ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不倫」最新記事一覧

LinkedInからの流出情報、自分の被害の有無を確認可能に
自分のアカウントが被害に遭っていないかどうかをユーザーが確認できるWebサイト「Have I Been Pwned」(HIBP)に、LinkedInから流出したアカウント情報が登録された。(2016/5/25)

「猟奇的だけど……」 「不機嫌な果実」で大胆演技をみせる高梨臨の本音
悪女、だが、それもいい。(2016/5/27)

「金スマ」ベッキー復帰で視聴率24.0% 番組史上最高記録を更新
瞬間最高視聴率は26.6%でした。(2016/5/16)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音がベッキー復帰放送を受けブログ更新 不倫関係を認め謝罪
「週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました」(2016/5/14)

ベッキーが公式ブログを元旦以来の更新 一連の件について謝罪
復帰した「金スマ」放送直前の更新でした。(2016/5/13)

「金スマ」でベッキーが中居に明かした本音 涙声で語った「記者会見のウソ」【書き起こし】
番組内でベッキーが語った内容を書き起こしました。(2016/5/13)

ベッキー「金スマ」で“心を入れ替えて”復帰 涙声で謝罪し番組に合流
目をうるませ「私事でご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」と謝罪しました。(2016/5/13)

ベッキー復帰にTwitterで賛否 「うれしすぎ」VS「あざとい」 なぜかショーンK待望論も
ベッキー復帰が発表された12日、Twitterには賛否両論の投稿が相次いだ。(2016/5/13)

「ゲスの極み乙女。」川谷さん、離婚を報告
ベッキーさんとの不倫が報じられていた。(2016/5/9)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
MVNOだけではない、LINEの大きな戦略転換 プラットフォーム事業を再定義か
LINEがリアル決済や格安SIMへの参入を発表した。既存のプラットフォーム事業も見直しが進んでいる。その背景には何があるのか、昨今の動向から今後を見通した。(2016/4/21)

“セクシー先生”成宮にSMAP稲垣イラッ? 愛と憎しみのドラマ「不機嫌な果実」制作発表会
「僕は今、非常に不機嫌です」(稲垣さん)(2016/4/19)

スピン経済の歩き方:
ガリガリ君とカップヌードル「攻めたCM」の命運を分けたものはなにか
先週、2つのCMがネット上で大きな話題となった。値上げ謝罪をした「ガリガリ君」のCMは絶賛の嵐だったのに、ビートたけしさんが学長に扮した「日清カップヌードル」のCMは批判の嵐。この2つのCMは、なぜ命運を分けてしまったのだろうか。(2016/4/12)

きゃりーぱみゅぱみゅさんがゲス川谷さんと写った写真をSNSに投稿 ファンから賛否の声が上がる
きゃりーさん自身は同件について触れず。(2016/4/11)

虚偽や不倫を擁護? 日清食品、カップヌードルの新CMを中止 「不快な思いを感じさせる表現があった」
ビートたけしさんをはじめ、小林幸子さん、ムツゴロウさん、矢口真里さん、新垣隆さんが出演していた。(2016/4/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「コンピュータとの会話が日常になる未来」を示したMicrosoft
世界的に人工知能が注目を集める中、Microsoftが開発者会議で示した未来のコンピューティング像は「ハードウェアに依存しない、会話でさまざまな問題がスマートに解決する世界」だった。(2016/4/3)

「映画.com」エイプリルフールが物議 ゴシップネタを扱う内容に批判も ※追記あり
乙武さんやベッキーさんをネタにしており、ネットではネタの範疇(はんちゅう)を超えているとの声も。(2016/4/1)

“文春砲”の作り方、新谷学編集長に聞く
「週刊文春」の相次ぐスクープが話題をさらっている。“文春砲”は、どのようにして生み出されるのか――「スクープ第一主義」を貫いてきた新谷学編集長に聞いた。(2016/3/31)

世界を読み解くニュース・サロン:
乙武氏に負けていない? 米国でも「5人と不倫」が大騒動に
ベストセラー『五体不満足』の著者である乙武洋匡氏の不倫報道がメディアで大きく取り上げられている。国際ニュースに目を向けると、いま偶然にも「5人と不倫」というキーワードで話題になっている大物政治家がいる。その人物とは……。(2016/3/31)

“文春砲”連発 「週刊文春」の独走ぶりは何を意味する?
「週刊文春」が年明けからスクープを連発している。その独走ぶりからはタブーを恐れず有名人の陰に迫る週刊誌報道の力とともに、雑誌が置かれた苦境も透けて見える。(2016/3/28)

乙武氏、不倫報道について公式サイトで謝罪 Twitterにも投稿
妻のコメントも掲載している。(2016/3/24)

高梨臨「色気をかき集めて詰め込んだ」、ドラマ「不機嫌な果実」出演で見せる“裏の顔”
高梨臨が大人の女になる。(2016/3/18)

米米CLUB石井竜也、不倫報道について謝罪 「夫としての後悔で一杯」
17日発売の女性セブンで不倫疑惑が報道されていました。(2016/3/17)

スピン経済の歩き方:
マスコミ報道を萎縮させているのは「権力」ではなく「中立公平」という病
総務大臣が公平性を欠く放送を繰り返した放送局の電波停止に言及したことについて、ジャーナリスト6人が「発言は、憲法や放送法の精神に反している」などと声明を発表。西側諸国のジャーナリズムは「政治的中立性」といったスローガンを放棄しているのに、なぜ日本は支配されているのか。(2016/3/15)

春にツバメが帰ってくる!! ただし奥さんは、○○○の長いイケメンに誘惑されてしまうのです
○○○の長さは大事ですよね……。(2016/3/13)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音、約2カ月ぶりのツイートでファンに釈明 「真摯に音楽で向き合いたい」
言葉って難しい。(2016/3/10)

日本ユニセフ協会、ベッキーさんの寄付報道について「寄付履歴を開示した事実はない」
多額の寄付によりアフリカに校舎が建ったと関係者が証言したとする記事に対して反論。(2016/3/2)

R25スマホ情報局:
夫婦33%が相手のスマホロック解除可能
既婚男女を対象に、パートナーのスマホのロックを解除できるかどうかのアンケートを実施。その結果、全体の33%が「ロックを解除できる」ということが分かりました。(2016/3/1)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

かわいすぎる獣医学生は「NANA」を読んで大人の世界に憧れた
「ミス理系コンテスト」ファイナリストの飯島しずかさんに聞きました。(2016/2/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年1月版:
「LINE」に「Webカメラ」、のぞき見られた1月
世間では「不倫騒動」でも、セキュリティクラスタにとっては「情報漏えい事件」なのでした。そして突然再燃した「Webカメラのぞき見問題」に、連続する「アノニマスのDDoS攻撃」。年明けから騒がしかった2016年1月のセキュリティクラスタを振り返ります。(2016/2/10)

R25スマホ情報局:
「他人のLINE覗き見」4割以上が経験
KUROCK NETWORKがLINEのぞき見に関する調査を実施。その結果、電車の中でのやりとりや新着のポップアップなどをのぞいた経験のある人は4割以上ということが分かりました。(2016/2/9)

ベッキー、番組出演を当面見合わせ 所属事務所が発表
「本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて」決定したという。(2016/2/5)

Weekly Access Top10:
シオカラーズの歌声に涙する
生演奏でライブアレンジとか、反則だと思います。(2016/2/1)

アプリ「卒論 ゲスの極みと恋する乙女の恋愛物語」がストアから消滅
開発元と指摘された会社には見解を問い合わせ中。(2016/1/29)

2年連続で過去最悪の落ち込み:
「SMAP騒動」「甘利氏疑惑」などスクープ連発 雑誌“冬の時代”内容で巻き返し 
出版科学研究所の調査で、2015年の出版物の推定販売金額が過去最大の落ち込みであることが分かった。特に深刻なのが雑誌で、関係者はショックが隠せない。(2016/1/29)

「ベッキーCM“打ち切り”」新たに1社
ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音さんとの不倫疑惑騒動の渦中にあるタレント、ベッキーさんが出演するテレビCMについて、関西電力系通信会社、ケイ・オプティコムは、出演契約を更新しないことを明らかにした。(2016/1/21)

LINEで浮気・不倫はバレバレに! 通知や予測変換……ケータイを肌身離さず持つようになると「要注意」?
LINEやFacebookをきっかけに、浮気や不倫が発覚することが目立っている。妻や夫が急に携帯電話に夢中になったら、注意が必要かもしれない。(2016/1/18)

スピン経済の歩き方:
ベッキーの謝罪会見は、なぜ「質問禁止」だったのか
人気タレントのベッキーに、初スキャンダルが発覚した。所属事務所内でベッキーは緊急会見を開いたものの、メディアからの「質問」は一切受け付けなかった。果たしてこの戦略は“正しかった”のか、それとも……。(2016/1/12)

2016年は標的型攻撃の検出がもっと困難に――Kaspersky
ごく限られた標的へのサイバー攻撃は、検出がさらに困難になり、痕跡を残さない攻撃が台頭するなどと予想している。(2015/11/18)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(後編)
これから注目される「デジタル遺品」について前回は、広義の「遺産」で多くの人が直面するであろう問題点を解説した。今回は本論の「デジタル遺品」の定義から始めよう。(2015/10/30)

モバイル時代、「セキュリティ」と「利便性」は両立できるのか:
PR:隙だらけのWebサービス、Wi-Fi通信、シャドーITがもたらすリスクへの有効な対策とは
全国7都市で開催されたセミナー「『サイバー攻撃の実態』と『セキュリティ事件の裏側』に学ぶ、今、本当に有効な対策とは」では、攻撃者の視点で見るとどのような不正アクセスの可能性があるかを解説した上で、対策のポイントが紹介された。そのハイライトを紹介しよう。(2015/10/21)

日本人はなぜ「かわいい」を好むのか?
(2015/9/26)

不倫サイトの流出パスワードを解読、強力ハッシュの突破に成功か
解読には何百年もかかると言われていた「bcrypt」のハッシュ破りを大幅に高速化できる方法が見つかり、既に1120万を超すパスワードがクラッキングされているという。(2015/9/11)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年8月版:
成長し続けるセキュリティ人材と悲嘆に暮れる情報流出被害者たち
2015年8月は世界各地でセキュリティイベントがめじろ押しでした。しかしイベント参加者たちの熱狂の裏では、「不倫サイト」ユーザーたちの悲痛の叫びが……。(2015/9/11)

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」が女性サクラ説に反論 新たにボット説も
女性はいるのか、いないのか。(2015/9/1)

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」、フェイク女性会員の報道を否定 Gizmodoも応酬
不倫サイト「アシュレイ・マディソン」が、「女性会員のほとんどは偽物」との報道を否定し、先週だけでも8万7596人の新規女性会員が登録したと発表した。これに対しGizmodoは、ハッカーが公開した内部データをさらに解析したところ、7万人の「ボット」女性会員が数百万件のメッセージを投稿したことが分かったと報じた。(2015/9/1)

Weekly Access Top10:
故郷の香りと決意表明
実家から秋の味覚が届きました。(2015/8/31)

不倫サイトのCEOが辞任──「攻撃への対処を続ける」と幹部チーム
会員情報の漏えいで自殺者まで出ているカナダの不倫奨励SNSサイト「アシュレイ・マディソン」を運営するAvid Life MediaのCEOが辞任した。同社はサービスを継続するとしている。(2015/8/29)

不倫SNS「アシュレイ・マディソン」CEOが退任
いろいろ大変なことになってますね……。(2015/8/29)

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」に女性はほとんどいなかった? 情報流出であらわに
ハッキングされた不倫サイト「アシュレイ・マディソン」に生身の女性会員はほとんどいなかった――と米ブログメディアが伝えている。(2015/8/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。