ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「単語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「単語」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
Google日本語入力の辞書に単語を登録する(Windows OS編)
Google日本語入力は高い変換効率を誇るが、それでもうまく変換されない単語もある。そのような場合、ユーザー辞書に単語を登録するとよい。よく利用する長い単語を短い「読み」で登録しておけば、入力効率を上げることも可能だ。Google日本語入力で単語を登録する方法を紹介する。(2018/6/12)

パターン青、相手は非ヲタだどうする!? 「ヲタクに恋は難しい」5話
【ネタバレあり】ヲタクと非ヲタはそもそも単語が通じない。(2018/5/11)

Google Playのオーディオブックに「3倍速朗読」や「スマートレジュメ」などの新機能
Googleが1月から販売しているオーディオブックに、朗読の単語の途中で停止すると意味が分かるようにさかのぼって再開する機能や3倍速で朗読する機能などが加わった。(2018/3/30)

App Town ユーティリティ:
ビジネス文書作成に特化 iOS向け音声入力アプリ「AmiVoice SBx」
アドバンスト・メディアは、3月6日にiOS向け音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx」をリリースした。アプリを問わずマイクに向かって話すだけでビジネス文書を作成でき、文字変換を指定する単語登録機能や定型文登録などのカスタマイズ機能も備えている。(2018/3/6)

老舗辞書Merriam-Websterに「ビットコイン」や「ブロックチェーン」
Merriam-Websterのオンライン版辞書に「blockchain」「Bitcoin」「cryptocurrency」「initial coin offering」などの単語が追加された。(2018/3/6)

「ねとらぼ」→「弁当箱」 入力した単語の母音を解析し韻を踏んでくれる検索サイト「韻ノート」
「ねとらぼ」→「レッドマンを」のように、助詞を含めると韻になる言葉も出てきます。というか、固有名詞に強いな。(2018/2/21)

福田昭のデバイス通信(139):
半導体メモリのチップとパッケージとシリコンダイ(前編)
「チップ」「デバイス」という単語から想像するイメージは、業界やコミュニティーによってずれがある。では、どのようなずれがあり、なぜ、ずれが生じたのだろうか。(2018/2/21)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

機械の心を読むのじゃ…… スマートスピーカーにお題の単語を喋らせるアナログカードゲーム登場
スマートスピーカーのチュートリアルにどうぞ。(2018/1/21)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
しんしょうひんができました こぐまのケーキ屋さん(5)「プリンアラモード」
言いにくい単語ってあるよね……。(2018/1/14)

英単語の問題を自動作成 ベネッセ、ソフトバンクらが実証研究へ
ベネッセホールディングスとソフトバンク、Classiは、東京工業大学と自動問題作成を実用化するための実証研究を開始する。(2018/1/10)

多言語対応で外国人の接客も可能に:
在庫確認や個別の商品提案も――SPJ、小売業に特化したAI接客システムを発売
SPJは、小売業に特化したAI(人工知能)接客システムを発売する。対応可能な単語や業務内容を小売業の接客に絞り込むことで回答精度を高め、来店客との対話内容も学習可能だ。(2017/12/5)

服部平次歓喜 人前でコナンを「工藤」と言ってしまったときごまかしに使える単語を論理的に算出した一覧が完成
せやかて苦行! せやかて食堂!(2017/11/15)

「会いたかったもん」森且行、稲垣・草なぎ・香取と21年ぶり共演、暴露話に花を咲かせる
「森くん」の単語はTwitterのトレンドワード世界1位に。(2017/11/4)

映像を見て感じた内容を言語化、脳波で推定
人間の脳波を読み解き、目で見て感じた内容を、1万単語で言語化する技術を、NICTが開発した。(2017/11/1)

絶対に検索してはいけない単語“ががばば” 「世にも奇妙な物語」でまさかの復活
絶対に検索するなよ!(2017/10/13)

「シャーロック・ホームズ」全作品を翻訳した英語学習法 TOEICにはオーバースペックな“最強単語帳”の作り方とは?
語彙力こそパワー。(2017/9/28)

Google、音声認識システム訓練用データセットをオープンソースで提供
Googleが、クラウドソーシングで集めた6万5000件の短い英単語の音声録音のデータセット「Speech Commands Dataset」をオープンソースで公開した。Mozillaも年内の1万時間分のデータ公開を目指している。(2017/8/28)

単語エラー率5.1%を達成:
Microsoftの音声認識技術、「テープ起こしのプロ」の精度に 研究チームが発表
Microsoftの研究チームは、Switchboard音声認識タスクで「5.1%」の単語エラー率を達成したと告知。2016年に「音声文字起こしのプロ並みにエラーが少ない」とした単語エラー率5.9%を上回る数値を記録した。(2017/8/23)

「キャトルミューティレーション」は一般人が知らない単語? 編集者の発言を発端にネットで激論勃発
知ってるわよそのくらい!!(2017/6/22)

トランプ米大統領が深夜に突然ツイートした謎の単語「covfefe」が流行 さんざんネタにされる事態に
寝落ち投稿かな?(2017/6/3)

Appleユーザー、老舗辞書Websterの新語「sheeple」の用例に登場
Merriam-Websterの辞書に新語として追加された「sheeple」という単語の用例に、iPhoneケースについての米ジャーナリストのコメントが採用された。(2017/5/1)

iPhone Tips:
iPhoneでWebサイトの単語を素早く検索する
(2017/4/13)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(11):
製造業セキュリティの頻出単語「Stuxnet」を5分で知ろう
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は2010年に登場したマルウェア「Stuxnet」について取り上げます。(2017/2/1)

