ニュース
» 2021年10月15日 16時11分 公開

ASUS、狭額縁23.8型液晶を備えたモバイルRyzen搭載の一体型デスクトップPC

ASUS JAPANは、モバイルRyzenを採用した23.8型液晶ディスプレイ一体型デスクトップPC「ASUS M3400」を発表した。

[ITmedia]

 ASUS JAPANは10月15日、モバイルRyzenを採用した23.8型液晶ディスプレイ一体型デスクトップPC「ASUS M3400」シリーズを発表、本日販売を開始する。Ryzen 3搭載/WPS Office Standard Edition付属モデルの「M3400W-R35300EC」、Ryzen 7搭載/WPS Office付属モデル「M3400W-R75700EC」、Ryzen 7搭載/Microsoft Office Home and Business 2019付属モデル「M3400W-R75700ECO」の3構成を用意した。予想実売価格はそれぞれ7万9800円、10万4800円、11万9800円だ(税込み)。

photo
photophoto ASUS M3400シリーズ

 フルHD表示対応の23.8型液晶ディスプレイを備えた一体型デスクトップPCで、プロセッサとしてRyzen 3 5300U/Ryzen 7 5700Uを搭載。本格的なサウンドを楽しめる独自の“SonicMasterテクロジー”も採用している。

 M3400W-R35300ECはメモリは8GBと256GB SSDを、M3400W-R75700EC/同ECOはメモリ16GBと256GB SSD+1TB HDDを内蔵。ギガビット有線LAN、Wi-Fi 6無線LAN/Bluetooth 5.1も利用できる。OSはWindows 10 Home 64bitだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.