プロナビ

約325gの14型モバイルディスプレイ「VAIO Vision+ 14」登場 直販限定で5万4800円(縦置き対応カバースタンド付属)VAIO PCと同時購入で1800円引き

» 2024年07月01日 10時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 VAIOは7月1日、14型モバイルディスプレイ「VAIO Vision+ 14」と、その法人向けモデル「VAIO Vision+ 14P」の受注を直販サイトで開始した。個人向けのVAIO Vision+ 14の販売価格は5万4800円(同社PCとの同時購入時は5万3000円)で、7月4日に発売される。

 なお、VAIO Vision+ 14とVAIO Vision+ 14Pは扱う販路(サイト)が異なること以外は同一仕様となる。以下、その概要をまとめて紹介する。

VAIO Vision+ 14 VAIO Vision+ 14/VAIO Vision+ 14P

VAIO Vision+の概要

 VAIO Vision+は、VAIOとしては初めて市場に投入するモバイルディスプレイだ。ボディーに熱可塑性立体成型カーボン(CFRTP)を採用することで、モバイル用途に適した丈夫さを確保しつつ、重量を約325gに抑えている。14型モバイルディスプレイとしては、6月14日時点で世界最軽量だという(ステラアソシエ調べ)。

 ただし、この重量の実現には、CFRTPだけでなく液晶パネルや自立スタンドなど各種部材の軽量化も貢献しているとのことだ。

メインフレーム ボディーにCFRTPを採用することで、丈夫さと軽量性を両立した
液晶パネル自身も軽い 液晶パネル自身も軽量タイプを採用している
アルミスタンド 本体の自立スタンド(固定式)はアルミニウム製で、「絞り穴」を設けることで一層の軽量化と剛性の改善を図っている。シリアル番号などの印字も、スタンドに施されている

 画面パネルは非光沢(アンチグレア)加工の14型液晶で、解像度は1920×1200ピクセル(アスペクト比16:10)、視野角は上下/左右共に178度、最大輝度は400ニトで、sRGBの色域を100%カバーしている。

 映像入力はUSB Type-C端子×2となっており、DisplayPort Alternate Modeに対応するデバイス(PCやスマートフォン)と接続可能だ。接続先のデバイスからの給電で稼働する他、USB PD(Power Delivery)対応電源による「パススルー給電」にも対応する。パススルー給電を利用する場合、デバイスに供給(出力)できる電力は最大60Wとなる(※1)。

(※1)実際に出力される電力は、USB PD電源のスペックと接続先デバイスの要求電力によって変動する(最大出力を下回る可能性がある)

 本体裏面にはアルミニウム製の自立スタンドが装着されている他、保護カバーを兼ねカバースタンドも付属する。このカバースタンドを利用すると、ノートPCの“上部”にディスプレイを配置することが可能で、視線移動が容易になり、目線や姿勢を改善できるという。

USB Type-C端子 映像入力端子はUSB Type-C端子(DisplayPort Alternate Mode)となっている。デバイスへのパススルー給電に備えて2基備えているが、どちらも機能は同じなので「どっちが映像(デバイス接続)用でどっちが電源用だっけ……」といった迷いとも無縁だ
自立スタンド 先述の通り、背面にはアルミニウム製の自立スタンドを備える。ノートPCの横に置いて使う場合は、別途スタンドを用意しなくてもよい
カバースタンド 付属品のカバースタンド
開いてみる カバースタンドを開いてみると、ちょっと不思議な形状で、複雑な折り込みも入っている
秘密 この形状/折り込みは、写真のように自立スタンドを“差し込んで”使うことで、ノートPCの上部にディスプレイを持ち上げて使えるようにするためのものである。後ろから見ると、写真のようにとってもスッキリしているのが印象的だ
上に持っていく 14型ノートPC(左)はもちろん、16型ノートPC(右)でもディスプレイを上に持ってこられる
縦万歳!! 縦配置できるようにしたことで、カフェなどにありがちな手狭な1人席(1人用テーブル)でもデュアルディスプレイ環境を構築可能だ
余談 「縦配列」を実現するために、ディスプレイカバーもさまざまな形状/機能のものを試作した。写真右のカバーはPCの収納も可能なタイプのものだったが、「PCはPCで別途カバーを持っている(使う)人が多いだろう」ということで採用を見送ったという。ただし、ユーザーからの要望がある程度集まれば、オプション品としての販売も考えられるという
偶然 このスタンドカバーをうまく使うと、写真のように縦画面での自立もさせられる。これは「たまたまできるようになった」ということのようで、公式に推奨するものではないそうだ

プライバシーフィルターもオプションで用意

 本製品には、オプション品としてプライバシーフィルターが用意される。必要な時のみ使う「差し込み式」と、常に着けておく「貼り付け式」の両方に対応しており、広いユーザーのニーズに応えられるようになっている。

 本製品もVAIOの直販サイト限定の取り扱いとなり、価格は1万1000円だ。なお、個人向け直販サイトでは、PCとの同時購入で2000円引き(9000円での販売)となる。

プライバシーフィルター 純正オプションのプライバシーフィルターは、差し込みと貼り付けの両方に対応できる

ノートPC用インナーケースも発売

 VAIOは7月1日、ノートPC用インナーケースも発表した。こちらも同社の直販サイト限定商品で、13〜14型用と15〜16型用の2サイズに、それぞれブラック、ネイビーブルー、ウォームホワイトの3色を用意する。

 カラーバリエーションからも分かる通り、本製品はVAIO F14/F16(VAIO Pro BK/BM)に最適化された製品で、個人向け直販サイトではVAIO F14/F16とのセット販売も行われる。発売は7月4日で、価格は3300円(VAIO F14/F16との同時購入時は3000円)だ。

インナーケース VAIO F14/F16にピッタリなインナーケースも発売される。ただし、VAIO F14/F16専用品というわけではなく、他のVAIO PCはもちろん、他社製ノートPCでも汎用(はんよう)的に使える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー