ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「拡張現実ゲーム」最新記事一覧

ワーナー・ブラザーズ、初の公式「ハリー・ポッター」ゲームを来年公開へ
映画「ハリー・ポッター」シリーズの配給元であるWarner Bros.のゲームレーベル「Portkey Games」から、ホグワーツの生徒として魔法を学ぶモバイルゲーム「Harry Potter:Hogwarts Mystery」が2018年に公開される。NianticのARゲーム「Harry Potter:Wizards Unite」と同じレーベルだ。(2017/12/13)

世界のスマホアプリ市場、18年に1000億ドル超――App Annie調査
米App Annieが、2018年のモバイルアプリ市場を予測。同市場は成長傾向で、全世界で1000億ドルを超える見込みという。(2017/12/6)

「ポケモンGO」の前身「Ingress」、2018年「Ingress Prime」に大型アップデート アニメシリーズ化も予定
ついに大型アップデート。(2017/12/4)

Niantic、「Ingress Prime」を2018年公開へ 「Pokemon Go」のノウハウ生かす
「Pokemon Go」を大ヒットさせたNianticが、2012年に公開した初代ARゲーム「Ingress」を2018年に「Ingress Prime」として刷新する。(2017/12/4)

「Pokemon GO」のNiantic、「ハリーポッター」に向けて2億ドル増資
「Pokemon GO」に次いで「ハリーポッター」のARゲームを開発中のNianticが、約2億ドル増資した。ラウドをリードしたSpark Capitalのパートナーで、ジョン・ハンケCEOのGoogle時代の同僚だったミーガン・クイン氏が取締役に就任する。(2017/11/27)

ライトセーバーでタイマン勝負 スター・ウォーズのARゲームができる「ジェダイ・チャレンジ」予約開始
3つの仮想ゲームが楽しめます。(2017/11/16)

レノボ、ARでライトセーバーごっこができる「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」予約受付を開始
レノボ・ジャパンは、3種類の「Star Wars」ゲームコンテンツを楽しめるセットパッケージ「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」を発表した。(2017/11/16)

「ポケモンGO」のヒットに続くか:
Niantic、「ハリー・ポッター」題材の新作ARゲーム発表
「Ingress」「Pokemon GO」のヒットで知られる米Nianticが、人気ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズを題材にしたスマートフォン向けゲームアプリを発表した。配信時期は未定。(2017/11/9)

「Pokemon GO」の次は「ハリーポッター」 Niantic、ARゲーム新作発表
米Nianticは、「Pokemon GO」に次ぐモバイルARゲーム「Harry Potter : Wizards Unite」を発表した。(2017/11/9)

スマホで「ジェダイ」になりきれる! スターウォーズのARゲームキットが日本上陸 11月中旬発売
IFA 2017で発表された「Star Wars : Jedi Challenges(Star Wars / ジェダイ・チャレンジ)」の日本発売が正式決定した。10月中旬から予約販売を開始し、11月中旬に発売する予定だ。(2017/10/2)

日本でも発売予定:
スマホでお手軽「ジェダイ」体験 Lenovoが「スター・ウォーズ」ARゲームキットを発表
Lenovoが「Star Wars(スター・ウォーズ)」の「ジェダイ」を体験できるスマホ用ARゲームキットを11月以降に発売する。時期は未定だが、日本での販売も予定している。(2017/9/1)

iPhoneをセットして使うARメガネ「Mira Prism」、99ドルで予約開始
新興企業Mira Labsが、iPhoneをセットして使うARヘッドセットをホリデーシーズンに発売するとして、99ドルで予約受け付けを開始した。(2017/7/19)

内なるジェダイを呼び覚ませ:
Star Wars:Jedi Challenges──“ライトセーバー”付属ARゲーム、Lenovoが“間もなく”発売へ
Lenovoが、映画「スター・ウォーズ」のジェダイの武器「ライトセーバー」型モーションコントローラーとARヘッドセットで遊ぶゲーム「Star Wars:Jedi Challenges」を発表した。(2017/7/16)

東京おもちゃショー2017:
おもちゃ界にもIoTの波 VR/ARにロボットも
「東京おもちゃショー2017」で見つけた最新玩具を紹介。VR、AR、IoTなど最新の技術トレンドが盛り込まれている。(2017/6/1)

ARをアニメで表現する難しさ――「劇場版ソードアート・オンライン」制作裏話、伊藤監督に聞く
近未来のAR・VR技術を題材にしたアニメ映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」。その制作裏話を、伊藤智彦監督に聞いた(※ストーリーの核心に迫るネタバレはなし)。(2017/4/18)

「HoloLens」一般向け初披露 政府のSAOコラボイベントで 「これは未来への投資」
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とアニメ「ソードアート・オンライン」がコラボした啓発イベントに、日本マイクロソフトが「HoloLens」を出展した。(2017/3/6)

かわいいキャラクターと特徴的な世界観 「塊魂」の高橋慶太さんがARゲーム「WOORLD」をリリース!
実際にプレイしてみたい……!(2016/11/2)

DisneyもARゲームを公開──映画「ピートとドラゴン」のドラゴンを探そう
Disneyが、新作映画「ピートとドラゴン」の米国での封切りに合わせ、部屋や街頭でドラゴンのエリオットを見つけるARゲーム「Dragon Spotting」を公開した。Googleの機械学習画像認識API「Cloud Vision API」を採用するWebアプリだ。(2016/8/12)

仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」利用禁止──ニューヨーク州知事
ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏は、子どもたちを性犯罪者から守るため、仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」の使用を禁じると発表した。開発元のNianticにも協力を求めたとしている。(2016/8/2)

リオ五輪選手が「ポケモンがいない!」の悲痛なツイート 「Pokemon GO」ブラジル公開は8月5日?
8月5日からオリンピック/パラリンピックが開催されるブラジルではまだ「Pokemon GO」が公開されていない。既に自国で同ゲームを楽しんでいる選手らが、「選手村にポケモンがいない」とツイートしている。(2016/8/1)

「ポケモンGO」の恩恵を受けた意外な人たち
これでもう不審者扱いされない。(2016/7/30)

立ちどまるよふりむくよ:
「セカイの終わり」とPokemon GO コノ、オオゾラニ、エアタグヲ
セカイカメラがいろいろなところで思い出されているいま、振り返る。山田胡瓜「バイナリ畑でつかまえて」紙書籍化記念。(2016/7/28)

「Pokemon go go go」と「GoSnaps」はPokemon GOではありません iOSの偽(?)アプリに注意
Pokemon GOの偽(?)アプリがApp Storeの1位と2位に。本物と間違えないよう注意が必要だ。(2016/7/22)

日本マクドナルドが「Pokemon Go」とコラボ――詳細は「環境が整い次第報告」
日本マクドナルドが「Pokemon Go」とコラボレーションを進めていることが正式に案内された。詳細は後日案内される。(2016/7/20)

半径300メートルのIT:
その「Pokemon GO」、ホンモノですか? 熱狂の裏の脅威
世界中で大評判になっている拡張現実ゲーム「Pokemon GO」。「早く遊びたい」という気持ちから、つい脅威に対する警戒心を失うと大変なことに……。(2016/7/19)

「Pokemon GO」を出会い系の温床にしないためには
先人の知恵に学ぶ。(2016/7/17)

「浮気がバレる」「立ち入り禁止区域に侵入」 “ポケモンGO”をめぐって海外でハプニング続出
TPOをわきまえまくる必要がある。(2016/7/14)

ゴジラ、ナンジャタウンに襲来! ゴジラを撃退する体験型ARアトラクション初お披露目
「ゴジラ」フットのフォトスポットも登場!(2016/7/13)

「Pokemon GO」誕生のきっかけは2014年のエイプリルフール──Nianticのジョン・ハンケCEO
米国で爆発的な人気を呼ぶ「Pokemon GO」を開発した米Nianticのジョン・ハンケCEOが、開発のきっかけや今後追加する新機能について、Business Insiderのインタビューで語った。(2016/7/12)

「Pokemon GO」、DAUがTwitterに迫る勢い──SimilarWeb調べ
米国などで7月6日に公開された「Pokemon GO」はApp StoreおよびGoogle Playのゲーム部門で首位を獲得した。SimilarWebによると、米国の全Androidユーザーの5.6%が同ゲームをインストールしており、毎日プレイするユーザーの割合はTwitterに迫る勢いだ。(2016/7/12)

PlayStation VRが「AnimeJapan 2016」で体験できる
「PlayStation VR」がアニメイベント「AnimeJapan 2016」(3月26日27日、東京ビッグサイト)に出展決定した。いち早くVRヘッドセットを装着した3Dゲームを体験できる。(2016/3/22)

Ingress覆面座談会(後編):
「Pokemon GO」に不安の声? Ingressベテランエージェントが抱く危機感
Ingressのトラブルはなぜ起きてしまう? それでもハマってしまう魅力とは? エージェントが本音で語る座談会の最終回。(2016/2/1)

沖縄まで行けない人も! Ingressの世界的イベント「Abaddon Okinawa」ニコ生で中継決定
ドワンゴの川上量生さんのアイデアで実現。(2015/12/9)

未来はすぐそこ:
「HoloLens」開発版は2016年第1四半期に出荷、価格は3000ドル
現実の視界に映像を重ねて拡張現実を実現するWindows 10搭載ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のデベロップメントエディションは3000ドル。HoloLens用ゲーム「X-Ray」のデモも披露された。(2015/10/6)

【ITmedia ニュース読者感謝祭 フォトレポート】話題のMVの秘密、10年前の懐かし記事振り返り、最新ロボット初公開など
ITmedia ニュース11周年を記念した「読者感謝祭」、無事に終了しました。(2015/2/23)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

最悪の結末はキミの力で変えられる!?:
現実に飛び出す「3D小説 bell」始動 KADOKAWA、ドワンゴが仕掛ける代替現実ゲーム
「絶望の中にいる少女」を主人公と一緒に“あなた”が救うのです!(2014/7/18)

ARアプリで街の「謎」を解く テレ朝「東京上級デート2」連動ゲーム AR三兄弟・ホイチョイプロが協力
テレビ番組「東京上級デート2」の世界観と連動したARゲーム企画が始まる。ARアプリを通じ、街中のあらゆるものが参加者に「謎」を語りかけてくるという。(2014/7/16)

「モバイルプロジェクト・アワード2014」「SPAJAM2014」表彰式――最優秀賞を手にした製品やチームは?
MCFが開催した「モバイルプロジェクト・アワード2014」と「SPAJAM2014」の最優秀賞が決定。7月15日に開催された表彰式で、受賞者が喜びの声を上げた。(2014/7/15)

Google、モバイル拡張現実ゲーム「Ingress」のiOSアプリをリリース
Googleが2012年にAndroid向けに立ち上げ、密かな人気を呼んでいるマップベースのモバイル版MMORPGのiOS版が公開された。(2014/7/15)

現実世界で遊べるGoogleの“陣取り”ゲーム「INGRESS」にiOS版が登場
位置情報を使って架空世界で陣取り合戦を繰り広げるゲーム。やっとiPhone勢も遊べるぞ!(2014/7/14)

安全運転で高得点を狙え! 現実の運転がドライブゲームになるARアプリ「漫画ドライブ」
ゼンリンデータコムとクロスフェーダーは、現実の運転操作がスコアに反映されるiOS向けARゲーム「漫画ドライブ」をリリースした。(2013/11/28)

サイバー感パネェ:
見慣れた街でこんなバトルが……! Googleが開発した世界規模の“陣取り”ゲーム「INGRESS」が面白そう
未知のエネルギーを巡って人類が2つの勢力に分かれて陣取り合戦を繰り広げます。(2013/11/6)

ニコニコ超会議2で初音ミク展開催
展示や参加型の巨大壁画コーナーも。(2013/3/7)

ジョブズそっくりフィギュアからステマ騒動まで──アクセストップ100記事で振り返る2012年
いろいろありました。(2012/12/29)

「予告.in」開発者も 「真犯人」からメールを受け取った人の共通点
遠隔操作事件の「真犯人」からのメールは、報道機関だけでなく、「予告.in」開発者の矢野さとるさんにも送られていた。(2012/11/19)

Google、世界を舞台に謎のエネルギーと戦うモバイル拡張現実ゲーム「Ingress」をβリリース
GoogleのNiantic Labsが、Android端末のカメラでしか見えない現実世界を脅かす謎のエネルギーとプレーヤー同士で協力して戦うというMMMMORPG(マップベースのモバイル版MMORPG)をクローズドβでリリースした。(2012/11/16)

KDDI、ARブラウザ「SATCH VIEWER」をリニューアル
KDDIは、スマートフォン向けARブラウザ「SATCH VIEWER」をリニューアルした。「なんでもAR」など4つの新サービスを開始したほか、ARアプリ「てのりん」の統合により、コンテンツを拡充する。(2012/10/2)

Qualcomm Mobile Benchmarking Workshop:
「ベンチマーク」「CPU」「GPU」「エコシステム」で読み解くSnapdragonの今
モバイル向けプロセッサーメーカーとしては老舗のQualcomm。スマートフォンの普及に伴って同社の存在感がさらに増している。Snapdragonの優位性、スマホの性能を測るベンチマークテストの重要性、そしてSnapdragonを取り巻くエコシステムとは――。(2012/8/2)

UEI、Androidアプリ開発環境「enchant PRO」SDKのβ版公開
ユビキタスエンターテインメントが、HTML5ベースのオープンソースゲームエンジン「enchant.js」の拡張版「enchant PRO」SDKのβ版を公開している。(2011/10/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。