ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「単語」最新記事一覧

関連キーワード

「キャトルミューティレーション」は一般人が知らない単語? 編集者の発言を発端にネットで激論勃発
知ってるわよそのくらい!!(2017/6/22)

トランプ米大統領が深夜に突然ツイートした謎の単語「covfefe」が流行 さんざんネタにされる事態に
寝落ち投稿かな?(2017/6/3)

Appleユーザー、老舗辞書Websterの新語「sheeple」の用例に登場
Merriam-Websterの辞書に新語として追加された「sheeple」という単語の用例に、iPhoneケースについての米ジャーナリストのコメントが採用された。(2017/5/1)

iPhone Tips:
iPhoneでWebサイトの単語を素早く検索する
(2017/4/13)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(11):
製造業セキュリティの頻出単語「Stuxnet」を5分で知ろう
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は2010年に登場したマルウェア「Stuxnet」について取り上げます。(2017/2/1)

叶姉妹は以前から“童貞を殺すセーター”を着用していた……!? 「ヒップの谷間」がファビュラスすぎるセクシーショットを続々公開
叶姉妹のブログに「童貞」という単語が載ってしまった……!(2017/1/28)

現場管理:
音声認識で議事録作成を自動化、建設業界に特化した新サービス
建設・不動産業界で頻繁に行われている作業の1つーー「議事録作成」。アドバンスト・メディアはこうした議事録作成を自動化できるサービスの販売を開始する。同社の強みとする音声認識技術を活用したサービスで、建設・不動産業界特有の単語にも対応。最大で議事録作成にかかる時間を約5割削減できるという。(2017/1/18)

曲を流して「J-POPの頻出単語」で取り合うかるた「狩歌」 ゲーム性も高いし歌詞の魅力が再発見できる
かるたに歌を融合させたカードゲーム「狩歌(かるうた)」。酒盛りしながらやってみたら楽しすぎたのでその魅力をご紹介。(2017/1/3)

Twitterがワードミュート機能を導入、単語やフレーズなどを通知からミュート可能に
嫌がらせをより直接的に報告できる変更も加えます。(2016/11/16)

Twitter、いじめ対策強化──フレーズや会話のミュート、報告ツール改善
Twitterが、特定の単語を含むツイートや会話を通知されないようにするツールを追加した。タイムラインや検索には表示されるが、プッシュ通知はされなくなる。また、報告ツールで人種や性別に関する誹謗中傷や差別を報告できるようになった。(2016/11/16)

マイクロソフトの研究者が音声認識率を劇的に高める“突破口”を開発:
コンピュータが、初めて会話内の単語を「人間並み」に認識できた
マイクロソフトが、「会話内の単語を人間並みに認識できる」音声認識システムを開発したと告知。音声認識率を劇的に向上させる突破口が開いたという。(2016/10/20)

Tech Basics/Keyword:
ユーザーエージェント(User Agent、UA)
Webシステムの設計・開発・構築・管理のいずれでも、しばしば目にする「ユーザーエージェント」。「ユーザー」も「エージェント」もよくある単語だが、その意味は? User-Agentヘッダとの関係は? 何に使われるのか?(2016/10/6)

音楽を聴きながら「J-POPでよく出る単語」を取り合うかるた「狩歌(かるうた)」発売 ありがちな歌詞が新しいゲームに変貌する!
歌詞が凡庸であればあるほど激しいバトルが展開される。(2016/9/17)

「docomo Xi」の“Xi”はなんて読む? 単語に込められた思いが深すぎる
(2016/8/7)

週刊「調査のチカラ」:
ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企画。高校生が間違える英単語から東京の未来(そして町田の将来)まで、5本の旬ネタをノンジャンルでお届けします。(2016/7/23)

優勝校には100万円! アプリで「英単語バトル」に高校生がハマる理由
英単語学習アプリ「mikan」。mikanバトルには開成高校や筑波大学附属駒場高校など、そうそうたる進学校が参加しているという。こんなにも高校生が夢中になる理由とは?(2016/6/21)

正しく理解すれば何万円も節約できる
欲しいスマートフォンをどう探す? スペックシートの“難解単語”にだまされない方法
スマートフォン新モデルは今後も数を増す一方だ。その中から自分に最適なモデルを見つけ出すために重要な手掛かりになるのが「スペックシート」だ。その活用次第では無駄な投資を大幅に節約できる。(2016/4/10)

Microsoftの人工知能Tay、悪い言葉を覚えて休眠中
Microsoftが会話理解研究のために公開した人工知能botの「Tay」が、Twitterでのデビュー数時間後に停止した。ユーザーに教えこまれた人種差別などの問題のある単語をツイートするようになったためとみられる。(2016/3/25)

写真を撮るだけで翻訳 知りたい単語を撮影するだけで単語の意味が分かる不思議な辞書、キングジムが発表
キー操作も通信も不要。(2016/3/23)

ドラゴンと旅をして英語を学ぶ「ラーニングドラゴン英単語」
(2016/3/22)

敵と戦って英語レベルを上げていくアプリ「たたかう英単語」
(2016/3/21)

映画を見ながら英語学習 単語検索や再生速度の変更も
(2016/3/14)

無駄なく目的までまっしぐら!「究極英単語」
(2016/3/12)

「PDCAサイクル」を“永遠”に回せるサイト「一生回してろ」 「現代のマニ車」と話題に
「Plan」「Do」「Check」「Action」の4つの単語を好きなだけ回せるWebページ「一生回してろ」が登場。「意識高まる」「現代のマニ車だ」などと話題になっている。(2016/3/9)

知らない単語はタッチで調べる! 英語学習アプリ「リスニングドリル」
(2016/3/9)

1分10単語! 現役東大生が開発した英単語アプリ「mikan」
(2016/3/8)

どこまで通じる?:
「くたたん」「えーばぐ」 SCEが新卒向けに“入社後役立つ単語辞典”を公開
解釈には個人差がある模様。(2016/3/3)

英語の“瞬発力”を鍛えるアプリ「瞬間英単語」
(2016/3/1)

「青森県がお前をKILL」 2月の津軽地方が参加者の寿命をぶちのめす「短命県体験ツアー」がまさかの爆誕
「太く短い人生」という単語、ヤクザ以外の文脈で見たことがない。(2016/1/31)

これは人とGoogleの戦いか 「Google検索に適当な文章を打ち込んでヒット数を限りなく1に近づけるゲーム」が意外と難しい
俺の単語がこんなに意味不明なわけがない。(2016/1/28)

5分のヒマつぶし:英単語×一筆書き!「ドキドキ わーどさーち」
(2016/1/28)

R25スマホ情報局:
世界最速文字アプリ、評価と使用感に差?
文字を誤入力しても、正確な単語に自動補正できるスマホ向け文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版がリリース。高速入力が可能になると評判ですが、実際に使ったユーザーからは「クセが強い」との声も……。(2016/1/27)

Chromeのツボ:
ポテチを食べながらPCでネット巡回、気になる単語はどう調べる?
(2015/11/11)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
日本の超高齢化を見据える「東京モーターショー2015」
高齢化という単語が他人ごとではない今日このごろ。気になります。(2015/11/10)

単語を高速で表示して目で追う時間を節約する速読アプリ「Spritz」がすごいと話題に
読書時間の8割は文字から文字へと視線を移動する動きに使われているのだそう。(2015/10/28)

パダワン卒業者に贈る 『スター・ウォーズ英和辞典』第2弾「ジェダイ・ナイト編」
劇中や作品のスクリプトに登場する高校・大学受験レベルの英単語を中心に、約1000語を例文付きで収録。(2015/9/7)

ディルバート(402):
ボスのかんがえたさいきょうのソーシャルメディア
ただ単語を並べればいいって問題じゃないでしょ!(2015/6/18)

フォースの力で単語を暗記? 中学参考書「スター・ウォーズ暗記カードシリーズ」登場
こういうの、中学生の頃に欲しかった。(2015/6/16)

Apple Watchで目にした謎の単語「エリプティカル」とは何なのか調べてみた
Apple Watchのワークアウトアプリでは、10種類の運動の中から、最適なものが選択できますが、その中の1つに「エリプティカル」というものがあります。これを知っている人は、かなりしっかり運動をしている人ではないでしょうか。(2015/5/15)

Twitter.comからも「#見つける」消滅 「トレンド」に概要追加へ
Twitterが、現在トピックの単語が並んでいるだけの「トレンド」に、概要説明や画像を追加すると発表した。また、モバイルアプリに続けてデスクトップのTwitter.comからも「#見つける」タブを削除した。(2015/4/27)

App Town ビジネス:
カシオ、英単語&発音記号の入力で自動検索できるボイスレコーダーアプリをリリース
カシオ計算機は、iSO向けアプリ「英語で検索 キーワード頭出し ボイスレコーダー」をリリース。英単語や発音記号の入力で、録音データから発音している可能性の高い部分を表示する。(2015/4/22)

Tech TIPS:
iPhone/iPadのユーザー辞書に単語を登録する(iOS標準IME編)
一般的にスマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEのユーザー辞書に単語を登録すればよい。iOS標準装備の日本語入力機能(IME)で単語を登録する手順を解説する。(2015/4/13)

Tech TIPS:
Androidのユーザー辞書に単語を登録する(Google日本語入力編)
スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEのユーザー辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Google日本語入力」で単語を登録する手順を解説。(2015/3/27)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(42):
「滑らか」って何だ!? ――曲線と曲面のお話
今回は「滑らか」とは一体どういうことか詳細に解説します。G1やG2、NURBSなど3次元CADを使っているとよく出てくる単語についても説明します。(2015/2/18)

デル株式会社提供Webキャスト
ハードウェア管理をシンプルにする「コンバージドインフラ」の実力
「融合」を意味するコンバージドという単語が、ITインフラと結び付いた「コンバージドインフラストラクチャ」という概念が注目されている。仮想化とクラウド活用による管理業務の負担増に悩むIT部門には朗報だが、その実態とはどのようなものだろうか。(2015/3/24)

キラープレゼントは大福:
Twitter解析サイト「イマツイ」、2015年のバレンタインの傾向と対策を発表
NTTデータは2月10日、同社が運営するTwitter解析結果を基にしたニュースサイト「イマツイ」で、「過去のリア充イベントから学ぶ傾向と対策:バレンタイン(前編)『バレンタインラブ。その愛、継続率50% !?』」と題する記事を公開した。これは2008年〜2014年の7年間において、「バレンタイン」に関する単語を含むツイートを解析したもの。本記事によると、2014年のバレンタインのタイミングで“付き合い始めた”人の恋愛継続率は50%、告白に有効なキラープレゼントは「大福」であることが分かった。(2015/2/12)

Tech TIPS:
Chromebookでユーザー辞書に単語登録する
日本語入力システムの変換精度は向上しているものの、会社名や人名など一発で変換できない単語もまだ多い。よく利用するが上手く変換できない単語は、日本語入力システムのユーザー辞書に単語登録しておくと便利だ。そこでChromebookの日本語入力システムで単語登録する方法を解説する。(2015/1/30)

至高のITマリアージュ:
「悲愴」と「悲壮」の違いは? 分からないなら単語カードだ!
単語カードアプリを習慣的に利用すると、多少覚えが悪くても語彙(ごい)や知識がしっかり吸収できるようになる。ではどうやって習慣化するのか。表計算ソフトを使って、単語カードの“プレイリスト”を作ればいい。(古田雄介)(2014/12/26)

Kindle ピンポイントレビュー:
これで辞書いらず? Kindleの新機能「Word Wise」を使ってみた
文章中の難しい英単語を簡単な同義語に言い換えてくれる。(2014/12/4)

Kindleの英書で難しい単語の意味を補足する新機能「Word Wise」
Kindleリーダーの新機能として、難しい英単語に簡単な同義語を併記し、洋書の読書をサポートする「Word Wise」が搭載された。(2014/12/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。