2021年上半期の国内PC出荷台数は在宅特需の反動で大幅減に MM総研調べ

» 2021年12月01日 16時03分 公開
[ITmedia]

 MM総研は12月1日、「2021年度上半期国内パソコン出荷台数」の調査結果を発表した。

 2021年度上半期におけるPCの出荷台数は591.4万台と、前年同期比で25.6%の減少となった。2020年度に開始された「GIGA スクール」特需とコロナ禍による在宅勤務用PC特需の反動が出たものと推論しており、2021年度下半期についても40.3%の減少を予測している。

photo 2021年度上半期PC出荷台数のメーカー別シェア率

 メーカー別のシェア率ではNECレノボが150.1万台で引き続きトップを維持しているが、出荷台数は前年同期比率45.4%減、シェアは同8.6ポイント減と大きな落ち込みとなっている。

photo 国内半期別PC出荷台数の推移と予測

関連キーワード

PC市場 | 調査 | 在宅勤務


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー