ニュース
» 2016年01月27日 09時00分 公開

植物由来のバイオ燃料で飛行機が飛ぶ、オスロからアムステルダムまで省エネ機器(2/2 ページ)

[三島一孝,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

バイオ燃料で通常の給油システムをそのまま使用

 ITAKAプロジェクトは、既存の技術やインフラを改善するために、経済的、社会的、環境的に持続可能な方法で、航空バイオ燃料の開発をサポートすることを目的としている。同プロジェクトによりKLMでは2014年にアムステルダムからカリブ海のボネール島にバイオジェット燃料を利用した飛行を行った。今回はこの取り組みをさらに発展させ、ノルウェーのオスロとアムステルダム間で運行を行うという。機材にはエンブラエル社のE-190sを使用するとしている(図3)。

photo 図3 給油を行う様子 出典:KLM

 さらに、同プロジェクトではバイオ燃料を通常の給油システムを使用し、一部は通常の給油車による給油を行う計画だという。エンブラエルの機体において、軽油とバイオ燃料の効率性を比較するテストも行う(図4)。KLMでは以前にもボーイングやエアバスの機体を使って同様のテストを行ったとしている。

photo 図4 給油車からもバイオ燃料の給油を行う 出典:KLM

CO2を20%削減へ

 KLMでは2020年までに2011年比でCO2排出量を20%削減することを目標にさまざまな取り組みを進めてきている。バイオ燃料の使用を推進するとともに、効率性を高めてCO2削減を推し進めていく考えだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.