運輸

日常生活で利用している鉄道や航空サービスはこれからどうなっていくのか? 運輸業界や交通サービスについての記事を集めました

新着記事一覧

news043.jpg

2006年から検討されていた大阪市の地下鉄事業民営化について、ようやく実現のめどが立った。大阪市営地下鉄は2003年度に黒字転換し、2010年に累積欠損金を解消した優良事業だ。利益を生む事業なら市営のままでも良さそうだ。大阪市が民営化を目指した理由とは……?(2016/08/26)

news112.jpg

ヤマト運輸は、利用者が荷物を受け取りやすい日時を登録できる「Myカレンダーサービス」を開始した。(2016/08/22)

news020.jpg

福井県のローカル鉄道、福井鉄道とえちぜん鉄道が相互直通運転を開始して3カ月。乗客数が前年同期比2.9倍という好成績が報じられた。「幸福度ランキング1位」の福井県は、鉄道を活用して、もっと幸福な社会を作ろうとしている。(2016/08/19)

news102.jpg

東武線に西武の列車が? 両社のコラボ「ライオンズトレイン」が運行される。(2016/08/18)

news025.jpg

JR北海道が今秋に向けて「鉄道維持困難路線」を選定する中、夕張市が先手を打った。市内唯一の鉄道路線「石勝線夕張支線」の廃止提案だ。鉄道維持を唱える人々は「鉄道がない地域は衰退する」「バス転換しても容易に廃止される」という。夕張市の選択はその「常識」を疑うきっかけになる。(2016/08/12)

news036.jpg

東京都知事選挙で小池百合子氏が圧勝した。小池氏が選挙運動中に発した「満員電車をなくす、具体的には2階建てにするとか」が鉄道ファンから失笑された。JR東日本は215系という総2階建て電車を運行しているけれど、過酷な通勤需要に耐えられる仕様ではない。しかし小池氏の言う2階建てはもっと奇抜な案だ。そして実現性が低く期待できない。(2016/08/05)

news107.jpg

東京メトロがホーム上で電車の行き先を案内する「行先案内表示器」を全路線で一新。(2016/08/03)

news065.jpg

踏切のようで踏切でない。遮断機も警報器もなければ、踏み板すらなく、住民らが線路の敷石に足を取られながらも恐る恐る横断する。これは「勝手踏切」と呼ばれる“非正規の踏切”だ。だが、京都府宇治市にあるJR奈良線の「勝手踏切」は少し“勝手”が違う。(2016/07/29)

news037.jpg

JR西日本の木次線は、島根県の宍道湖湖畔の宍道駅と広島県の山中、備後落合を結ぶ81.9キロメートルの路線だ。近隣の三江線は2015年10月にJR西日本から自治体へ廃止の意向が伝えられ、協議が続いている。木次線も危機感を持つべきだが……。(2016/07/29)

news125.jpg

全国のJRや私鉄、地下鉄が、「ポケモンGO」上で鉄道施設にポケモンを出現させないよう要請した。(2016/07/26)

news098.jpg

東京都内の一部でタクシーの初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験が始まる。(2016/07/26)

news017.jpg

東京の地下鉄一元化は、2010年、石原慎太郎都知事時代にプロジェクトチームが発足し、国を交えて東京メトロとの協議も行われた。猪瀬直樹都知事が引き継いだ。しかし、舛添要一都知事時代は進ちょくが報じられず今日に至る。この構想は次の知事に引き継がれるだろうか。(2016/07/22)

news122.jpg

営団丸ノ内線で使用していた旧500形車両がアルゼンチンから約20年ぶりに里帰り。(2016/07/20)

news122.jpg

小田急が新宿中央公園で映画を上映するイベントを7月27〜29日に開く。(2016/07/15)

news024.jpg

自動車の自動運転技術が進化している。先日の自動運転車の死亡事故は残念だけど、技術だけではなく、法整備や倫理観へ議論を進めるきっかけとなった。ところで、鉄道の自動運転を振り返ると、半世紀以上の歴史があるにもかかわらず関連法では「特例扱い」のままだ。鉄道の自動運転は、長年にわたって築かれた安全技術の上に成立しているからだ。(2016/07/15)

news142.jpg

西武鉄道とサッポロビールは9月14・15日、ヱビスビールを飲み放題で楽しめるイベント電車を運行する。(2016/07/14)

news094.jpg

「どこでもドア」の実証実験が京急久里浜線三浦海岸駅で始まる。(2016/07/13)

news048.jpg

平成27年度の旅客数が2405万人と過去最高を記録した関西国際空港。訪日外国人の増加を受け絶好調の旅客便の影で、貨物便は低迷している。(2016/07/13)

news118.jpg

エスカレーターの安全な利用を呼び掛ける「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンが始まる。(2016/07/12)

news033.jpg

JR九州が東京証券取引所に上場を申請した。鉄道部門は赤字のまま。しかし副業のマンションやホテル、飲食店が好調だ。阪急電鉄や東急電鉄の成功以来、鉄道会社は副業とセットで成長してきた。しかしその形態は変化している。小林一三モデルではない、新たな相乗効果を模索する時代になった。(2016/07/08)

news118.jpg

JR東のクルーズトレイン「四季島」の申し込みが最高76倍に上った。(2016/07/05)

news032.jpg

JR東海が東海道新幹線向けに新型電車「N700S」を発表した。最高速度は変わらず、最新技術は省エネルギーと安全性と乗り心地に振り向けられた。さらにN700Sには新たな使命として「標準化車両」というキーワードを与えられている。高品質な車両を国内外問わず提供するという。しかし本音は「東海道新幹線の変化に対応し、その価値を維持する」ではないか。(2016/07/01)

news121.jpg

東急東横線渋谷駅の発車メロディーとして、ドラクエの「序曲」が期間限定で流れる。(2016/06/30)

news035.jpg

私は時々「我が国は物流に関して信念を持ち、思い切った施策を実施すべきだ」と主張している。今回は、国土環境を守るという信念の下で、憲法でトラック輸送増加を禁じたスイスを参考に「信念」や「思い切った施策」について考える。(2016/06/24)

news019.jpg

先月、フィンランド航空(フィンエアー)が福岡〜ヘルシンキ路線を就航した。この背景にはアジア市場の積極的なビジネス拡大があるという。(2016/06/24)

news139.jpg

西武鉄道は7月1日から、アニメ「劇場版アイカツスターズ!」をテーマにしたスタンプラリーを開催する。(2016/06/23)

news024.jpg

赤字事業は廃止、赤字会社は解散。資本主義ではそれが正しい判断だ。しかし鉄道やバスなどの交通事業では簡単に割り切れない。沿線住民や観光客の足として地域に貢献するという「公共性」が問われる。ただし、存続のための選択肢はわずかしかない。(2016/06/17)

news026.jpg

全国で登場した観光列車のほとんどは旧型車両の改造車だ。現在も華々しく新しい列車が発表される一方で、実は廃車も始まっている。走行には耐えられないとしても内装は新しい。そんな観光車両はどうなるか。3度目の再生はあるだろうか。(2016/06/10)

news137.jpg

JR東は山手線の新車両「E235系」を量産化。20年春ごろまでに49編成を投入する。(2016/06/08)

news134.jpg

JR東が原宿駅や千駄ヶ谷駅などの改良計画を発表した。(2016/06/08)

Loading

注目のテーマ