ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不倫」最新記事一覧

「トグサに相合傘誘われたなぅ」 田中敦子と山寺宏一の“デートなう写真”公開でバトーさんが心配される
バトーさんに見つかったらマズい。(2017/6/22)

「滝に打たれてきていい?」「は?」 仲里依紗の「あなそれ」番宣動画で夫・中尾明慶が自由すぎ
姉さん、声が素のトーンになってます……。(2017/6/21)

あおり力高いな! ケツメイシ最新シングルジャケ写にアンタ柴田を起用、まさかのファンモン仕様にファンざわつく
起用の理由は「古くから親交が深い」から。(2017/6/21)

マイナンバーとLINE連携 情報流出に懸念も
マイナンバーをめぐって政府がLINEと連携したが、LINEに対しては情報流出などの面で懸念する声もある。(2017/6/16)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

地に堕ちた偶像タイガー・ウッズ 元世界1位の栄光、今いずこ
これがかつての“スーパースター”の姿か。逮捕されたタイガー・ウッズの姿に、衝撃が走った。(2017/6/5)

「何も決まってないのに、決まったと断定した記事」 矢口真里、6月再婚報道を否定
この記事は全くありがたくなかったもよう。(2017/5/26)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

昔見た深夜のTVCMだこれ 愛知県のWeb制作会社による昭和風PR動画が、平成らしからぬセクシーさ
テーマは「昭和の社長っぽい夢の世界」。(2017/5/1)

不倫騒動の濱松恵、東京03豊本の“1回だけ”発言に反論 「最後くらい嘘つかないで!」
結局真相はどうなの……。(2017/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

いよいよ活動再開 川谷絵音、「ゲスの極み乙女。」メンバーと久しぶりの4ショット
5月10日にアルバム発売と記念ライブ。(2017/4/2)

川崎希、第1子妊娠を報告 アレク「大好きなのんちゃんとの子供でとても嬉しい」
現在5カ月とのこと。(2017/4/2)

不倫報道のアレクサンダー、妻・川崎希から“ブログでは書けない”お仕置き 親同伴で家族会議も
現場が自動車の中だったことから、車内も録画できるドライブレコーダーを購入したそうです。(2017/3/26)

「のんちゃんの事情聴取 まぢできついよ、、」 不倫報道のアレクサンダー、川崎希の怒りにやつれる
「このまま済むと思うなよ 私は本当にぶちぎれたからね」(川崎希)(2017/3/24)

スピン経済の歩き方:
『水戸黄門』の復活が、あまりよろしくない理由
TBSが同局で42年続いているドラマ『水戸黄門』を6年ぶりに復活すると発表した。しかし、である。『水戸黄門』を放送することは、日本社会にとってあまりよくないことではないか。どういうことかというと……。(2017/3/21)

ねとらぼレビュー:
泥まみれのおじさん、叫ぶ マドンナと中年俳優の苦い思い出「バイプレイヤーズ」第10話
ドロでもかぶって反省しなさい。(2017/3/18)

ねとらぼレビュー:
そこで宇宙大戦争はずるいよ!(褒め言葉) 「バイプレイヤーズ」第8話、大杉漣さんは仲間の信頼を取り戻せるのか
大杉漣さんの引き受けた役がバラバラすぎる。(2017/3/4)

この匂いは……浮気にゃー! 猫カフェに寄ったら家の愛猫にバレて本気の激おこ状態に
猫「浮気、絶許!」(2017/3/1)

おじさん6人を押しまくろう 脇役たちのテラスハウス「バイプレイヤーズ」のLINEスタンプ登場
作中で使ってたアレです。(2017/2/23)

安田美沙子、第1子の性別を報告 「女の子と思い込んでいたら、男の子でした!!」
出産は春ごろの予定です。(2017/2/22)

「KANA-BOON」飯田祐馬、清水富美加との不倫認め謝罪 妻との離婚をほのめかしたことも
バンドオフィシャルサイトで謝罪文を発表しています。(2017/2/21)

長谷川豊氏「めちゃくちゃだった」と反省、「やり直す姿見せる」 出馬会見の一問一答
長谷川豊氏が、次期衆院選の千葉1区から日本維新の会公認で出馬する意向だ。会見では「『一度失敗した人間が、反省と謝罪をしてもう一度やり直すんだという姿を見せてみろ』と後押しをもらった」などと述べた。(2017/2/7)

ねとらぼレビュー:
田口トモロヲ、悪の総帥になるため毎日緑の液体を飲み続ける ドラマ「バイプレイヤーズ」第4話
結局あの緑の液体はなんだったのか……。(2017/2/4)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「バイプレイヤーズ」第3話 文春が引き続き大不倫キャンペーン中! 芸能人スキャンダル問題にヒヤヒヤしっぱなし
ウミガメの生命の営み。(2017/1/28)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

「芸能界を引退させていただく所存」 江角マキコさん、芸能界引退を発表 
代表作に「ショムニ」など。(2017/1/23)

ねとらぼレビュー:
あの俳優2人が共演NGって本当ですか? 「バイプレイヤーズ」第2話は序盤から「えええーっ!」
緑のフライトジャケットと、紅茶好きのスーツ……。(2017/1/21)

「童貞だって信じてたのに…」 Creepy Nutsの新曲PVがツイートで使いたい画像の宝庫
恋ダンスっぽいのとか、PPAPっぽいのとか、ゲス不倫っぽいのとか。(2017/1/5)

安田美沙子、新年からボブヘアにイメチェン ファン「お似合いです」「頑張れ!頑張れ!」
お笑いタレント・永野さんとのダブルボブショットも。(2017/1/2)

安田美沙子、夫の不倫報道にブログでコメント「またゼロから、夫婦の形を」
週刊文春の報道を受けて。(2016/12/28)

妊娠中の安田美沙子、夫の不倫報道にファンから応援メッセージ集まる 「可哀想すぎます…」
妊娠5カ月中ということで心配した人が多かったよう。(2016/12/27)

角栄ブームは「狙っていない」:
編集者に聞く「元祖・田中角栄本」の秘話
近年、田中角栄元首相を題材にした書籍が大ブームとなっている。ブームのきっかけとなったのは、宝島社が発行する『田中角栄という生き方』だ。出版業界が田中角栄に再注目する要因となった同書は、どのような経緯で世に出たのだろうか。編集を手掛けた欠端大林氏に話を聞いた。(2016/12/27)

「このタイミングで私に?」 ベッキー、“因縁”のLINEテレビCMに再起用で激動の1年を振り返る
約5年ぶり2度目のテレビCM起用。「このタイミングで私に? と、ただただ驚きました」(ベッキー)(2016/12/15)

炎上するリスクを減らすには:
ノンスタ井上の事件、吉本興業の正念場
お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介氏の事件は今、大きな岐路に立っています。厳しい状況であることは当然ですが、この先の対応は今正に正念場です。(2016/12/14)

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

あの「政治とカネ」問題が1位:
2016年に起きた「不祥事」、トップ3は?
2016年に起きた不祥事のなかで、最も「イメージダウン」につながったものは?――宣伝会議調べ。(2016/12/2)

「もっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね」 つるの剛士、流行語大賞への苦言に反響
ブログでは候補にも上がっていない「きょとん顔」のサプライズ受賞を狙っていたつるの剛士さん。(2016/12/2)

「神ってる」流行語大賞発表でなぜか「トリプルスリー」がトレンド入り 2年連続の野球ワード選出に違和感?
あらためて見ると「トリプルスリー」はおかしい。(2016/12/1)

2016年の流行語大賞は「神ってる」 トップ10には「ポケモンGO」「聖地巡礼」「保育園落ちた日本死ね」など
2016年の新語・流行語大賞が発表された。大賞は広島東洋カープの「神ってる」に。(2016/12/1)

2016年のユーキャン新語・流行語大賞が「神ってる」に決定 その他ベスト10に「PPAP」など
広島東洋カープ・鈴木選手の快進撃を監督が評した言葉でした。(2016/12/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
支持率4% フランス大統領も不人気のワケ
フランスのオランド大統領の支持率がかなり低迷している。ル・モンド紙が行った調査によると、支持率は4%。1848年にフランスで初めて大統領が誕生して以降、史上最低の記録だというが、なぜここまで低迷しているのか。その理由は……。(2016/12/1)

I have a pen:
「流行語大賞」に選ばれそうな言葉は? 予想1位は……
2016年の「流行語大賞」に選ばれそうな言葉は?――カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の予想調査で1位になったのは、爆発的なブームになったあのネタだった。(2016/11/30)

歌舞伎役者の中村橋之助が仲むつまじい家族写真を公開 「母が撮りたいと言って聞かなくて」
家族写真は三田寛子さんからの強い要望だったようです。(2016/11/25)

大げんかからの仲直り 佐野ひなこ、成海璃子との傷だらけ2ショットに「痛々しい」「女優さんって大変ですね」
頭突きもあったな。(2016/11/18)

新語・流行語大賞ノミネート発表 「ポケモンGO」「君の名は。」「PPAP」など
「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。(2016/11/17)

2016年新語・流行語大賞の候補発表 「ポケGO」「PPAP」「君の名は。」など
「SMAP解散」「センテンススプリング」「ゲス不倫」も。(2016/11/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
夫の不貞に耐えたのに、ヒラリーの悲しき末路
2016年の米大統領選が終わった。1年半にわたって繰り広げられた大統領選は、大方の予想に反して、不動産王のドナルド・トランプが大統領に選ばれた。トンデモ大統領が誕生するわけだが、ひとつ気になることがある。それは敗北したヒラリー・クリントンと夫であるビル・クリントン元大統領との関係だ。(2016/11/10)

記録的な炎上の年――2016年の謝罪成功者は?
年明け早々、芸能人謝罪会見で始まった2016年。その後も有名人による会見が相次ぎました。なぜ謝罪に注目が集まったのか、その背景と謝罪に「成功」した人は誰なのかを考えてみましょう。(2016/11/2)

ベッキー「ワイドナショー」で5カ月ぶり地上波出演 ゲス活動休止には「未然に防げたのでは」と冷静にコメント
5月の「金スマ」出演時よりも少し痩せた?(2016/10/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。