プロナビ
ニュース
» 2021年01月29日 14時00分 公開

デル・テクノロジーズが39.7型の5K曲面ディスプレイとWeb会議に最適化したディスプレイを順次発売

デル・テクノロジーズが、CESで発表した曲面ディスプレイとWeb会議用ディスプレイを順次発売する。39.7型の5K曲面ディスプレイは、現時点において世界最大(米Dell調べ)の曲面ディスプレイとなる。Web会議用ディスプレイは、カメラとノイズキャンセリングマイクが付いており、Microsoft Teams認定を取得している。

[井上翔,ITmedia]

 デル・テクノロジーズは1月29日、曲面スクリーンを備える新型ディスプレイ「U3821DW」「U4021QW」を発売した。また同社は2月17日、Web(ビデオ)会議に最適化された「コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニター」3製品を発売する。税抜きの標準直販価格は、U3821DWが17万8800円、U4021QWが24万8000円だ。ビデオ会議用モニターの標準直販価格は、後日発表される。

U3821DW

 U3821DWは、3840×1600ピクセル(アスペクト比21:9)の37.5型IPS液晶を備える曲面ディスプレイだ。表示色は約10億7000万色で、色域カバー率はsRGBとRec. 709が100%、DCI-P3が95%となる。工場出荷時には、個体ごとのカラーキャリブレーションも行われる。

ディスプレイ U3821DWの概要

 本体には9Wのステレオスピーカーを搭載している。標準スタンドは高さ調整と前後/左右の角度調整にも対応する。

 備える入出力ポートは以下の通り。なお、DisplayPortのバージョンは「1.4」となる。

  • DisplayPort入力端子
  • HDMI入力端子×2
  • USB Type-C端子(USB Power Delivery 90W出力/DisplayPort入力兼用)
  • USB 3.0 Type-B端子(アップストリーム)
  • USB 3.0 Type-C端子(ダウンストリーム)
  • USB 3.0 Type-A端子×4(ダウンストリーム、1基は常時給電対応)
  • オーディオ出力端子
  • 有線LAN(1000BASE-T)端子

 2台のPCのキーボード、マウス、ビデオ(映像)の切り替えをディスプレイ側が自動判断して切り替える「自動KVM機能」を備える他、映像のPIP(ピクチャーインピクチャ)/PBP(ピクチャーバイピクチャー)にも対応している。有線LAN端子はMACアドレスパススルー(PCとOSの対応が必要)、PXE Boot、Wake On LANに対応する。

 本体のサイズは約89.43(幅)×44.38(高さ)×25.12(奥行き)cm、重量は約13.6kg(いずれもスタンド込み)となっている。製品保証期間は3年で、輝点抜けがあった場合に代替品交換を受けられる「プレミアムパネル保証」と故障時の「良品先出しサービス」も付帯する。

U4021QW

 U4021QWは、5120×2160ピクセル(アスペクト比21:9)の39.7型IPS液晶を備える曲面ディスプレイだ。表示色は約10億7000万色で、色域カバー率はsRGBとRec. 709が100%、DCI-P3が95%となる。工場出荷時には、個体ごとのカラーキャリブレーションも行われる。本体には9Wのステレオスピーカーを搭載している。

ディスプレイ U4021QWの概要

 備える入出力ポートは以下の通り。なお、DisplayPortのバージョンは「1.4」となる。

  • DisplayPort入力端子
  • HDMI入力端子×2
  • Thunderbolt 3端子(USB Power Delivery 90W出力/DisplayPort入力兼用)
  • USB 3.1 Type-B端子(アップストリーム)
  • USB 3.1 Type-C端子(ダウンストリーム)
  • USB 3.1 Type-A端子×4(ダウンストリーム、1基は常時給電対応)
  • オーディオ出力端子
  • 有線LAN(1000BASE-T)端子

 2台のPCのキーボード、マウス、ビデオ(映像)の切り替えをディスプレイ側が自動判断して切り替える「自動KVM機能」を備える他、映像のPIP(ピクチャーインピクチャ)/PBP(ピクチャーバイピクチャー)にも対応している。有線LAN端子はMACアドレスパススルー(PCとOSの対応が必要)、PXE Boot、Wake On LANに対応する。

 本体のサイズは約94.66(幅)×45.78(高さ)×24.8(奥行き)cm、重量は約13.8kg(いずれもスタンド込み)となっている。製品保証期間は3年で、輝点抜けがあった場合に代替品交換を受けられる「プレミアムパネル保証」と故障時の「良品先出しサービス」も付帯する。

コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニター

 コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニターは、フルHD(1920×1080ピクセル)の23.8型IPS液晶を搭載する「C2422HE」、WQHD(2560×1440ピクセル)の27型IPS液晶を搭載する「C2722DE」、3440×1440ピクセルの34型曲面IPS液晶を搭載する「C3422WE」の3モデルが登場する。いずれもディスプレイとしては初めて「Microsoft Teams」の認定を取得した製品で、同ソフトの操作用のボタンも備えている。

コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニター コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニターの概要

 本体上部にはポップアップ式の500万画素のWebカメラを備えている。このカメラは赤外線(IR)撮影ユニットを統合しており、Windows Helloの顔認証にも利用できる。5Wのステレオスピーカーとノイズキャンセリングマイクも備えているため、PCに接続するだけでより快適なWeb会議を実現できるという。

 標準スタンドは高さ調整と前後/左右の角度調整にも対応する。C2422HEとC2722DEのスタンドは、ピボット(画面回転)機構も備えている。

 備える入出力ポートは以下の通り。なお、DisplayPortのバージョンは「1.4」となる。

  • DisplayPort入力端子
  • HDMI入力端子
  • USB 3.1端子(USB Power Delivery 90W出力/DisplayPort入力兼用)
  • USB 3.1 Type-B端子(アップストリーム)
  • USB 3.1 Type-C端子(ダウンストリーム)
  • USB 3.1 Type-A端子×3(ダウンストリーム、1基は常時給電対応)
  • イヤフォン/マイクコンボジャック
  • 有線LAN(1000BASE-T)端子

 有線LAN端子はMACアドレスパススルー(PCとOSの対応が必要)、PXE Boot、Wake On LANに対応する。

コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニター コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニターの特徴

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう