未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2021年02月19日 15時05分 公開

学校向けPCのシェアはChrome OSがトップ MM総研調べ

MM総研は、「GIGAスクール構想実現に向けたICT環境整備調査」の結果を発表した。

[ITmedia]

 MM総研はこのほど、2020年11月24日から2021年1月27日にかけて実施した「GIGAスクール構想実現に向けたICT環境整備調査」の結果を発表した。

photo

 この調査によると、1478自治体がGIGAスクール構想で748万7402台の端末を調達したと回答。OS別ではGoogle Chrome OSが327万8110台と、43.8%のシェアを獲得している。

photo
photo

 学校側での通信設備等の整備状況については、91.2%の自治体が校内での無線LAN環境の設備を実施。また84.7%の自治体が、端末配置に合わせてGoogle/Microsoftが提供するクラウドサービス(G Suite for Education/Microsoft 365)のいずれかを利用予定であると答えている。

photo

関連キーワード

自治体 | 調査 | Chrome OS | Google | ICT


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう