キーワードを探す
検索

「LINE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

LINE利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧可能になっていた問題を受け、総務省がIT企業などに対する利用者情報保護の規制強化案を発表した。情報を保管するサーバを設置する国名の公表や、インターネットの閲覧履歴を第三者に提供する際に閲覧者から同意を得ることなどを義務付ける。

()

保険各社がAIなどのデジタル技術を駆使した保険金や給付金の支払いの迅速化を競っている。事故査定のAI審査や、事故受け付けから支払いまでの完全自動化など各社とも“国内業界初”の取り組みとして技術力のアピールに躍起だ。

()

トーンモバイルは、「ドコモのエコノミーMVNO」として提供する料金プラン「トーンモバイル for docomo」の新料金プラン「TONE for iPhone」を発表した。塾に通い始める小学校高学年から、中学生、高校生を主な対象としたプラン。月額1100円(税込み、以下同)という低価格な料金で「動画以外使い放題」をうたう。【更新】

()

LINE Payは、国内外の約13万件の決済金額などの情報が漏えいしたと発表した。LINEで2021年3月に中国の関連会社から利用者の情報が閲覧可能になっていたことが発覚し、データの運用指針を改定したばかり。個人情報保護の信頼が揺らいでおり、改めて経営管理の在り方が問われる。

()

広く企業に普及し始めているビジネスチャット。中でも「LINE WORKS」は、プライベートでも身近なコミュニケーションアプリ「LINE」の使い勝手を踏襲しているだけあり、ITリテラシー問わず活用できると多くの企業から支持されている。第2回では、機能を拡張できる「連携ソリューション」の魅力に迫る。

()

「CISOは事業部門と共通の目標を持つこと」は教科書的な言葉で聞く方も「また抽象的な話か……」と飽き飽きするだろう。だが、東京オリンピック・パラリンピック2020では「事業部門と共通の目標を持つ」ことに成功し、さらにその目標を無事に達成した。その要因は何だったのだろうか。

()

国際ロマンス詐欺が近年なって増えている。大阪府警が詐欺に加担したとして6人を逮捕した事件では、30〜70代の男女66人が計約1億4000万円をだまし取られていた。ターゲットになっているのは、懐に比較的余裕のある中高年が中心のようだ。

()

業界や規模を問わず、BtoC事業をメインに活用されているLINE公式アカウント。コロナ禍をきっかけに足が遠のいた顧客接点の拡大や維持を意図して導入したはいいものの、運用し切れず持てあましている――なんてことはないだろうか。公認テクノロジーパートナーとしてLINEの公式アカウント拡張ツールを開発、提供するMicoworksに、その課題点と解決策を聞いた。

()

「セキュリティ対策は日々複雑化し、新たなキーワードが頻出しているので、今やるべきことが見えない」と嘆いている管理者には、目先の対策をパッチワーク的に行って投資が無駄になる未来しかないのだろうか。「ITmedia Security Week 2021秋」の「脱サイロ化、セキュリティ運用」ゾーンでは、“セキュリティのサイロ化”を防ぐ全体最適のヒントが明かされた。

()

東京都が18歳〜39歳の都内在住者約360万人の新型コロナワクチン接種を促進するため、メッセージアプリ「LINE」を使ってクーポン券やポイントを付与すると発表した。受注者は博報堂で、受注額は広報・啓発費を含めて約10億円。10月末をめどに、事業を開始する。

()

NECが、センサーで取得したペットの状態を、「LINE」のチャット形式で把握できるサービスの予約販売を始めた。センサーで取得した活動量などをAIで分析。結果を「ねむねむ」などペットの振る舞いに応じたメッセージに変換して、ユーザーに送信する仕組み。

()

個人が開発した、LINE上で使えるAIチャットbotサービス「エアフレンド」が「会話の精度エグい」「マジで自然」とSNSで話題に。ユーザー自身がAIに返事の仕方を教えられる機能や、AI同士を会話させる機能も搭載。開発者のRyobotさんによれば、すでにユーザー数は1万人以上という。

()

コロナが生んだ「会わない、触らない」という新常識、そしてサードパーティーCookieの規制による個人情報保護など、マーケティング業界は今、一大転換期を迎えている。今までの常識にとらわれることなく、顧客接点を拡大し、売り上げにつなげるためには何が必要なのか? 「デジタルギフト」という新しい切り口で多くの集客・販促施策を支援するギフティに聞いた。

()

インターネットのビジネス利用が進んでいる中、FAXの利用者はほとんどいないと考えている読者もいるだろう。しかし、金融機関や個人事務所など、顧客がFAXによる送受信を望む場合が残っている。企業はFAX管理システムやクラウドを利用した仮想FAXを導入することで、このような顧客にも対応できる。

()

イスラエル企業が犯罪者追跡のために開発したスパイウェア「ペガサス」が、世界各国の政府関係者や記者、人権活動家ら多数へのハッキングに不正使用されていた可能性が浮上し、国際的な問題になっている。

()

【台北=矢板明夫】台湾の政治家や当局高官ら100人以上の無料通信アプリ「LINE(ライン)」の個人アカウントがハッキングされていたことが29日までに明らかになった。複数の台湾メディアが伝えた。被害者のアカウントに保存されていた一部の通信情報が流出した恐れがあるという。捜査当局は機密情報の窃取を狙った可能性もあるとみて捜査を開始した。

()

キャリアメールはスマートフォンとSNSなどの普及で利用は大幅に減少している。にもかかわらず、総務省は現在のタイミングでキャリアメールの持ち運びができるよう各キャリアに求めている。一体なぜなのか。また、どのようにキャリアメールを他社でも引き継げるようにするのか。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る