ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不倫」最新記事一覧

関連キーワード

「社長がセキュリティを理解しない会社など、辞めた方がいい」 セキュリティジャーナリストが吠えた
米McAfeeの年次イベント「MPOWER: Cybersecurity Summit」。2日目の基調講演では、セキュリティブログ「Krebs on Security」を運営するITセキュリティジャーナリスト、ブライアン・クレブス氏が講演した。そこで語られた赤裸々な提言とは……?(2017/10/20)

アレク、中学3年生時の写真に妻・川崎希もびっくり 「1000年に1人の美少年じゃん!!」
なお、中身はこの頃から変わっていないもよう。(2017/10/18)

「だまされたふり」で逆にだまされる 巧妙化するオレオレ詐欺、最新の手口を解説
終わらないいたちごっこ。(2017/10/10)

あびる優、夫の不倫騒動を謝罪 才賀紀左衛門も遅れて謝罪文を発表「一歩ずつ前に進んで参りたく」
あびるさんの方が先なのか……。(2017/10/8)

斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」出演辞退へ NHK「早急に出演者の選考を進める」
そうなるかあ。(2017/9/21)

袴田吉彦、河中あいとの離婚を報告 「娘の事を第一に考え、まい進していきます」
父親としての責任を果たす機会をもらっているとのこと。(2017/9/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
ハーバード大学炎上から探る「研究員」の生態
ハーバード大学の「研究員」をめぐって、ちょっとした騒ぎになっている。米陸軍時代に米国務省の機密情報である外交公電をリークし、内部告発サイト「ウィキリークス」に公表した人物を招へいしようとしたからだ。そもそも研究員とは何なのか、日本にも話を広げてその実態に迫る。(2017/9/21)

当初は不正否定:
転落の始まりは今井絵理子議員との“ロマンス疑惑” 政活費不正にまみれた期待のホープ「ハシケン」
当初は否定していた政活費の不正受給疑惑について、追い詰められる形で認め、神戸市議の職を追われた橋本健氏。(2017/9/19)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

超絶ナイスバディーなロシア人モデルが国内外で話題に スタイルが良すぎてもはや漫画キャラみたい
サッカーコロンビア代表との不倫疑惑 → 真相はともかく、むっちゃ美しい。(2017/8/17)

スピン経済の歩き方:
「最近の政治家は“質”が落ちている」というのは大ウソだ
政治家の不祥事が続いている。パワハラ議員がいたり、サッカーファンをののしる議員がいたり。このほかにもダメ政治家が世間をにぎわせているが、最近の政治家は本当に質が落ちているのか。いや、そうではなくて……。(2017/8/1)

「セクハラでなく合意」 研究室で「不適切な行為」……懲戒解雇された大学を訴えた元准教授の“言い分”
ある大学の男性准教授が、妻子がいることを隠して教え子の女子学生と交際。裸の写真を要求したり、研究室でも行為に及んだり――その結果、懲戒解雇になったが、男性は解雇の無効を主張して訴訟を起こした。(2017/7/24)

スピン経済の歩き方:
なぜ渡辺謙さんは「不倫謝罪会見」をこのタイミングで開いたのか
7月15日、俳優の渡辺謙さんが「不倫謝罪会見」を開いた。4カ月も逃げ回っていたのに、なぜこのタイミングで会見を開いたのか。背景にさまざまな大人の事情がからんでいて……。(2017/7/18)

松居一代、YouTubeで「別宅の真相」を“手紙”と“特殊なシール”とともに明かす
著名な脚本家の署名が入った手紙などを披露。(2017/7/13)

松居一代さんがTwitterを開設 深夜のYouTube動画投稿に続き波紋を呼ぶ
“おばあちゃん”の家で休ませてもらっているという動画を投稿。(2017/7/5)

空前絶後の不倫現場ぁ! 阿佐ヶ谷姉妹とサンシャイン池崎の「昼顔」ショットが妙なリアル感
おい生々しいからやめるんだ。(2017/7/1)

「トグサに相合傘誘われたなぅ」 田中敦子と山寺宏一の“デートなう写真”公開でバトーさんが心配される
バトーさんに見つかったらマズい。(2017/6/22)

「滝に打たれてきていい?」「は?」 仲里依紗の「あなそれ」番宣動画で夫・中尾明慶が自由すぎ
姉さん、声が素のトーンになってます……。(2017/6/21)

あおり力高いな! ケツメイシ最新シングルジャケ写にアンタ柴田を起用、まさかのファンモン仕様にファンざわつく
起用の理由は「古くから親交が深い」から。(2017/6/21)

マイナンバーとLINE連携 情報流出に懸念も
マイナンバーをめぐって政府がLINEと連携したが、LINEに対しては情報流出などの面で懸念する声もある。(2017/6/16)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

地に堕ちた偶像タイガー・ウッズ 元世界1位の栄光、今いずこ
これがかつての“スーパースター”の姿か。逮捕されたタイガー・ウッズの姿に、衝撃が走った。(2017/6/5)

「何も決まってないのに、決まったと断定した記事」 矢口真里、6月再婚報道を否定
この記事は全くありがたくなかったもよう。(2017/5/26)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

昔見た深夜のTVCMだこれ 愛知県のWeb制作会社による昭和風PR動画が、平成らしからぬセクシーさ
テーマは「昭和の社長っぽい夢の世界」。(2017/5/1)

不倫騒動の濱松恵、東京03豊本の“1回だけ”発言に反論 「最後くらい嘘つかないで!」
結局真相はどうなの……。(2017/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

いよいよ活動再開 川谷絵音、「ゲスの極み乙女。」メンバーと久しぶりの4ショット
5月10日にアルバム発売と記念ライブ。(2017/4/2)

川崎希、第1子妊娠を報告 アレク「大好きなのんちゃんとの子供でとても嬉しい」
現在5カ月とのこと。(2017/4/2)

不倫報道のアレクサンダー、妻・川崎希から“ブログでは書けない”お仕置き 親同伴で家族会議も
現場が自動車の中だったことから、車内も録画できるドライブレコーダーを購入したそうです。(2017/3/26)

「のんちゃんの事情聴取 まぢできついよ、、」 不倫報道のアレクサンダー、川崎希の怒りにやつれる
「このまま済むと思うなよ 私は本当にぶちぎれたからね」(川崎希)(2017/3/24)

スピン経済の歩き方:
『水戸黄門』の復活が、あまりよろしくない理由
TBSが同局で42年続いているドラマ『水戸黄門』を6年ぶりに復活すると発表した。しかし、である。『水戸黄門』を放送することは、日本社会にとってあまりよくないことではないか。どういうことかというと……。(2017/3/21)

ねとらぼレビュー:
泥まみれのおじさん、叫ぶ マドンナと中年俳優の苦い思い出「バイプレイヤーズ」第10話
ドロでもかぶって反省しなさい。(2017/3/18)

ねとらぼレビュー:
そこで宇宙大戦争はずるいよ!(褒め言葉) 「バイプレイヤーズ」第8話、大杉漣さんは仲間の信頼を取り戻せるのか
大杉漣さんの引き受けた役がバラバラすぎる。(2017/3/4)

この匂いは……浮気にゃー! 猫カフェに寄ったら家の愛猫にバレて本気の激おこ状態に
猫「浮気、絶許!」(2017/3/1)

おじさん6人を押しまくろう 脇役たちのテラスハウス「バイプレイヤーズ」のLINEスタンプ登場
作中で使ってたアレです。(2017/2/23)

安田美沙子、第1子の性別を報告 「女の子と思い込んでいたら、男の子でした!!」
出産は春ごろの予定です。(2017/2/22)

「KANA-BOON」飯田祐馬、清水富美加との不倫認め謝罪 妻との離婚をほのめかしたことも
バンドオフィシャルサイトで謝罪文を発表しています。(2017/2/21)

ねとらぼレビュー:
田口トモロヲ、悪の総帥になるため毎日緑の液体を飲み続ける ドラマ「バイプレイヤーズ」第4話
結局あの緑の液体はなんだったのか……。(2017/2/4)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「バイプレイヤーズ」第3話 文春が引き続き大不倫キャンペーン中! 芸能人スキャンダル問題にヒヤヒヤしっぱなし
ウミガメの生命の営み。(2017/1/28)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

「芸能界を引退させていただく所存」 江角マキコさん、芸能界引退を発表 
代表作に「ショムニ」など。(2017/1/23)

ねとらぼレビュー:
あの俳優2人が共演NGって本当ですか? 「バイプレイヤーズ」第2話は序盤から「えええーっ!」
緑のフライトジャケットと、紅茶好きのスーツ……。(2017/1/21)

「童貞だって信じてたのに…」 Creepy Nutsの新曲PVがツイートで使いたい画像の宝庫
恋ダンスっぽいのとか、PPAPっぽいのとか、ゲス不倫っぽいのとか。(2017/1/5)

安田美沙子、新年からボブヘアにイメチェン ファン「お似合いです」「頑張れ!頑張れ!」
お笑いタレント・永野さんとのダブルボブショットも。(2017/1/2)

安田美沙子、夫の不倫報道にブログでコメント「またゼロから、夫婦の形を」
週刊文春の報道を受けて。(2016/12/28)

妊娠中の安田美沙子、夫の不倫報道にファンから応援メッセージ集まる 「可哀想すぎます…」
妊娠5カ月中ということで心配した人が多かったよう。(2016/12/27)

角栄ブームは「狙っていない」:
編集者に聞く「元祖・田中角栄本」の秘話
近年、田中角栄元首相を題材にした書籍が大ブームとなっている。ブームのきっかけとなったのは、宝島社が発行する『田中角栄という生き方』だ。出版業界が田中角栄に再注目する要因となった同書は、どのような経緯で世に出たのだろうか。編集を手掛けた欠端大林氏に話を聞いた。(2016/12/27)

「このタイミングで私に?」 ベッキー、“因縁”のLINEテレビCMに再起用で激動の1年を振り返る
約5年ぶり2度目のテレビCM起用。「このタイミングで私に? と、ただただ驚きました」(ベッキー)(2016/12/15)

炎上するリスクを減らすには:
ノンスタ井上の事件、吉本興業の正念場
お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介氏の事件は今、大きな岐路に立っています。厳しい状況であることは当然ですが、この先の対応は今正に正念場です。(2016/12/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。