プロナビ
ニュース
» 2021年07月20日 11時00分 公開

ロジクールが人間工学に基づくスプリットキーボード「ERGO K860」を発表 Windows/Mac対応で税込み1万6940円

ロジクールが、同社初となるエルゴノミックス(人間工学)に基づくスプリットキーボードを発売する。手首に対する負荷を低減したことが特徴で、最大3台の機器とマルチペアリングに対応する。日本向けモデルは日本語配列となっている。

[井上翔, 撮影:矢野渉,ITmedia]

 ロジクールは8月19日、「ERGO K860 エルゴノミックスプリットキーボード」を発売する。同社のオンラインストアの他、首都圏を中心とする一部の家電量販店で販売される予定で、税込み直販価格は1万6940円だ。

ERGO K860 エルゴノミックスプリットキーボード ERGO K860 エルゴノミックスプリットキーボード。日本向けモデルは日本語配列となる
パッケージ ERGO K860のパッケージ

プロジェクトネームは「Honolulu」

 ロジクールの「ERGO(エルゴ)シリーズ」は、その名の通りエルゴノミックス(人間工学)に基づいて開発された商品に付けられるブランドだ。ERGO K860は、同社初のエルゴノミックスキーボードとなる。

 他のERGOデバイスと同様に、ERGO K860は専門家チームがコンセプトを決めてた上で、見た目や質感に検討を重ね、手作りで試作をして、実際に検証を重ねるというプロセスを経て開発されているという。そのコンセプトは「波に浮かんでいるようなリラックス感」で、開発中のプロジェクトネームは「Honolulu(ホノルル)」だったそうだ。

開発プロセス 従来のERGOシリーズと同様に、専門家チームによって開発が進められたERGO K860。コンセプトが「波に浮かんでいるようなリラックス感」だったことから、プロジェクトネームは「Honolulu(ホノルル)」とされた

パームレストは一体型

 ERGO K860はキーボードの中央付近がハの字上に分離している。具体的には「6」「T」「G」「B」キーと「7」「Y」「H」「B」キーを境としてハの字になっている。他社製品で例えると、Microsoftの「Sculpt Ergonomic Keyboard」や「Natural Ergonomic Keyboard 4000」と似た形状である。

 手首を自然に伸ばせることに配慮したパームレストは、本体と一体化している。立ったままPCを操作する人が増えていることに配慮して、チルトスタンドはパームレスト側に付いている。傾斜は「マイナス4度」「マイナス7度」の2段階で調整可能だ。

表面 パームレストは本体と一体化されており取り外せない。「6」「T」「G」「B」キーと「7」「Y」「H」「B」キーの作る角度は25度である。スペースキーも2分割されているが、どちらも機能は変わらない
フラット チルトスタンドを使わない状態の側面
4度 低いチルトスタンドを出すと、キーボード上部に向かっての約4度の傾斜が付く
7度 高いチルトスタンドを出すと、キーボード上部に向かっての約7度の傾斜が付く
裏面 キーボードの裏面。パームレストが“一体”であることがよく分かる

手首を自然に伸ばせるデザイン

 キーの傾斜やレイアウトは、手首の無理な“ひねり”を極力なくすように配慮されている。具体的な数値で表すと、ロジクールのパームレストのないキーボードと比べて、ひねりを25%軽減できるという。ひねりを軽減したことに伴い、僧帽筋の筋活動も21%軽減できたそうだ。

手首 手首を真っすぐに伸ばせるように角度を計算している
手首負担 手首への負担は25%軽減するという
僧帽筋負担 合わせて、僧帽筋の活動も21%軽減するそうだ。僧帽筋の活動を減らせれば、肩こりのリスクを軽減できる

最大3台のデバイスとペアリング可能

 ERGO K860は、ロジクール独自の「Unifying USBレシーバー」またはBluetooth 4.2でワイヤレス接続して利用する。マルチペアリングにも対応しており、最大3台のデバイスを登録可能だ。

 接続先のデバイスは、キーボード上のスイッチ(キー)で簡単に切り替えられる。キー印字は、WindowsとMac(macOS)双方での利用を想定したものとなっている。電源は単4型乾電池2本で、最長24カ月間利用可能だ。

 本体サイズは約456(幅)×233(奥行き)×48(高さ)mmで、重量は約1160gとなる。キーストロークは約1.8mmを確保している。

マルチペアリング 最大3台のデバイスとワイヤレス接続できる。切り替えは、「Insert」「Home」「Page Up」の各キーの上部にあるスイッチで簡単に切り替えられる
電源 裏面のふたを外すと、乾電池とUnifying USBレシーバーのホルダーにアクセスできる。本体にはUnifying USBレシーバーと単4型電池2本(試供品)が付属する

ERGOシリーズのトラックボール/マウスとのセットも販売

 AmazonではERGO K860の単品の他、ERGOブランドの「ERGO M575」「MX ERGO MXTB1s」(ここまでエルゴノミックストラックボール)や、「MX Vertical」(エルゴノミックスマウス)とのセット販売も実施する。気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう