ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アンビション」最新記事一覧

Microsoft Focus:
MSが提唱する「インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ」とは何か 
「Microsoft Build 2017」で、「インテリジェントクラウド」「インテリジェントエッジ」という新コンセプトを掲げ、大規模分散データベース「Azure Cosmos DB」などを発表したMicrosoft。同社が見据える新たなクラウド戦略とは?(2017/5/20)

「まぞくのじかん」がコミックに――『月刊コミックアライブ』で連載開始
基本プレイ無料のスマートフォン向けRPG「まぞくのじかん」のコミカライズがKADOKAWA発刊の『月刊コミックアライブ』で連載スタートした。(2014/1/29)

リコーエレメックス、「SHREWD AMBITION」の新モデルを発売
より立体的でメカニカルなデザインとなった「SHREWD AMBITION」の新モデルが、4つのカラーで発売される。(2011/11/30)

美少女ゲームで静岡を“萌えおこし” 萌えツアーも
静岡で萌えソーシャルゲーム「萌えCanちぇんじ!」とコラボした萌えおこしキャンペーンが展開される。声優やタレントの卵がツアコンしてくれる「萌え旅」も。(2011/9/21)

日々是遊戯:
少しでも早い復興を――ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援を発表
大地震の影響を受けて、国内ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援や、節電への協力を表明しています。【※情報は随時追記しています】(2011/3/14)

協力プレイへついに対応――ARゲーム「セカイユウシャ」、ver. 2.0のサービス開始
「セカイカメラ」を利用した拡張現実(AR)オンラインRPG「セカイユウシャ」がバージョンアップし、ARゲームの本領発揮となる協力プレイに対応する。iPhone版については単独アプリとして配信される。(2011/1/27)

女戦士が…僧侶が…かわいい:
“拡張現実RPG”を体験――iPhone向け「セカイカメラ v2.4.2」
iPhone向けARアプリ「セカイカメラ」がバージョンアップ。アンビションが開発した“拡張現実RPG”こと「セカイユウシャ」が使えるようになった。アバターのカスタマイズが可能で、自分だけの萌える女戦士も……設定できる!(2010/8/11)

KDDIと頓智ドットのAR連携を「拡張」して考える
8月5日、AR事業に取り組む頓智ドットとKDDIの資本提携が発表された。現実空間に情報を加えて人の認識を“拡張”するARサービスの普及に取り組む両社だが、今後はどのような連携が想定されるのだろうか。(2010/8/6)

現実空間に魔物?――セカイカメラが向う“ARゲーム”の世界
「北海道が魔王軍に襲われている。助けに行こうぜ!」「岐阜にある封印を解いてくれ」――アンビションが開発した“拡張現実RPG”「セカイユウシャ」が近くセカイカメラに搭載される。7月30日に発表会が開催され、ゲームの内容が紹介された。(2010/7/30)

アンビション、セカイカメラ上で動作するARオンラインRPG「セカイユウシャ」を開発中
アンビションが、「セカイカメラ」で動作するゲームアプリの第2弾として、ARオンラインRPG「セカイユウシャ」をリリースすると発表した。サービスは近日公開予定だが、まずはティーザーサイトを開設して情報提供を始める。(2010/7/20)

「ゴーストハンター」になって街を救え――「ザ・シムズ3 アンビション」データセット6月24日発売
(2010/5/18)

ビジネス・ブレークスルー大学:
PR:ロケット成長でリストラを突破せよ!
どんなに厳しい時代になろうとも、優秀な人材を企業は求める。大前研一氏が考える、「今後の日本で必要とされる人材になれるカリキュラム」を、オンラインで学習できる大学とは……?(2010/1/20)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(後編)
日本の教育を改革する際の方法は2つ。「スーパースパルタ」の韓国方式と徹底的に考える力を養う北欧方式だ。(2009/11/16)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(前編)
大前研一氏に強い日本企業をつくる上でのヒントを聞く。中国など新興発展諸国の登場でグローバル展開が新たな局面を迎える中、日本企業は大いなる覚悟で進む必要がありそうだ。アンビション(野心、大志)の欠落が危険だと大前氏は指摘する。(2009/11/9)

App Town ゲーム:
iPhoneを傾け、マッチで火を付けるパズル──アンビションの「MATCH BOW」
アンビションが3月6日、iPhone/iPod touch用アプリ「MATCH BOW」の配信を開始した。価格は230円。4つのステージが楽しめる無料版「MATCH BOW Lite」も同時にリリースしている。(2009/3/6)

オンラインRPG「ワールドアイスランジスタ」で無料体験キャンペーンを実施
(2009/2/2)

10月4日〜10月10日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
10月9日、幕張メッセで「東京ゲームショウ2008」が開幕。ドコモやKDDIもブースを展開し、ケータイゲームの楽しさをアピールした。10月7日にはTCAが9月の契約数を発表。ソフトバンクモバイルが純増首位を守ったものの、ドコモもそれに迫る純増数を獲得した。(2008/10/14)

東京ゲームショウ2008:
東京ゲームショウ2008閉幕――昨年を上回る19万4288人の入場者数を記録
幕張メッセで開催されていたTGSが10月12日閉幕した。ビジネスデーでは大幅に前年を下回ったものの、一般公開日にそれを取り戻すかのような人手を記録。入場者は昨年を上回った。(2008/10/12)

東京ゲームショウ2008:
新作ゲームの試遊や来場者限定アバターのプレゼントも――DeNAブースほか
ドコモとKDDIを除く携帯ゲーム関連のコーナーには、DeNA、アンビション、スパイシーソフト、ケムコなどが出展。新作ゲームを公開するほか、来場者限定のコンテンツを用意するブースも。(2008/10/9)

アンビション、モバイルサイト向け有人監視サービス「カティナチオ」を提供
(2008/9/18)

多彩なミニゲームが楽しめるドコモ公式サイト「アンビションヴィレッジ」開設
(2008/9/2)

新しい大陸やモンスターも網羅したケータイMMORPG「ネバーワールド」の攻略本を発売
(2008/2/23)

“あみだくじ”型パズルアクション──「ネバーワールドあみぱにDX」
(2007/12/6)

iモード向けRPG「ワールドアイスランジスタ」 正式サービス開始──ITmedia読者専用アバターも登場
アンビションは12月3日、iモード向けRPG「ワールドアイスランジスタ」の正式サービスを開始した。ITmedia読者専用のURLからユーザー登録すると、専用アバターも選べる。(2007/12/3)

携帯オンラインゲームの「ネバーワールドオンライン」、10代の利用率高く
(2007/11/8)

ネバーワールドシリーズの最新作、iアプリで登場──「ネバーワールドストラテジー」
(2007/11/6)

オンラインRPG「ワールドアイスランジスタ」オープンβテストを開始──+D Mobile読者にレアアイテムをプレゼント
(2007/10/22)

東京ゲームショウ2007:
アンビション、ジー・モードらが存在感を示すモバイルコンテンツコーナー
ゲームの祭典「東京ゲームショウ2007」には、大手ソフトウェアベンダーだけでなく、ケータイゲームベンダーもブースを構える。中で目を引くのがアンビションとジー・モードのブースだ。(2007/9/22)

iモード向けオンラインRPG「ワールドアイスランジスタ」クローズドβテスター募集中
(2007/6/28)

アンビション、多人数同時参加型RPG「ネバーワールドオンライン」の期間限定キャンペーンを実施
(2007/5/9)

携帯MMORPG「ネバーワールドオンライン」を中国でサービス開始
(2006/2/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。