プロナビ
ニュース
» 2020年10月06日 14時10分 公開

レノボ、Ryzen Threadripper PRO採用のデスクトップWSを発売 Quadro RTX×2基の装着も可能

レノボ・ジャパンは、CPUとしてRyzen Threadripper PROを搭載したハイパフォーマンス設計のデスクトップWS「ThinkStation P620」を発表した。

[ITmedia]

レノボ・ジャパンは10月6日、CPUとしてRyzen Threadripper PROを搭載したハイパフォーマンス設計のデスクトップワークステーション「ThinkStation P620」を発表、本日販売を開始する。価格は38万6000円から(税別)。

photo ThinkStation P620

 本体幅165mmのデスクトップ筐体を採用したハイスペックWSで、プロセッサとしてRyzen Threadripper PROシリーズの搭載に対応した。

 グラフィックスカードはQuadro RTX 8000まで(最大2枚)装着でき、メモリは最大512GBまで内蔵可能。また10GbEポートも標準で搭載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう