プロナビ
ニュース
» 2021年01月25日 15時57分 公開

ヤマハ、中小企業ネットワーク向けの統合型セキュリティアプライアンス

ヤマハは、中小企業向けセキュリティ機能を1台で提供可能なUTMアプライアンス製品「UTX100」「UTX200」を発表した。

[ITmedia]

 ヤマハは1月25日、中小企業向けセキュリティ機能を1台で提供可能なUTMアプライアンス「UTX100」「UTX200」を発表、3月に提供を開始する。ともに価格はオープン。

photo
photo UTX100(上)、UTX200(下)

 複数のセキュリティ対策を一台で実行できる小規模および中規模企業(SMB)向けの機器で、ファイアウォール機能に加えてアプリケーションコントロール、 URLフィルタリング、侵入防止(IPS)、アンチウイルス、アンチbot、アンチスパム機能などを利用することが可能で、ユーザーやグループ別でのアクセス制限や利用帯域の設定も行える。

photo

 利用モードは、ルーター機能を統合した「ルーターモード」と、同社製ルーターの配下に設置する「ブリッジモード」の2タイプを利用可能。ブリッジモードではL2MSスレーブ機能を利用でき、同社製ルーターのLANマップを用いた機器管理も行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう