プロナビ
ニュース
» 2020年11月27日 14時44分 公開

キヤノン、「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズで「楽楽精算」との連携が可能に 領収書の一括自動転記などに対応

キヤノンは、同社製のオフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズ向けのサービス「uniFLOW Online Cloud Scan Advance」に「楽楽精算」との連携機能を追加した。

[ITmedia]

 キヤノンは11月27日、同社製のオフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズ向けサービス「uniFLOW Online Cloud Scan Advance」に「楽楽精算」との連携機能を追加、本日提供を開始した。価格は1台あたり3200円/月(税別)。

 新たに追加されたのは、imageRUNNER ADVANCE DXでスキャンした領収書から必要事項を抽出し金額や日付などのデータをクラウド型経費精算システム「楽楽精算」に自動で入力できる機能。精算時の転記の負荷が大幅に軽減され、業務の効率化が可能になるとしている。

photo 「楽楽精算」への転記画面

 ADFに通紙できない小サイズの領収書なども、原稿台に最大10枚まで一度に配置してスキャンを行える。また定型サイズの領収書であればADFを用いた一括スキャンも可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう