ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アンビション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アンビション」に関する情報が集まったページです。

Microsoft Focus:
Microsoftの“今”を映し出す? カンパニーストアの人気グッズとMicrosoft流クリスマスツリー
東京・品川の日本マイクロソフト本社にあるカンパニーストア「The Microsoft Collection」の人気商品と、2017年末を飾る華やかながらもスパイスの効いたMicrosoftらしいクリスマスツリーを紹介しよう。(2017/12/23)

Microsoft Focus:
MSが提唱する「インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ」とは何か 
「Microsoft Build 2017」で、「インテリジェントクラウド」「インテリジェントエッジ」という新コンセプトを掲げ、大規模分散データベース「Azure Cosmos DB」などを発表したMicrosoft。同社が見据える新たなクラウド戦略とは?(2017/5/20)

「まぞくのじかん」がコミックに――『月刊コミックアライブ』で連載開始
基本プレイ無料のスマートフォン向けRPG「まぞくのじかん」のコミカライズがKADOKAWA発刊の『月刊コミックアライブ』で連載スタートした。(2014/1/29)

リコーエレメックス、「SHREWD AMBITION」の新モデルを発売
より立体的でメカニカルなデザインとなった「SHREWD AMBITION」の新モデルが、4つのカラーで発売される。(2011/11/30)

美少女ゲームで静岡を“萌えおこし” 萌えツアーも
静岡で萌えソーシャルゲーム「萌えCanちぇんじ!」とコラボした萌えおこしキャンペーンが展開される。声優やタレントの卵がツアコンしてくれる「萌え旅」も。(2011/9/21)

日々是遊戯:
少しでも早い復興を――ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援を発表
大地震の影響を受けて、国内ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援や、節電への協力を表明しています。【※情報は随時追記しています】(2011/3/14)

協力プレイへついに対応――ARゲーム「セカイユウシャ」、ver. 2.0のサービス開始
「セカイカメラ」を利用した拡張現実(AR)オンラインRPG「セカイユウシャ」がバージョンアップし、ARゲームの本領発揮となる協力プレイに対応する。iPhone版については単独アプリとして配信される。(2011/1/27)

女戦士が…僧侶が…かわいい:
“拡張現実RPG”を体験――iPhone向け「セカイカメラ v2.4.2」
iPhone向けARアプリ「セカイカメラ」がバージョンアップ。アンビションが開発した“拡張現実RPG”こと「セカイユウシャ」が使えるようになった。アバターのカスタマイズが可能で、自分だけの萌える女戦士も……設定できる!(2010/8/11)

KDDIと頓智ドットのAR連携を「拡張」して考える
8月5日、AR事業に取り組む頓智ドットとKDDIの資本提携が発表された。現実空間に情報を加えて人の認識を“拡張”するARサービスの普及に取り組む両社だが、今後はどのような連携が想定されるのだろうか。(2010/8/6)

現実空間に魔物?――セカイカメラが向う“ARゲーム”の世界
「北海道が魔王軍に襲われている。助けに行こうぜ!」「岐阜にある封印を解いてくれ」――アンビションが開発した“拡張現実RPG”「セカイユウシャ」が近くセカイカメラに搭載される。7月30日に発表会が開催され、ゲームの内容が紹介された。(2010/7/30)

アンビション、セカイカメラ上で動作するARオンラインRPG「セカイユウシャ」を開発中
アンビションが、「セカイカメラ」で動作するゲームアプリの第2弾として、ARオンラインRPG「セカイユウシャ」をリリースすると発表した。サービスは近日公開予定だが、まずはティーザーサイトを開設して情報提供を始める。(2010/7/20)

「ゴーストハンター」になって街を救え――「ザ・シムズ3 アンビション」データセット6月24日発売
(2010/5/18)

ビジネス・ブレークスルー大学:
PR:ロケット成長でリストラを突破せよ!
どんなに厳しい時代になろうとも、優秀な人材を企業は求める。大前研一氏が考える、「今後の日本で必要とされる人材になれるカリキュラム」を、オンラインで学習できる大学とは……?(2010/1/20)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(後編)
日本の教育を改革する際の方法は2つ。「スーパースパルタ」の韓国方式と徹底的に考える力を養う北欧方式だ。(2009/11/16)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(前編)
大前研一氏に強い日本企業をつくる上でのヒントを聞く。中国など新興発展諸国の登場でグローバル展開が新たな局面を迎える中、日本企業は大いなる覚悟で進む必要がありそうだ。アンビション(野心、大志)の欠落が危険だと大前氏は指摘する。(2009/11/9)

App Town ゲーム:
iPhoneを傾け、マッチで火を付けるパズル──アンビションの「MATCH BOW」
アンビションが3月6日、iPhone/iPod touch用アプリ「MATCH BOW」の配信を開始した。価格は230円。4つのステージが楽しめる無料版「MATCH BOW Lite」も同時にリリースしている。(2009/3/6)

オンラインRPG「ワールドアイスランジスタ」で無料体験キャンペーンを実施
(2009/2/2)

10月4日〜10月10日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
10月9日、幕張メッセで「東京ゲームショウ2008」が開幕。ドコモやKDDIもブースを展開し、ケータイゲームの楽しさをアピールした。10月7日にはTCAが9月の契約数を発表。ソフトバンクモバイルが純増首位を守ったものの、ドコモもそれに迫る純増数を獲得した。(2008/10/14)

東京ゲームショウ2008:
東京ゲームショウ2008閉幕――昨年を上回る19万4288人の入場者数を記録
幕張メッセで開催されていたTGSが10月12日閉幕した。ビジネスデーでは大幅に前年を下回ったものの、一般公開日にそれを取り戻すかのような人手を記録。入場者は昨年を上回った。(2008/10/12)

東京ゲームショウ2008:
新作ゲームの試遊や来場者限定アバターのプレゼントも――DeNAブースほか
ドコモとKDDIを除く携帯ゲーム関連のコーナーには、DeNA、アンビション、スパイシーソフト、ケムコなどが出展。新作ゲームを公開するほか、来場者限定のコンテンツを用意するブースも。(2008/10/9)

アンビション、モバイルサイト向け有人監視サービス「カティナチオ」を提供
(2008/9/18)

多彩なミニゲームが楽しめるドコモ公式サイト「アンビションヴィレッジ」開設
(2008/9/2)

新しい大陸やモンスターも網羅したケータイMMORPG「ネバーワールド」の攻略本を発売
(2008/2/23)

“あみだくじ”型パズルアクション──「ネバーワールドあみぱにDX」
(2007/12/6)

iモード向けRPG「ワールドアイスランジスタ」 正式サービス開始──ITmedia読者専用アバターも登場
アンビションは12月3日、iモード向けRPG「ワールドアイスランジスタ」の正式サービスを開始した。ITmedia読者専用のURLからユーザー登録すると、専用アバターも選べる。(2007/12/3)

携帯オンラインゲームの「ネバーワールドオンライン」、10代の利用率高く
(2007/11/8)

ネバーワールドシリーズの最新作、iアプリで登場──「ネバーワールドストラテジー」
(2007/11/6)

オンラインRPG「ワールドアイスランジスタ」オープンβテストを開始──+D Mobile読者にレアアイテムをプレゼント
(2007/10/22)

東京ゲームショウ2007:
アンビション、ジー・モードらが存在感を示すモバイルコンテンツコーナー
ゲームの祭典「東京ゲームショウ2007」には、大手ソフトウェアベンダーだけでなく、ケータイゲームベンダーもブースを構える。中で目を引くのがアンビションとジー・モードのブースだ。(2007/9/22)

iモード向けオンラインRPG「ワールドアイスランジスタ」クローズドβテスター募集中
(2007/6/28)

アンビション、多人数同時参加型RPG「ネバーワールドオンライン」の期間限定キャンペーンを実施
(2007/5/9)

携帯MMORPG「ネバーワールドオンライン」を中国でサービス開始
(2006/2/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。