ニュース
» 2021年04月24日 06時00分 公開

HDDマイニングの波が襲来!――転売ヤーに警戒を強めるショップ古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

慢性的なグラフィックスカード不足の中で、HDDマイニングの需要が突発的に高まり、PCパーツショップには新たな“お願い”の札が増えた。メッセージも、より具体的になってきた。

[古田雄介,ITmedia]

 先週末、突然多くのショップにNAS向けの大容量HDDをまとめ買いする人が殺到し、グラフィックスカードコーナーにあるような購入制限のPOPが、ストレージ売り場でも見られるようになった。

パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークのレジ前POP
TSUKUMO eX. TSUKUMO eX.のストレージ売り場にあるPOP

東芝やWDのNAS向け10TB以上が枯渇――ただしピークは過ぎた?

 HDDなどのストレージを使って、マイニングできる暗号資産の情報が広まったことが原因とみられている。マイニング向けとされるのは耐久性の高い大容量HDDで、東芝ではNAS向け「MN06ACA/MN07ACA」シリーズやエンタープライズ向け「MG07/MG08」シリーズ、WeasternDigitalでは監視カメラ向け「WD Purple」やNAS向けの「WD Red Plus/Red Pro」などの10TB以上のモデルに人気が集中した。

パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークのHDD価格表
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店 同じくパソコン工房 秋葉原BUYMORE店の価格表

 一方で、個人用途で売れ筋となっている4TB前後のモデルの流通量は安定しており、SSDもとりわけ品薄が目立つラインが現れているわけではない。パソコンSHOPアークは「SSDや低容量HDDでもマイニングできなくはないのですが、お金稼ぎ目的だと今売り切れのラインになるようです」という。オリオスペックも「突然の動きに驚きましたが、グラフィックスカードほど深刻な状況にはなっていませんね」と話していた。

 金曜日時点で多くのショップがピークアウトを感じている様子だったが、それでいて、購入制限のPOPがはがされる気配も漂っていない。某ショップは「転売ヤーが引っかき回す危険があるので、当面は警戒を続けようと思います」という。

 そして、今パーツショップを数軒回ると、購入制限のメッセージが強みを増していることに気づくはずだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう