Ryzen 5000デビュー! 整理券配布時点で売り切れ連発古田雄介のアキバPick UP!(3/4 ページ)

» 2020年11月09日 16時15分 公開
[古田雄介ITmedia]

Thermaltakeから高静圧ファンが2500円でデビュー

 冷却パーツで話題を集めていたのは、Thermaltakeの12cmファン「TOUGHFAN 12」だ。価格は2500円前後となる。

 温度や加圧による体積変化の少ないLCP素材で生成したファンブレードを採用し、高い静圧性を確保しているのが特徴だ。回転数は500〜2000rpmで、最大風量は58.35cfm、ノイズレベルは22.3dBAというスペックになる。

TOUGHFAN 12 Thermaltake「TOUGHFAN 12」のパッケージ
TOUGHFAN 12 スリムな形状で、フレームの四隅に防振ラバーパッドが装着されている

 高静圧ファンといえば、2018年5月に登場したNoctuaの「NF-A12x25 PWM」が知られている。4000円前後で現在も複数のショップで指名買いをされている状態だ。

NF-A12x25 PWM Noctua「NF-A12x25 PWM」

 TSUKUMO eX.は「価格的にTOUGHFAN 12の需要もかなり伸びそうですね。後はカラーリングの好みで選ぶ人もいそうです」と健闘を期待していた。

 なお、高静圧系ではクーラーマスターの「MasterFan SF120M」も安定した人気を得ているという。価格は3300円前後だ。「防振モーターと防振フレームの性能に定評があるので、TOUGHFAN 12が売れ筋になってもこちらも埋もれないでしょう」(同店)

MasterFan SF120M クーラーマスター「MasterFan SF120M」

 最後に、電源ユニットの新作をチェックする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー