ニュース
» 2021年04月20日 13時20分 公開

ファーウェイ、タブレット「MatePad T」シリーズに大画面モデル2機種を追加

ファーウェイ・ジャパンが、タブレット「MatePad T」シリーズの10.1型/9.7型モデルを投入する。また、発売済みの「MatePad 10.4」のWi-Fiモデルについて、プロセッサをKirin 820、メモリを4GB、内蔵ストレージを64GBにした構成を追加する。【写真追加】

[エースラッシュ, 井上翔,ITmedia]

 ファーウェイ・ジャパンは4月23日、10.1型「HUAWEI MatePad T10s」、9.7型「HUAWEI MatePad T10」を発売する。今回投入されるのはWi-Fi(無線LAN)モデルで、税込みの想定販売価格はT10sが2万7280円、T10が2万3980円となる。

【写真追加:13時50分】実機写真を追加しました

HUAWEI HUAWEI MatePad T10/10s

 両製品共に基本デザインは共通で、スリムなディープシーブルーのメタルボディーを持つ。ボディーサイズは約240 (幅) ×7.9(高さ)×159(奥行き)mm、重量は約450gであることも両モデル共に共通だ。

 ディスプレイはT10sが1920×1200ピクセルの10.1型IPS液晶で、T10が1280×800ピクセルの9.7型IPS液晶を搭載する。「ブルーライトカットモード」「ebookモード」「ダークモード」を備え、環境に合わせて適切な表示を可能としている。T10sは自動的に輝度を調整して鮮やかに見やすくする独自の画像処理テクノロジー「HUAWEI ClariVu」を搭載し、老舗スピーカーブランド「Harman Kardon」監修のサウンドチューニングも施している。

 プロセッサは独自の「Kirin 710A」で、メインメモリは2GB、内蔵ストレージは32GBを備える。最大512GBのmicroSDXCを増設することも可能だ。

 OSはAndroid 10をベースとする「EMUI 10.1」で、アプリはHuawei独自の「HUAWEI AppGallery」からダウンロードする。同じアプリを2つの画面で操作できる「HUAWEIアプリマルチプライヤー」や子供向けの「キッズモード」も利用できる。

 ワイヤレス通信はWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)とBluetooth 5.0に対応する。

実機写真

正面 左がMatePad T10、右がMatePad` T10s。縁のサイズから画面サイズの違いも分かる
背面 背面はアンテナ部分の色味が若干異なることと、「Harman/Kardon」ロゴの有無以外は違いが分かりにくい

MatePad 10.4には追加モデルも

 合わせて、発売済みの「MatePad 10.4」のWi-Fiモデルには、プロセッサを始めとするスペック強化を施した新モデルが追加される。税込みの想定販売価格は3万3880円となる。

HUAWEI MatePad 10.4には新モデル

 新モデルのプロセッサは「Kirin 820」となる。メインメモリは4GB、内蔵ストレージを64GBに強化し、Wi-Fi 6や22.5Wの急速充電にも対応した。

スペック一覧 既存モデルを含むスペック一覧

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう