と「DeskMini H470」を10月9日から発売すると発表した。想定販売価格はDeskMini X300が1万9880円、DeskMini H470が2万880円(いずれも税別)だ。

→・最新APUに対応した「DeskMini X300」はA300から何が変わったのか

DeskMini X300 AMDモデルの「DeskMini X300」。前面にUSB Type-C(USB 3.2 Gen1)端子を用意する

最新のRyzen APUに対応した「DeskMini X300」

 新モデルは、従来のDeskMiniシリーズの約80(幅)×155(奥行き)×155(高さ)mmという容積約1.92Lの小型ボディーを継承しつつ、Mini-STX仕様のマザーボードと前面のカバーデザインなどを変更し、最新のデスクトップ向けAPUをサポートしているのが特徴だ。

 DeskMini X300は、チップセットを従来のDesk Mini A300で採用していたAMD A300からAMD X300に改め、最新APUの「Ryzen 4000」シリーズを新たにサポート。TDP 65WまでのAPUを搭載可能で、現時点では8コア16スレッドのRyzen 7 PRO 4750G(Renoir)〜2コア4スレッドAthlon 200GE(Raven Ridge)まで幅広いAPUを搭載できる。

 DDR4 SO-DIMMソケットを2基(最大64GBまで対応)、ストレージはM.2(Type 2280)と2.5インチSATAドライブをそれぞれ2基ずつ搭載可能だ。映像出力はHDMI(4K、60Hz)、DisplayPort、アナログD-Sub 15ピンを備え、トリプルディスプレイ出力にも対応する。

従来のDeskMini A300(右)から前面カバーのデザインが変わった

第10世代Coreプロセッサ「DeskMini H470」

 一方のDeskMini H470は、チップセットを従来のIntel H310からIntel H470に変更し、ソケットもLGA1151からLGA1200に改めることで最新の第10世代Coreプロセッサに対応した(TDPは65Wまで)。

 現状、10コア20スレッドのCore i9-10900(Comet Lake)〜2コア2スレッドのCeleron G5900までのCPUをサポートする。

DeskMini H470 前面のカバーデザインを改めた「DeskMini H470」

 DDR4 SO-DIMMソケットを2基(最大64GB)、ストレージはM.2(Type 2280)×1と2.5インチSATAドライブを2基搭載可能だ。前面と背面にUSB Type-C(USB 3.2 Gen1)端子を備え、背面は最大60Wの電源供給やDisplayPort Alternate Modeによる映像出力もサポートする。

DeskMini H470 DeskMini H470の背面

関連キーワード

ベアボーン | APU | Ryzen | ASRock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう