より広いユーザーにVAIO品質を 第13世代Core搭載のスタンダードノート「VAIO F14/F16」登場 店頭モデルは17.6万円から

» 2023年03月29日 13時00分 公開
[ITmedia]

 VAIOは3月29日、個人向けスタンダードノートPC「VAIO F14」「VAIO F16」を発表した。受注と発売は6月から開始する予定で、店頭販売モデルの税込み想定価格はF14が17万5800円から、F16が20万4800円からとなる。ソニーストアやVAIOストアで購入できるカスタマイズ(CTO)モデルの最小構成の税込み価格は、F14が13万1800円、F16が13万6800円となる。

【更新:14時】本文を更新した上で、写真を追加しました

VAIO F14 VAIO F14は、アスペクト比16:9の14型液晶ディスプレイを搭載している(写真はネイビーブルー、マウスは別売)
photophoto ウォームホワイト(左)とサテンゴールド(右)も用意している
VAIO F16 VAIO F16は、アスペクト比16:10の16型ディスプレイを搭載している。横幅の大きさを生かしてテンキーも備えている(写真はネイビーブルー、マウスは別売)
photophoto F14と同様に、ウォームホワイト(左)とサテンゴールド(右)も用意している

VAIO F14/F16の概要

 VAIO F14/F16は、「Windows PCの新たな定番」となることを目指して開発された。かつての「VAIO Fシリーズ」とは異なり、プレミアムモデルではなくスタンダードモデルという位置付けだ。ただし、2021年に発売された「VAIO FLシリーズ」よりもスペックはやや高めに設定されている。

 両モデルは、画面サイズとキーボードのテンキーの有無以外は基本的に同一仕様となっている。CPUは第13世代Coreプロセッサ(Uシリーズ)で、モデルによってCore i3-1315U(Pコア2基4スレッド+Eコア4基4スレッド:CTOモデルのみ)、Core i5-1334U(Pコア2基4スレッド+Eコア8基8スレッド)またはCore i7-1355U(同)を搭載している。メインメモリはLPDDR4X規格で、モデルによって8GB、16GB、32GB(CTOモデルのみ)から選べる(増設/換装不可)。ストレージはPCI Express接続のSSDで、容量は256GB(店頭モデルではF14のみ)、512GB、1TB(CTOモデルのみ)のいずれかとなる。

中身 VAIO F14とVAIO F16は、内部の基本設計が共通となっている。ボディーのサイズ差からヒートパイプや一部のフレキシブルケーブルの長さに違いこそあるものの、マザーボードやバッテリーは同じものを搭載している(写真はVAIO F16)

 ディスプレイはF14が14型のフルHD(1920×1080ピクセル)液晶、F16が16型のフルHD+(1920×1200ピクセル)液晶となっている。液晶の上部には、HD(720p/1280×720ピクセル)撮影とWindows Helloによる顔認証に対応するWebカメラを搭載している。Webカメラは「画素の“大きさ”を優先して、あえてフルHD撮影に対応しなかった」他、「カメラモジュールを少し傾斜を付けて搭載することで、顔の位置合わせをしやすくしている」という。

画面サイズ VAIO F16(左)は、アスペクト比16:10のディスプレイを採用している。アスペクト比16:9のディスプレイを採用する「VAIO S15」(右)と比べると、縦方向の解像度が高まっているので、使い勝手が良くなっている

 ポート類は、左側面に電源入力端子、USB 3.2 Gen 1 Standard-A端子、イヤフォン/マイクコンボ端子とmicroSDメモリーカードスロットを、右側面にUSB 3.2 Gen 1 Standard-A端子×2、HDMI出力端子、USB 3.2 Gen 2 Type-C端子と優先LAN端子(1000BASE-T)を備えている。USB 3.2 Gen 2 Type-C端子は、USB PD(Power Delivery)による電源入力端子とDisplayPort Alternate Modeによる映像出力に対応している。

 無線通信はWi-Fi 6(2.4GHz/5GHz帯のIEEE 802.11ax)とBluetooth 5.1に対応している。電源ボタンには指紋センサーが統合されている。標準導入OSはWindows 11 Homeだ。ボディーカラーはモデルによって「ネイビーブルー」「ウォームホワイト」「サテンブルー」から選択できる。

左側面 左側面のポート類
右側面 右側面のポート類

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー