ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「拡張現実」最新記事一覧

Facebook、AI画像認識技術「DeepMask」などをオープンソース化
Facebookが、写真に写っている物体を抽出してそれぞれの物体が何かを認知するコンピュータビジョン技術のコードをGitHubで公開した。(2016/8/29)

3Dプリンタニュース:
立体造形物にAR情報を付加して提供する3Dプリントサービスを開始
アーク情報システムは、3Dプリンタから立体造形物を出力し、AR情報を付加して納品するサービス「モケイプラス」の提供を開始した。AR表示は、iPhoneやiPadなどのモバイル端末で閲覧できる。(2016/8/29)

「ガチャ」なくても利益出る 「Pokemon GO」大ヒットで業界に風穴 背景に「ポケモン」20年の歴史
20年間かけてポケットモンスターシリーズが築いてきた国際的人気に地図アプリなどの新技術が組み合わされ、Pokemon GOブームは国境を簡単に飛び越えた。(2016/8/26)

世界70以上の国と地域で配信:
「5キロメートルって何マイル?」 ポケモンGOの影響でメートル法を米国人に教えてあげた
「ポケモンGO」のゲーム内の距離表示をめぐって、「マイル」が一般的な米国で「キロメートル」の認知度が高まるなど、思わぬ影響が出ている。市場がほぼ国内にとどまっている日本のスマホ向けゲームが、世界に飛び出すきっかけになりそうだ。(2016/8/26)

「Hot Chips 28」でMicrosoftが説明:
「HoloLens」向けプロセッサの詳細を発表
米国で開催された「Hot Chips 28」においてMicrosoftは、拡張現実(AR)向けヘッドセット「HoloLens」用に設計したプロセッサ「HoloLens processing unit(HPU)」について説明した。(2016/8/25)

ちょっと未来で現実的 福岡市にオープンしたIoT体験型ホステル「&AND HOSTEL」がおもしろかった
8月19日にオープンしたばかりのIoT体験型ホステル「&AND HOSTEL」に行ってきた。(2016/8/23)

MS西脇氏×NTTソフト安田氏エバンジェリスト対談:
情シスが“女子高生AI”の使い手になれば、会社の利益が上がる!? そのからくりは
クラウドやAI、IoTなど、次々と新たな技術が登場する中、情報システム部門はこうした技術をどのように取り込み、どのような形で業務に生かしていけばいいのだろうか――。マイクロソフトとNTTソフトウエアのエバンジェリスト対談から見えてきた結論は。(2016/8/23)

オン・セミコンダクター 副社長 David Somo氏:
PR:強みは5万品種に上る製品群、IoT向けプラットフォーム構築を目指す
2006年以降だけで11件にも及ぶM&Aを実施し、積極的に製品群の拡大を行ってきたオン・セミコンダクター(ON Semiconductor)。手掛ける製品は4万8000品種に上る。広範な製品群を武器に、センサー、マイコン、無線接続機能向けの製品をさらに充実させ、IoT(モノのインターネット)機器開発に向けたプラットフォームを構築するというシナリオを描いている。コーポレートストラテジ&マーケティング担当副社長のDavid Somo氏に同社の技術/製品戦略などについて聞いた。(2016/8/22)

車両デザイン:
マイバッハの高級クーペコンセプトは全長5.7mの電気自動車、ガルウイング搭載
Daimler(ダイムラー)は、米国カリフォルニア州モントレーで開催中のクラシックカーイベント「2016ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、Mercedes-Maybach(マイバッハ)ブランドの高級クーペのコンセプトカー「Vision Mercedes-Maybach 6(ビジョン・メルセデス・マイバッハ6)」を披露した。(2016/8/20)

現場に支持されるMRアプリの作り方 JALに聞く開発秘話
MR(Mixed Reality)技術は企業にどんな可能性をもたらすのだろうか。日本航空はMicrosoftの「HoloLens」を利用するアジア初の業務アプリのプロトタイプを開発した。同社のプロジェクトチームにその舞台裏を聞く。(2016/8/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows Holographic」の複合現実が2017年に一般PCへやって来る
2017年はWindows 10のアップデートにより、一般的なPCでも「Windows Holographic」が楽しめるようになるという。(2016/8/18)

Meet Recruit:
【前編】菊乃井店主とVR研究者が語る、和食の未来を作るテクノロジー
社会や暮らしの課題をITで解決する。菊乃井店主とバーチャルリアリティ研究者が和食とテクノロジーの未来を探るべく語り合った。(2016/8/17)

IDF 2016:
Intel、スタンドアロンの“MR” HMD「Project Alloy」披露
Intelが3D深度センサー「RealSense」技術を採用するVR/AR HMD「Project Alloy」を発表した。PCとの接続も、コントローラーも、外部に設置するセンサーも不要のスタンドアロンなHMDだ。(2016/8/17)

DisneyもARゲームを公開──映画「ピートとドラゴン」のドラゴンを探そう
Disneyが、新作映画「ピートとドラゴン」の米国での封切りに合わせ、部屋や街頭でドラゴンのエリオットを見つけるARゲーム「Dragon Spotting」を公開した。Googleの機械学習画像認識API「Cloud Vision API」を採用するWebアプリだ。(2016/8/12)

ソフトバンクによるARM買収が与える影響【前編】
「iPhone」「iPad」搭載チップのベースも設計、ARM買収の“そもそも”の理由は
「iPhone」や数多くの「Android」デバイスが採用するチップを設計しているARM Holdingsをソフトバンクが買収した。これによりIoT分野はどうなるのだろうか。(2016/8/10)

Pokemon GOで鬱病も改善 引きこもりの少女に起きた「奇跡」 ARと精神疾患、学者に評価の動き
Pokemon GOが、鬱病や社交不安障害といった精神疾患の改善に効果があるという話が欧米で出始めている。(2016/8/9)

スマートシティーと深い関係
「Pokemon GO」は楽しいだけではなく街の姿も変える 始まったARの社会実験
「Pokemon GO」で拡張現実(AR)が身近になった。このARがスマートシティーのさまざまな取り組みを変える可能性がある。(2016/8/9)

「Pokemon GO」効果でモバイルバッテリー出荷が倍増──米NPD調べ
GPSやAR技術の採用で電力消費が激しい「Pokemon GO」の人気を反映し、米国では同ゲーム発売後2週間のモバイルバッテリー出荷台数が前年同期間の101%増の120万台に上ったと米調査会社のNPDが報告した。(2016/8/6)

SHOWCASE:
秋葉原のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「ポケモンGO」
社長から誘われたので、今はやりの「ポケモンGO」をプレイしてみました。第一印象は「何、このかわいいイキモノ!!」で、すっかりハマってしまいました。プレイしてみて分かった基本と実践の解説をしていきます。(2016/8/5)

「ポケモントレーナーが家に入ってくる!」――米男性、「Pokemon GO」開発元を訴える
米国の男性が自宅敷地から「Pokemon GO」のプレイヤーを追い出すべく、連邦裁判所に訴えを起こしている。(2016/8/4)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年7月版】:
「介護ロボット」はコンセプトモデルの域を脱し“実用品”へ――市場の拡大傾向は持続
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、矢野経済研究所が発表した「国内介護ロボット市場の推移と予測」を基にしたニュース記事「『介護ロボット』は単なるコンセプトモデルではなく『実用品』の時代に」が第1位でした!(2016/8/4)

建物はなくてもポケストップとして残る―― 津波被害を受けた石巻のポケストップが話題
その正体はIngressユーザーが残した「記憶のポータル」。(2016/8/2)

フィールドサービスにもたらすIoTの効果
欧州コカ・コーラの自販機技師、「IoT」でコピー機も修理可能に?
「IoT」は企業にどのような価値をもたらすのか。IoTが抱える課題とは。企業のIT部門とフィールドサービス部門への調査で、その実態が分かってきた。(2016/8/2)

アーク、“AR情報付き”の立体物を提供する3Dプリント出力サービス「モケイプラス」
アーク情報システムは、立体物の3Dプリント出力にARデータの情報を付加して納品する出力サービス「モケイプラス」の提供を開始した。(2016/8/1)

ITはみ出しコラム:
ポケモンGOの隠れたルーツ「Field Trip」を知っていますか?
今が旬の「ポケモンGO」ですが、開発者のやりたいことはずっと前から一貫していたようです。(2016/7/30)

IBM Connect Japan 2016:
IBMとIDC Japanが語るワークスタイル変革の現在と未来とは
日本アイ・ビー・エムは2016年7月27日、東京・お茶の水のソラシティカンファレンスセンターで『「IBM Connect Japan 2016」〜新しい働き方へ導く「次の一手」』を開催。IDC Japanによる基調講演が行われた。(2016/7/29)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/07/28
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年7月28日)(2016/7/29)

Facebook、予想を上回る増収増益、MAUは22%増の17億1000万人に
Facebookの4〜6月期決算は、売上高は59%増、純利益は約2.8倍と予想を大幅に上回る増収増益だった。ザッカーバーグCEOは電話会見で「Pokemon GOを楽しんでいる」と、ARの可能性について語った。(2016/7/28)

モンスターボールだけに
「Pokemon GOはビジネスも変える」が“的外れな意見”ではない理由
世界で史上最大級のヒットとなっている「Pokemon GO」。Pokemon GOによって拡張現実(AR)を活用するハードルが下がり、今後は幅広い分野に普及する活用される可能性がある。(2016/7/26)

「ポケモンGOは危険なゲーム」架空生物に現実世界が大迷惑、開発者も当惑?
「ポケモンGO」の配信が日本でも始まった。架空の生き物「ポケモン」を現実世界で探し歩く新しい遊び方で、利用者数を記録的に伸ばす半面、熱中のあまり事故や事件が多発し、所構わず出没するプレーヤーのマナー違反に多くの人々が眉をひそめる。(2016/7/25)

キーワードは「セキュリティ」と「オープン」:
CiscoのDNAに生まれ始めた「オープン」の遺伝子
サーバやストレージに比べ、仮想化やオープン化、プログラミングによる自動化といった分野で取り残されがちだったネットワーク。シスコはその状況を変えるため、自ら変わろうと試みている。(2016/7/25)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
クラウドに生まれる新たなレイヤーの形
IoTやビッグデータコンピューティングの圧力により、クラウドには「層化」とも呼べる現象が起こっています。それはアプリケーションデータフローと実際の帯域幅、そしてレイテンシ制約という競合する課題への対応です。(2016/7/25)

Pokemon GOをサイバーでセキュアに メガネ装着型スカウター「Vufine」で遊んでみた
ついに日本上陸したPokemon GO。歩きスマホは当然ダメ。内閣サイバーセキュリティセンターも気をつけろと警告。ならばどうすべきか。そうだ、Vufineがあった。(2016/7/22)

マクドナルドが「ポケモンジム」に 「ポケモンGO」と連携
日本マクドナルドは任天堂のスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)と連携したサービスを開始する。(2016/7/22)

業界関係者が「ポケモンGO」の世界的大ヒットを“予測できなかった”ワケ
「ポケモンGO」が世界的な大ヒットとなっている。しかしアプリ業界の関係者は、ここまでのヒットになるとは誰も予想できていなかった。“アプリのプロ”がヒットを見抜けなかった理由とは。(2016/7/21)

「Pokemon GO」の次は? “玩具化”したARはどこへ行くのか
「Pokemon GO」をはじめ、身近な存在となりつつあるAR(拡張現実)。だが「ARはゲームに使われる技術」など“玩具”のように思う人も少なくない。こうした課題を踏まえ、ARはこの先どのように発展し、ビジネスの現場や日常生活を変えていくのか――。(2016/7/21)

VR/AR/AI、5年後の従業員へのインパクトを考えよ:
ミレニアル世代への福利厚生は、メシよりハイテク?──インテルとデルが「職場と働き方」のグローバル意識調査
インテルとデルが、各国のビジネスパーソンに聞いた職場のIT動向と働き方に関する意識調査「Future Workforce Study 2016」の結果を発表した。従業員の全体の半数以上が、今は“まだ”だが、「5年以内にスマートオフィスで働けるようになる」と期待している。(2016/7/20)

半径300メートルのIT:
その「Pokemon GO」、ホンモノですか? 熱狂の裏の脅威
世界中で大評判になっている拡張現実ゲーム「Pokemon GO」。「早く遊びたい」という気持ちから、つい脅威に対する警戒心を失うと大変なことに……。(2016/7/19)

「Pokemon GO」を出会い系の温床にしないためには
先人の知恵に学ぶ。(2016/7/17)

ITはみ出しコラム:
「Pokemon GO」のおかげでARメガネがいよいよ普及する?
ARメガネのキラーアプリ、それは「Pokemon GO」なのかもしれません。(2016/7/16)

「浮気がバレる」「立ち入り禁止区域に侵入」 “ポケモンGO”をめぐって海外でハプニング続出
TPOをわきまえまくる必要がある。(2016/7/14)

Pokemon GO、スポンサー付きポケストップを計画 マクドナルドも参入か
「Pokemon GO」の現在の主な収入源はアプリ内でのアイテム販売だが、将来的には「Ingress」と同様の“スポンサー付きロケーション”を展開する計画だとNianticのCEOが語った。McDonald'sがポケストップになるかもしれない。(2016/7/14)

腕に表示して触らず操作できる仮想キーボード「ARmKeypad Air」 NECが開発
AR対応ウェアラブルグラスと画像認識技術により、前腕に仮想キーボードを映し出し、指の動作で触らずに操作できる。(2016/7/13)

AR眼鏡をかけると腕が“キーボード化” NECが医療・食品加工で活用へ
眼鏡型端末で手元を見ると、仮想キーボードが現れ、指の動きでボタン入力やフリック入力ができる――NECがAR(拡張現実)技術「ARmKeypad Air」を開発した。(2016/7/13)

医療分野に新たな活路:
Google Glassが“バーチャル専門医”に?
民生機器としては人気が低迷したかに見える「Google Glass」は、医療分野で新たな活路を見いだしたようだ。米国で、Google Glassを使って救急医療を行う実証実験が行われた。(2016/7/13)

DMS2016:
概念設計からAR、複合最適化まで、3Dデータの活用提案が多数
「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」ではCADベンダーを中心に3Dデータをより活用するための提案が目を引いた。CAEでは注目材料の解析や複合最適化に関する展示が見られた。(2016/7/13)

ゴジラ、ナンジャタウンに襲来! ゴジラを撃退する体験型ARアトラクション初お披露目
「ゴジラ」フットのフォトスポットも登場!(2016/7/13)

「Pokemon GO」、DAUがTwitterに迫る勢い──SimilarWeb調べ
米国などで7月6日に公開された「Pokemon GO」はApp StoreおよびGoogle Playのゲーム部門で首位を獲得した。SimilarWebによると、米国の全Androidユーザーの5.6%が同ゲームをインストールしており、毎日プレイするユーザーの割合はTwitterに迫る勢いだ。(2016/7/12)

Weekly Access Top10:
いまだからこそ「電脳コイル」を見る
中学生だった頃に見たときとは、また違うストーリーに思えました。(2016/7/11)

Pokemon GOユーザーをポケモンで釣る窃盗団現る
日本より先に「Pokemon GO」が公開された米国で、人気のないポケストップにユーザーを誘い込む窃盗団が現れた。未成年を含む4人の若者は既に逮捕され、10万ドルの罰金を科せられた。(2016/7/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。