叶姉妹は以前から“童貞を殺すセーター”を着用していた……!? 「ヒップの谷間」がファビュラスすぎるセクシーショットを続々公開
叶姉妹のブログに「童貞」という単語が載ってしまった……!(2017/1/28)

現場管理:
音声認識で議事録作成を自動化、建設業界に特化した新サービス
建設・不動産業界で頻繁に行われている作業の1つーー「議事録作成」。アドバンスト・メディアはこうした議事録作成を自動化できるサービスの販売を開始する。同社の強みとする音声認識技術を活用したサービスで、建設・不動産業界特有の単語にも対応。最大で議事録作成にかかる時間を約5割削減できるという。(2017/1/18)

曲を流して「J-POPの頻出単語」で取り合うかるた「狩歌」 ゲーム性も高いし歌詞の魅力が再発見できる
かるたに歌を融合させたカードゲーム「狩歌(かるうた)」。酒盛りしながらやってみたら楽しすぎたのでその魅力をご紹介。(2017/1/3)

Twitterがワードミュート機能を導入、単語やフレーズなどを通知からミュート可能に
嫌がらせをより直接的に報告できる変更も加えます。(2016/11/16)

Twitter、いじめ対策強化──フレーズや会話のミュート、報告ツール改善
Twitterが、特定の単語を含むツイートや会話を通知されないようにするツールを追加した。タイムラインや検索には表示されるが、プッシュ通知はされなくなる。また、報告ツールで人種や性別に関する誹謗中傷や差別を報告できるようになった。(2016/11/16)

マイクロソフトの研究者が音声認識率を劇的に高める“突破口”を開発:
コンピュータが、初めて会話内の単語を「人間並み」に認識できた
マイクロソフトが、「会話内の単語を人間並みに認識できる」音声認識システムを開発したと告知。音声認識率を劇的に向上させる突破口が開いたという。(2016/10/20)

Tech Basics/Keyword:
ユーザーエージェント(User Agent、UA)
Webシステムの設計・開発・構築・管理のいずれでも、しばしば目にする「ユーザーエージェント」。「ユーザー」も「エージェント」もよくある単語だが、その意味は? User-Agentヘッダとの関係は? 何に使われるのか?(2016/10/6)

音楽を聴きながら「J-POPでよく出る単語」を取り合うかるた「狩歌(かるうた)」発売 ありがちな歌詞が新しいゲームに変貌する!
歌詞が凡庸であればあるほど激しいバトルが展開される。(2016/9/17)

「docomo Xi」の“Xi”はなんて読む? 単語に込められた思いが深すぎる
(2016/8/7)

週刊「調査のチカラ」:
ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企画。高校生が間違える英単語から東京の未来(そして町田の将来)まで、5本の旬ネタをノンジャンルでお届けします。(2016/7/23)

優勝校には100万円! アプリで「英単語バトル」に高校生がハマる理由
英単語学習アプリ「mikan」。mikanバトルには開成高校や筑波大学附属駒場高校など、そうそうたる進学校が参加しているという。こんなにも高校生が夢中になる理由とは?(2016/6/21)

正しく理解すれば何万円も節約できる
欲しいスマートフォンをどう探す? スペックシートの“難解単語”にだまされない方法
スマートフォン新モデルは今後も数を増す一方だ。その中から自分に最適なモデルを見つけ出すために重要な手掛かりになるのが「スペックシート」だ。その活用次第では無駄な投資を大幅に節約できる。(2016/4/10)

Microsoftの人工知能Tay、悪い言葉を覚えて休眠中
Microsoftが会話理解研究のために公開した人工知能botの「Tay」が、Twitterでのデビュー数時間後に停止した。ユーザーに教えこまれた人種差別などの問題のある単語をツイートするようになったためとみられる。(2016/3/25)

写真を撮るだけで翻訳 知りたい単語を撮影するだけで単語の意味が分かる不思議な辞書、キングジムが発表
キー操作も通信も不要。(2016/3/23)

ドラゴンと旅をして英語を学ぶ「ラーニングドラゴン英単語」
(2016/3/22)

敵と戦って英語レベルを上げていくアプリ「たたかう英単語」
(2016/3/21)

映画を見ながら英語学習 単語検索や再生速度の変更も
(2016/3/14)

無駄なく目的までまっしぐら!「究極英単語」
(2016/3/12)

「PDCAサイクル」を“永遠”に回せるサイト「一生回してろ」 「現代のマニ車」と話題に
「Plan」「Do」「Check」「Action」の4つの単語を好きなだけ回せるWebページ「一生回してろ」が登場。「意識高まる」「現代のマニ車だ」などと話題になっている。(2016/3/9)

知らない単語はタッチで調べる! 英語学習アプリ「リスニングドリル」
(2016/3/9)

1分10単語! 現役東大生が開発した英単語アプリ「mikan」
(2016/3/8)

どこまで通じる?:
「くたたん」「えーばぐ」 SCEが新卒向けに“入社後役立つ単語辞典”を公開
解釈には個人差がある模様。(2016/3/3)

英語の“瞬発力”を鍛えるアプリ「瞬間英単語」
(2016/3/1)

「青森県がお前をKILL」 2月の津軽地方が参加者の寿命をぶちのめす「短命県体験ツアー」がまさかの爆誕
「太く短い人生」という単語、ヤクザ以外の文脈で見たことがない。(2016/1/31)

これは人とGoogleの戦いか 「Google検索に適当な文章を打ち込んでヒット数を限りなく1に近づけるゲーム」が意外と難しい
俺の単語がこんなに意味不明なわけがない。(2016/1/28)

5分のヒマつぶし:英単語×一筆書き!「ドキドキ わーどさーち」
(2016/1/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。