ニュース
» 2015年04月02日 08時00分 UPDATE

ディルバート(391):無茶振り上司にタジタジ

仕事の期日を決めるのは大切なことですが、指定すれば実現できるかというと、それは別ものですよね。特にボスの場合。

[スコット・アダムス,ITmedia]
photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」登場人物紹介

r391_01.jpg

そのテストは何日かかる?

3日です


r391_02.jpg

2日でやれ


r391_03.jpg

2日では終わりません。だから3日と言ったんです


r391_04.jpg

3日というのは、「2日でやれ」と言ったワシのリーダーシップスキルを使う前の話だろう


r391_05.jpg

リーダーシップは物理の法則を変えるものではありません。テストは3日かかります


r391_06.jpg

2日でやれ


r391_07.jpg

(リーダーシップだ!)


r391_08.jpg

テスト結果を見ると不完全のように見えるが

ボクのタマシイのように……


  


 相変わらず「リーダーシップをとる」という行為を誤解しているボスのようで。誰か“消化不良”な魂を抱えるディルバートに愛の手を!

 「魂」「霊魂」を意味するsoulですが、英語にはsoulを使ったフレーズがいろいろとあります。例えば、bare your soulといえば「心を打ち明ける」こと。“She waited for him to bare his soul(彼女は彼が心を打ち明けるのを待った)”。また、do not tell a soulと言ったら「誰にも言うな」「ここだけの話」の意。“Don't tell a soul, but he plans to leave the company at the end of this month(ここだけの話、彼は今月いっぱいで会社を辞めるらしい)”などと使います。

 さらにNot a living soulとなると「人っ子一人いない」。“There isn't a single living soul here(ここには人っ子一人いない)”。それに対して、every living soulと言ったら「全員」。“I think every living soul in town attended that concert(町の人全員がコンサートに行ったと思う)”などと使います。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -