ニュース
» 2021年05月08日 06時00分 公開

1年前よりもむしろ悪化――秋葉原PCパーツショップの声古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

1年前と同じく、緊急事態宣言下で大型連休を迎えた秋葉原。往来は2020年よりも多いが、PCパーツショップからは浮かない声がよく聞かれる。

[古田雄介,ITmedia]

 2021年5月7日。緊急事態宣言下で、かつ小雨が降る中で、日中の秋葉原はそれなりに人通りがあった。営業時間を短縮しながらも店を開けるショップが多く、大型連休セールのPOPも方々で見かけた。

1年前と例年の中間程度/パーツだけでいえば昨年より厳しいかも

 1年前の張り詰めた空気と比べると、街の様子は明らかににぎわっている。

秋葉原電気街口 5月7日午後の秋葉原電気街口
秋葉原電気街 総武線高架下
秋葉原電気街 PCパーツ通りの風景

 それでも、街の様子ほどには売り上げは回復していないと、多くのPCパーツショップで率直な感想を耳にした。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「1年前と例年の中間くらいの印象です。1年前と比べると往来は多いですが、グラフィックスカードがないのが苦しいところです。この時期はPCをまるごと一式買う人が多いのですが、それができなくて待ちの空気になっていますよね」という。

 パソコンSHOPアークも「メモリやストレージも値上がりしているので、パーツだけでいえば昨年より厳しい状況かもしれません。『それならBTOマシンを、特にノートPCを』という人も多い印象です」と話す。

 BTO PCに組み込まれるパーツは流通経路が異なるため、リテール品の単品売りよりも入手しやすい。グラフィックスカード不足の影響は皆無ではないが、現在でもGeForce RTX 3070搭載PCなどが即売で売られているショップもあり、街全体で需要が伸びている様子だ。

BTO PC パソコンSHOPアークに展示されているBTOモデル
BTO PC こちらはCTO対応のノートPC。ノートPCの売り上げが特に目立っているという

 ただ、それを加味しても「2020年より下」との声もある。某ショップは「昨年はリモートワーク需要があって、ノートPCやWebカメラなども売れましたから。今年はそういった特需が何もなく、主役を張るグラフィックスカードもなく、いろいろ値上がりもしている。確かにお客さんは増えたけど、ウインドウショッピングが増えただけで。ウチに限っていえば、昨年よりもむしろ下ですよ」と淡々と語っていた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう