ニュース
» 2020年06月09日 11時45分 公開

2019年度のタブレット出荷台数は707万台まで減少 MM総研調べ

MM総研は、2019年度通期のタブレット端末出荷台数の調査結果を発表した。

[ITmedia]

 MM総研はこのほど、2019年度通期(2019年4月〜2020年3月)におけるタブレット端末出荷台数の調査結果を発表した。

photo タブレット端末出荷台数の推移/予測

 レポートでは2019年度のタブレット出荷台数は前年度比で10.4%の減少となる707万台で、2013年以降で最小の出荷台数を記録した。主たる要因として携帯キャリアによるタブレットの取り扱い減少が挙げられている。

photophoto 2019年度通期 タブレット端末メーカー別シェア(左)、同 OS別シェア(右)

 メーカー別シェアは2019年(1月〜12月)の調査にほぼ準じ、1位にApple(375万台)、2位にHuawei(79.2万台)、以下NECレノボグループ(60.9万台)/富士通(47.5万台)/Microsoft(41.4万台)がランクイン。2位のHuaweiは主力としていたドコモ向けAndroidタブレット「dtab」シリーズが販売方針の変化によって大幅に減少したことが響き、出荷台数は前年度から半減している(52.1%減)。

 なお2020年度のタブレット市場については、MM総研は790万台(11.7%増)の出荷を予測。携帯キャリアからの個人向けタブレット市場のV字回復は見込めないものの、「GIGAスクール構想」を受けた2in1タイプのタブレット需要の期待や、5G対応タブレット登場の可能性などに期待が寄せられる、とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう