ニュース
» 2009年10月22日 12時44分 公開

フィードパス、「feedpath Calendar」で「サイボウズ Office」との連携機能を強化

フィードパスは、同社のSaaS型グループカレンダー「feedpath Calendar」の連携機能を強化し、「サイボウズ Office」からスケジュールデータを移管するインポート機能を実装した。

[房野麻子,ITmedia]

 フィードパスは、同社が提供するSaaS型グループカレンダー「feedpath Calendar」の連携機能を強化し、「サイボウズ Office」からスケジュールデータを移管するインポート機能を実装した。これにより、サイボウズ Officeでは利用できなかったiPhoneなどのスマートフォン端末との同期・管理が可能になる。

 また、すでに「Googleカレンダー」とのスケジュール連携にも対応しているため、サイボウズ OfficeのスケジュールデータをGoogle カレンダーと同期・管理することも可能。サイボウズ Officeに登録されたスケジュールを、より多くの場面で活用できるようになる。

 データの移管は、管理者がサイボウズ Officeから出力したユーザー情報、施設情報、スケジュール情報の3ファイルをCSVで出力し、feedpath Calendarにインポートする。個人のユーザー情報から施設情報、バナースケジュールと非公開スケジュールを除くすべてのスケジュール情報が移行される。共有スケジュール情報や繰り返し予定は、feedpath Calendarにもそのまま登録される。

 この機能は「サイボウズ Office for SaaS」のほか、「サイボウズ Office 6、7、8」にも対応。11月中旬に発表予定の有償版feedpath Calendarでは11名以上の利用が可能となっているため、数十名単位のデータ移管もできるようになる。

サイボウズ Officeとの連携によるスケジュールデータ管理の変化
feedpath Calendarにインポートされる情報。カッコ内はサイボウズ Officeでの表記

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう