ニュース
» 2021年04月26日 13時30分 公開

TDP 35Wの低消費電力版第11世代8コア「Core i9-11900T」&「Core i7-11700T」が登場!古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

第11世代Core i向けのROG最強マザーがASUSからデビュー

 新CPUに対応するマザーボードも注目株が登場している。ASUSTeKのIntel Z590チップセット搭載モデル「ROG MAXIMUS XIII EXTREME」で、価格は11万円だ。

 第11世代Core i向けのROGシリーズ最上位の位置づけとなるモデルで、給電フェイスが18+2構成となっており、付属の拡張ボードを挿すとM.2 SSDが最大5基組み込める。Thunderbolt 4/USB 3.2 Gen2ポート(Type-C)を2基、USB 3.2 Gen 2ポート(Type-A)を8基備えるなど、インタフェース類も充実している。基板の規格はE-ATXだ。

 パソコンSHOPアークは「これはCore i9-11900Kと組み合わせる人が多いと思います。今は品薄ですが、CPUはキープしてマザー待ちだった人もいるでしょうし。そういうマザーです」と話していた。

ROG MAXIMUS XIII EXTREME ASUSTeK「ROG MAXIMUS XIII EXTREME」のパッケージ
ROG MAXIMUS XIII EXTREME 基板の大半がヒートシンクなどで覆われているのが分かる

 ROGブランドでは、水冷系のグラフィックスカードも登場している。Radeon RX 6900 XT搭載の「ROG-STRIX-LC-RX6900XT-O16G-GAMING」で、価格は21万6000円前後だ。12cm径のRGBファンを2連でつけた240mmラジエーターを備え、本体側にも空冷ファンを搭載する。

ROG-STRIX-LC-RX6900XT-O16G-GAMING ASUSTeK「ROG-STRIX-LC-RX6900XT-O16G-GAMING」のパッケージ

 また、簡易水冷キット単体でも「ROG STRIX LC II 280 ARGB」が同じタイミングで店頭に並んでいる。価格は3万円前後だ。こちらは14cmファンを2連で採用した280mmモデルで、ライティング制御ソフト「Aura Sync」に対応する点は共通する。

ROG STRIX LC II 280 ARGB ASUSTeK「ROG STRIX LC II 280 ARGB」

 続いて、人気のツールを取り上げよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう