ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不倫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不倫」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「これからは曇りのない笑顔で」 南果歩、渡辺謙との離婚発表
「この1年は、自身の生き方を見つめ直す時間を与えられました」(2018/5/17)

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

矢口真里、4年間の付き合いをへて再婚 「一度結婚に失敗している私のことを……」
ブログで報告しました。(2018/3/26)

スマホのデータを残して死ねますか? 「第2回デジタル遺品を考えるシンポジウム」レポート
デジタル遺品依頼の7割はスマートフォンが対象――聞いたことがあってもイマイチ実態がつかめない「デジタル遺品」。そのガイドラインを作ろうというシンポジウムが開かれた。語られた現状は意外? 想定内?(2018/3/15)

サンシャイン池崎ら、ドラマ「ラスト・フレンズ」のごろ寝シーン再現 「懐かしい」「じわじわきます」
名作ドラマキター!(2018/2/25)

眼光鋭すぎィ! ドラマ「ホリデイラブ」の松本まりか&中村倫也、眼鏡を変えて立場逆転
2人ともノリノリ。(2018/2/19)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「社内恋愛ウォッチング」で観察力を磨け
「社内恋愛ウォッチング」は悪趣味なのだろうか。ゲスの極みのようだが、これは意外にも仕事の役に立つ。人間観察力のアップにつながるのだ。(2018/2/16)

「妻が女の子に……」:
小室哲哉さんが明かした家族追い詰める「高次脳機能障害」
音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を表明した際、くも膜下出血で倒れて療養中の妻で歌手のKEIKOさんが「高次脳機能障害」であることを明かした。(2018/2/14)

「それもうチューじゃん」 塚本高史、小悪魔スキルが高すぎる共演者からのキスの嵐にタジタジ
愛されてる。(2018/2/9)

高音カラオケで頂点に:
電撃引退の小室哲哉さん、本当に“賞味期限”切れたのか
不倫疑惑報道を受けて音楽プロデューサー、小室哲哉さんが電撃的に引退を表明した。(2018/2/5)

電撃引退の小室哲哉さん、本当に“賞味期限”切れたのか?
週刊文春の不倫疑惑報道を受けて音楽プロデューサー、小室哲哉さんが電撃的な引退表明をしてから2週間。「(1990年代に起きた自身の)ブームが超えられない」と語り、自身の音楽の“賞味期限”が切れたと示唆した。(2018/2/2)

「2人で何かやるのかな!?」 YOSHIKIとHYDEの2ショットにファンの期待値が爆上がりする
神と神の戯れ。(2018/1/26)

「小室哲哉さん引退」にネット騒然 Twitterトレンド席巻
小室哲哉さんが記者会見で引退を発表し、ネットも騒然。Twitterトレンドには「小室哲哉」「小室さん引退」「TK引退」などの関連ワードが多数入った。(2018/1/19)

小室哲哉、引退を発表 不倫疑惑「騒動のケジメとして」
【追記あり】「自発的な音楽活動は本日をもって終了させて頂きます」とコメント。(2018/1/19)

「誤解を生む軽々しい行動に深く反省」 豊田瀬里奈、板尾創路との不倫騒動後初のブログ更新
不倫疑惑は誤報だとしています。(2018/1/18)

「原西さんじゃないっすか!」「不倫?」 木下優樹菜、フジモン(?)との“夫婦”ショットが完全にアウト
これはフジモンですか? いいえ、ゴリラです。(2018/1/16)

「色々なご意見があるかと思いますが」 変態仮面姿で新年の決意語る原田龍二がいろいろ振り切れた男前っぷり
おまわりさんこっちです。(2018/1/2)

船越英一郎と松居一代、離婚成立 「慰謝料、財産分与はありません」
6月から離婚騒動が話題に。(2017/12/14)

「取り返しのつかないことをした」:
20分にわたって妻に暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は
夫の暴行により妻が死亡するという衝撃的な事件。裁判所が実刑判決を言い渡さなかった理由とは。(2017/12/13)

大手メーカーの無資格検査も上位に:
17年に起きた「不祥事」、1位は「このハゲー!」
2017年もさまざまな事件やスキャンダルが世間を騒がせたが、最も当事者のイメージダウンにつながった「不祥事」は?――宣伝会議調べ。(2017/12/4)

17年の不祥事ランキング 「このハゲー!」や大手メーカーの改ざん上位に
宣伝会議が、2017年に発覚した不祥事を男女1000人に調査。大手メーカーを中心に偽装問題が次々と発覚し、企業のコンプライアンスが問われる事態となった。(2017/12/4)

「これは不倫ですか?」 ぺえ&鈴木奈々の “疑似スキャンダル”写真にファンざわつく
文春砲ならぬ“ぺえ砲”。(2017/11/17)

「浮気調査はおいしいから取り合いになる」「尾行は素人には100%無理」 意外と知らない“探偵のお仕事”について聞いてきた(後編)
「調査されたら浮気は絶対バレる」そうです。(2017/11/20)

「ちーがーうーだーろー!」も:
流行語大賞候補を発表 「うんこ漢字ドリル」など30語
「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となる30語がノミネート。「うんこ漢字ドリル」「ちーがーうーだーろー!」などが含まれた。(2017/11/9)

禁断の1冊 闇が深すぎると話題になった「だんなデス・ノート」の書籍版が誕生してしまう
家族には見つからないように保管してください。(2017/10/30)

「社長がセキュリティを理解しない会社など、辞めた方がいい」 セキュリティジャーナリストが吠えた
米McAfeeの年次イベント「MPOWER: Cybersecurity Summit」。2日目の基調講演では、セキュリティブログ「Krebs on Security」を運営するITセキュリティジャーナリスト、ブライアン・クレブス氏が講演した。そこで語られた赤裸々な提言とは……?(2017/10/20)

アレク、中学3年生時の写真に妻・川崎希もびっくり 「1000年に1人の美少年じゃん!!」
なお、中身はこの頃から変わっていないもよう。(2017/10/18)

「だまされたふり」で逆にだまされる 巧妙化するオレオレ詐欺、最新の手口を解説
終わらないいたちごっこ。(2017/10/10)

あびる優、夫の不倫騒動を謝罪 才賀紀左衛門も遅れて謝罪文を発表「一歩ずつ前に進んで参りたく」
あびるさんの方が先なのか……。(2017/10/8)

斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」出演辞退へ NHK「早急に出演者の選考を進める」
そうなるかあ。(2017/9/21)

袴田吉彦、河中あいとの離婚を報告 「娘の事を第一に考え、まい進していきます」
父親としての責任を果たす機会をもらっているとのこと。(2017/9/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
ハーバード大学炎上から探る「研究員」の生態
ハーバード大学の「研究員」をめぐって、ちょっとした騒ぎになっている。米陸軍時代に米国務省の機密情報である外交公電をリークし、内部告発サイト「ウィキリークス」に公表した人物を招へいしようとしたからだ。そもそも研究員とは何なのか、日本にも話を広げてその実態に迫る。(2017/9/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

超絶ナイスバディーなロシア人モデルが国内外で話題に スタイルが良すぎてもはや漫画キャラみたい
サッカーコロンビア代表との不倫疑惑 → 真相はともかく、むっちゃ美しい。(2017/8/17)

スピン経済の歩き方:
「最近の政治家は“質”が落ちている」というのは大ウソだ
政治家の不祥事が続いている。パワハラ議員がいたり、サッカーファンをののしる議員がいたり。このほかにもダメ政治家が世間をにぎわせているが、最近の政治家は本当に質が落ちているのか。いや、そうではなくて……。(2017/8/1)

スピン経済の歩き方:
なぜ渡辺謙さんは「不倫謝罪会見」をこのタイミングで開いたのか
7月15日、俳優の渡辺謙さんが「不倫謝罪会見」を開いた。4カ月も逃げ回っていたのに、なぜこのタイミングで会見を開いたのか。背景にさまざまな大人の事情がからんでいて……。(2017/7/18)

松居一代、YouTubeで「別宅の真相」を“手紙”と“特殊なシール”とともに明かす
著名な脚本家の署名が入った手紙などを披露。(2017/7/13)

松居一代さんがTwitterを開設 深夜のYouTube動画投稿に続き波紋を呼ぶ
“おばあちゃん”の家で休ませてもらっているという動画を投稿。(2017/7/5)

空前絶後の不倫現場ぁ! 阿佐ヶ谷姉妹とサンシャイン池崎の「昼顔」ショットが妙なリアル感
おい生々しいからやめるんだ。(2017/7/1)

「トグサに相合傘誘われたなぅ」 田中敦子と山寺宏一の“デートなう写真”公開でバトーさんが心配される
バトーさんに見つかったらマズい。(2017/6/22)

「滝に打たれてきていい?」「は?」 仲里依紗の「あなそれ」番宣動画で夫・中尾明慶が自由すぎ
姉さん、声が素のトーンになってます……。(2017/6/21)

あおり力高いな! ケツメイシ最新シングルジャケ写にアンタ柴田を起用、まさかのファンモン仕様にファンざわつく
起用の理由は「古くから親交が深い」から。(2017/6/21)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

「何も決まってないのに、決まったと断定した記事」 矢口真里、6月再婚報道を否定
この記事は全くありがたくなかったもよう。(2017/5/26)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

昔見た深夜のTVCMだこれ 愛知県のWeb制作会社による昭和風PR動画が、平成らしからぬセクシーさ
テーマは「昭和の社長っぽい夢の世界」。(2017/5/1)

不倫騒動の濱松恵、東京03豊本の“1回だけ”発言に反論 「最後くらい嘘つかないで!」
結局真相はどうなの……。(2017/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

いよいよ活動再開 川谷絵音、「ゲスの極み乙女。」メンバーと久しぶりの4ショット
5月10日にアルバム発売と記念ライブ。(2017/4/2)

川崎希、第1子妊娠を報告 アレク「大好きなのんちゃんとの子供でとても嬉しい」
現在5カ月とのこと。(2017/4/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。