プロナビ
ニュース
» 2020年10月22日 16時15分 公開

ECS、組み込み利用などにも向くCeleron搭載の法人向けミニデスクトップPC「LIVA Q1L」

リンクスインターナショナルは、台湾ECS製のミニデスクトップPC「LIVA Q1L」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは10月22日、台湾ECS製ミニデスクトップPC「LIVA Q1L」の取り扱いを発表、12月下旬から法人向けに販売を開始する。

photo
photophoto LIVA Q1L  本体前面(左下)、背面(右下)

 本体サイズ74(幅)×74(奥行き)×34.6(高さ)mmの超小型筐体を採用したデスクトップPCで、CPUとしてCeleron N3350(2コア、1.1GHz/最大2.4GHz)を搭載。メモリ4GBとeMMC 64GBを標準で装備、microSDスロット(最大128GB)も備えている。また4K/60fps出力に対応したHDMI 2.0ポート、ギガビット対応有線LAN×2、IEEE 802.11ac無線LANなども利用可能だ。

 搭載OSの差異で、OSレス構成の「LIVAQ1L-4/64(N3350)」、Windows 10 Pro 64bit搭載の「LIVAQ1L-4/64-W10Pro(N3350)」、Windows 10 IoT Enterprise LTSC 64bit搭載の「LIVAQ1L-4/64-W10(N3350) IOT」の3タイプを取りそろえた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう