キーワードを探す
検索

「働きやすい」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

組織開発や人材育成のコンサルティングサービスを手掛けるバヅクリは、エンゲージメントサーベイに関する調査を実施。働きやすさや組織への満足度など、エンゲージメントサーベイに関する社内アンケートに回答したことがある人は約半数、調査結果を開示してほしいと答えた人は約8割だった。

()

建設業の労働力不足への対応として、人材の確保や育成、労働条件の改善などが急務となっている。この取り組みを進める上で欠かせないのが、デジタル技術活用による人事・ 労務管理の高度化だ。クラウド人事労務ソフトを展開するSmartHRに、労務領域のデジタル化の現状について聞いた。

()

労働生産性を着実に向上させてきた伊藤忠商事。「働きやすい会社」を目指した人事制度改革の“失敗”を経て、現在はどのような戦略目標を掲げているのか。変革の裏側と、人的資本経営の真髄に迫る。

()

職場の「ゆるさ」を理由に転職を検討する若手社会人が増加している。働きやすい環境の整備が進む中、20代の若手社会人は職場を「ゆるい」と感じているのか。学情(東京都千代田区)が「ゆるい職場」に関する調査を実施した。

()

障害者の働きやすさを高めることは、コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」向上の主な目的だ。ただしアクセシビリティー向上の恩恵を受けるのは障害者だけではないという。どういうことなのか。

()

パナソニック エレクトリックワークス社は、関西圏のオフィスで初となるWELL認証でゴールドを取得した大阪府門真市内のオフィスを公開した。人の心と身体の健康に気を配った執務環境を構築し、社員の働きやすい環境を整えて生産性向上を図る。今後はノウハウを生かして、他企業へWELL認証取得をサポートするサービスに力を入れる。

()

女性にとって働きやすい福利厚生を導入する企業が増えている。弁護士などのプロフェッショナル人材の紹介事業を手掛けるアシロ(東京都新宿区)は6月1日、女性特有の健康課題などを踏まえ、年間4日まで取得できる有給休暇制度など、3つの制度を新たに導入した。どのような内容なのか。

()

コプロ・エンジニアードは全国の建設エンジニア657人を対象に、「建設業界で女性が働きやすくするにはどうすればよいか」をアンケート調査した。その結果、改善策として「男女別の更衣室・トイレなどの整備」「働く人の意識を変える・偏見やハラスメントを無くす」「女性技術者を増やす」が上位に挙がった。

()

Z世代の6割が、仕事の負荷が少ない「ゆるい職場」で働きたいと思っている――。そんな結果が、人材紹介事業のUZUZ(ウズウズ、東京都新宿区)の調査で分かった。理由としては、趣味やプライベートを重視する意見が多く挙がった。

()

東京の地場建設会社・豊和工業は、事業承継と新社屋建設に伴う新たな取り組みとして、職場環境のウェルビーイングを高めるため、多目的フロアや「働きやすさ」のための更衣室を設置した。将来は、取引先企業やパートナーも巻き込んだ若手社員や女性の土木技術者のコミュニティー活動の場として活用していく。

()

昨今の日本の若手のキャリア形成にはある大きな謎がある。若手の労働時間や年次有給休暇の取得率などが明らかに好転している一方で、若手の離職率が下がっていないことだ。「心理的安全性が高く働きやすい」大企業を退職する若手が増えるのはなぜか?

()

大手乳業メーカーの森永乳業は、10月からスタートした「産後パパ育休」制度について、同社独自の育児支援を適用し、100%有給扱いとすると発表した。性別に関わらず働きやすい環境を整え、多様な価値観を尊重する組織風土の醸成を図ることを狙いとしている。

()

ニトリHDは、デジタル事業を担う新会社・ニトリデジタルベースのオフィスを発表した。このオフィスを拠点に、現在は350人ほどのデジタル人材を、2032年までに1000人規模へと増員する方針だ。「働きやすさ」を重視して作ったというこのオフィスには、どのような特徴があるのか?

()

企業経営において“多様性”が重要視される中、製造現場においてデジタル技術を活用してこの“多様性”を生かした働きやすい環境実現を推進しているのが、障がい者雇用を行う「オムロン京都太陽」である。オムロン京都太陽のデジタルモノづくりへの取り組みを紹介する。

()

東武鉄道と野村不動産は、2022年1月14日に東武スカイツリーライン北千住駅に、ボックス型サテライトオフィス「EKI DESK(エキデスク) by H1T BOX」を設置した。両社が連携し、東武沿線を中心にテレワーク環境を整備し、時間と場所にこだわらない働き方をサポートすることで、働きやすい沿線を目指す。

()

働きやすい環境づくり、そして人材開発は、この先の企業成長において欠かせない最優先タスクである。しかし、緊急事態に急かされたような突貫工事では、社員のエンゲージメントが低下し、結果的に企業競争力低下を招きかねない。では、時代に先駆けて制度改革に取り組み続け、成功への道を切り開いた企業は、どのような施策を打ってきたのか? カシオ計算機に話を聞いた。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る