ニュース
» 2021年04月14日 11時00分 公開

AMDがZen 3アーキテクチャ採用のデスクトップ向け新APU「Ryzen 5000G」シリーズを発表

AMDが、デスクトップ向け新型APU「Ryzen 5000G」シリーズを発表した。7nmプロセスのZen 3 CPUとRadeon Graphicsを統合していることが特徴だが、現時点ではOEM向けでの提供となる。

[ITmedia]

 AMDは4月13日(現地時間)、デスクトップ向け新型APU(GPU統合型CPU)の「Ryzen 5000 G-Series Desktop Processors with Radeon Graphics」を発表した。専用パッケージでの市販は行われず、完成品のPCへの搭載、またはシステムインテグレーター経由での販売という形態で供給される見通しだ。

Ryzen 5000G Zen 3アーキテクチャを採用したAPU「Ryzen 5000 G-Series Desktop Processors with Radeon Graphics」。従来と同じSocket AM4を採用する

ラインアップは6モデルでOEM向けの供給

 Ryzen 5000Gシリーズは、GPU非搭載のRyzen 5000シリーズと同じ7nmの製造プロセスを採用したZen 3アーキテクチャのCPUコアとすることで、性能の大幅アップを実現しているという。

 内蔵GPUは1.7GHz〜2GHz駆動のRadeon Graphicsで、ラインアップはTDP 65WのRyzen 7 5700G、Ryzen 5 5600G、Ryzen 3 5300Gの他、TDPを35Wに抑えたRyzen 7 5700GE、Ryzen 5 5600GE、Ryzen 3 5300GEの6モデルとなっている。

Ryzen 5000G Ryzen 5000Gシリーズのラインアップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう