ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「拡張現実」最新記事一覧

関連キーワード

Microsoft Focus:
Windows 10 Fall Creators Updateは、どんな“新体験”をもたらすのか
「Windows 10」の4回目のメジャーアップデートとなる「Fall Creators Update」で目玉となるのがMR(混合現実)機能の拡充。一般的なPCで体験できるMRの展開でMicrosoftが見据えるものとは。(2017/10/21)

VRニュース:
ThingWorx StudioでHoloLensを活用、拡張性高いMR体験を可能に
米PTCは、米Microsoftの「Microsoft HoloLens」を活用し、MR体験を短時間で作成できる新機能を開発した。推奨ツールとして、「ThingWorx Studio」の活用を支援し、HoloLensユーザーの拡張性の高いMR体験の迅速な生成をサポートする。(2017/10/20)

出版20周年「ハリー・ポッター展」が今週、大英図書館で開幕
シリーズ第1作の「賢者の石」から20年。大英図書館ならではの展示が行われる。(2017/10/20)

医療機器ニュース:
遠くにいても温熱感覚を伝えられる装着型インタフェースを開発
慶應義塾大学は、遠くにいる人の指や手のひらに、温もりや冷たさなどの温熱感覚を伝えられる装着型のインタフェース「サーモグローブ」を開発した。温度や熱流を同時かつ双方向に制御することで、対象物に直接触れているような感覚が得られる。(2017/10/20)

ハコスコ、スターティアラボと共同開発:
VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画」と「drop:AR」を開発したと発表した。(2017/10/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
シンギュラリティに向け勝ち残る企業とは――人生140年時代の今、中堅こそ起業を
2045年に訪れると予測されている「シンギュラリティ」。人工知能が人類を超越する時代に生き残ることができるのはどのような企業、そして人なのだろうか。(2017/10/18)

VR技術入門:
PR:欲しいVRは自分で作れる! モノづくりのための Stingray VR 入門
今、非常に注目されているVR(Virtual Reality)だが、ゲームやエンタテインメントでの活用は急速に進んでいるものの、モノづくりへの応用においてはまだノウハウが少ない。本稿では、まだVRになじみの浅い製造業系エンジニアに向けて、まず技術の概要を分かりやすく説明し、3DデータからVRコンテンツを制作するAutodeskのゲームエンジン「Stingray」の概要について紹介する。(2017/10/18)

自動運転支援に準天頂衛星活用 三菱電機、試作車公開
準天頂衛星システムからの信号を用いて自車位置を認識する技術など、自動運転を支援する複数の技術を搭載して安全性を高めたのが特徴だ。(2017/10/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
10月17日に配信開始 「Windows 10 Fall Creators Update」でPCはこう変わる
年2回に固定されたWindows 10の大型アップデート。一般ユーザー向け配信が始まる「Fall Creators Update」の主な変更点をまとめた。(2017/10/17)

スマートファクトリー:
「アンマンドファクトリ」の進化を図る安川電機、スマート工場の新コンセプト訴求
安川電機は、同社が展開するスマート工場の新コンセプトとして「アイキューブ メカトロニクス」を新たに発表した。(2017/10/17)

東京モーターショー 2017:
三菱電機の新開発ヘッドアップディスプレイ、高精度測位で車線に合わせてAR表示
三菱電機は、「第45回東京モーターショー 2017」において、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)の新技術を盛り込んだコンセプトカー「EMIRAI4」を出展する。(2017/10/17)

正しい走行ルートを表示:
ARで“霧でも安心”なコンセプトカー、三菱電機が出展へ
三菱電機が、コンセプトカー「EMIRAI4(イーミライフォー)」を東京モーターショーに出展すると発表。霧などで肉眼での状況認識が困難な場合に、正しい走行ルートをAR表示するディスプレイなどを備える。(2017/10/16)

ビックカメラ、ARで家電を実物大表示できるサービス 自分の部屋でレイアウトを試せる!
「買ったけど、なんか違う……」が防げそう。(2017/10/16)

ビックカメラ、ARで家電配置 購入前にイメージ確認
ビックカメラは、AR(拡張現実)技術を活用し、実物大の家電製品を自分の部屋に表示できるサービスを試験導入。(2017/10/16)

濃霧で見えない道路、ARで表示 三菱電機のコンセプトカー
三菱電機がコンセプトカー「EMIRAI4」を、第45回東京モーターショー2017に出展。運転席のディスプレイに、クルマの進むべき進路をAR表示する。(2017/10/16)

課題点は「13歳問題」:
人気“VR施設”、成功のワケは「カップル狙い」と「インスタ映え」
人気を博している「VR施設」だが、成功の要因は何なのか。VRに関する展示会「Japan VR Summit 3」で講演した、アドアーズの石井学社長らのセッションを取材した。(2017/10/13)

Appleの「ARKit」採用アプリで最も多いのはゲーム──Sensor Tower調べ
AppleのAR(拡張現実)フレームワーク「ARKit」を採用するアプリが公開されて約1カ月。カテゴリーで最も人気があるのはゲームで、有料ゲームのトップは「The Machines」だという調査結果をSensor Towerが発表した。(2017/10/13)

最新版のWindows 10に対応した開発が可能:
Microsoft、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」を公開
Microsoftは、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」のダウンロード配布を開始した。「Visual Studio 2017」の最新版「バージョン15.4」と組み合わせて使うことで、Windows 10 Fall Creators Updateの最新ツールとAPIを活用できる。(2017/10/13)

コラボレーションやワークフローに生かす
仮想現実(VR)に“前のめり”なMicrosoftとCisco、アプローチの違いとは
Microsoftは同社イベントで、仮想現実(VR)コラボレーション技術と、Fordで使われている複合現実(MR)アプリを披露した。Ciscoも「Cisco Spark in VR」を発表し、顧客に試してほしいと呼び掛けている。(2017/10/10)

新たな基盤となるPLM:
PR:IoT時代の製品開発には、なぜ「つながる基盤」が必要となるのか
IoTなどにより多くの製品が「つながる」ことが前提となりつつある。この中で製品開発の在り方も従来のままでは対応できず、新たな姿へと変化しつつあり、これらを支える基盤も見直す必要が出てきた。ポイントになりそうなのがPLMだ。新たな製品開発基盤の理想像とはどういうものになるのだろうか。独自の思想で躍進するPLM「Aras Innovator」を展開するアラスジャパン 社長久次昌彦氏に話を聞いた。(2017/10/10)

CEATEC 2017:
パナソニックが描く第2の“二股ソケット”、つながる価値は次の100年を照らすか
パナソニックは、CPS/IoTの展示会として生まれ変わった「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、IoTサービスとして体系化した「μSockets」を披露した。2017年10月から順次、サービス提供を開始する。(2017/10/6)

Windows Mixed Realityは何がすごいの? Windows 10の「Fall Creators Update」に合わせて知っておきたい基礎知識
10月17日の「Fall Creators Update」に向けて、WMRを分かりやすく解説。(2017/10/6)

Instagram、国内月間2000万人が利用 2年間で2.5倍、「動画」投稿にシフト
Instagramの日本国内の月間アクティブユーザー数が2000万人を突破。ユーザー数が増える中、投稿内容にも変化が。(2017/10/3)

CEATEC JAPAN 2017:
auショップ店員「レナ」が進化 AI搭載、TangoのAR活用
KDDIが、Googleの空間認識技術「Tango」を活用したバーチャルショップ店員「レナ」を「CEATEC JAPAN 2017」で展示する。(2017/10/3)

CEATEC JAPAN 2017:
「Photoshop」感覚でメイクを描く パナソニックが開発
画像編集ソフト「Adobe Photoshop」を使う感覚で、顔写真にメイクを描き込んで試せる――そんな「メイクアップデザインツール」をパナソニックが開発。(2017/10/3)

スマホで「ジェダイ」になりきれる! スターウォーズのARゲームキットが日本上陸 11月中旬発売
IFA 2017で発表された「Star Wars : Jedi Challenges(Star Wars / ジェダイ・チャレンジ)」の日本発売が正式決定した。10月中旬から予約販売を開始し、11月中旬に発売する予定だ。(2017/10/2)

CADニュース:
3DCG特化型クラウドソーシングサービスの業務提携でクリエイターを支援
デジタルハリウッドは、TANOsimと業務提携を行った。TANOsimが提供する3DCG特化型クラウドソーシングサービス「CGクラウド」を通じ、クリエイターが活躍する場を広げていく。(2017/10/2)

JDIが4辺狭額縁の「FULL ACTIVE」ディスプレイを披露 18:9のニーズが増えている理由は?
ジャパンディスプレイが、4辺狭額縁の「FULL ACTIVE」ディスプレイについて説明。同ディスプレイを搭載したXiaomiのスマートフォンも披露した。最近は画面のアスペクト比を18:9程度にしてほしいというニーズが増えているという。(2017/9/27)

製造マネジメントニュース:
JDIがカンパニー制でスピード経営目指す、CMOに元アクア社長の伊藤嘉明氏が就任
ジャパンディスプレイ(JDI)が構造改革の進展状況や、2017年10月1日からの新たな組織体制について説明。0.5〜0.6mmの狭額縁を特徴とする液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE(フルアクティブ)」がシャオミのスマートフォン「Mi MIX2」に採用されたことも明らかにした。(2017/9/27)

想像力の欠如が可能性を閉ざす
「iPhone X」のすごさを理解できないIT幹部は職を失う?
「ARKit」「ニューラルエンジン」「Face ID」など、Appleが「iPhone X」に詰め込んだ要素は数多い。企業のCIOにとっては、それが実現する具体的な未来こそが重要だ。(2017/9/27)

ポスターやモノが話しかける――リアルな音源方向を実現する音響AR技術、NECが開発
NECが、ヒアラブルデバイスを活用した新技術として、顔の向きや移動方向に関係なく、音源を任意の位置で固定する音響AR技術を開発した。(2017/9/26)

グリーとJAXA、VR・ARコンテンツ制作で協力 人工衛星データ活用
グリーとJAXAが、VR・AR分野での人工衛星データの活用を開拓するため、コンテンツの共同制作などを目的とした協力についての覚え書きを結んだ。(2017/9/25)

“日本が知らない”海外のIT:
進路相談もVRの時代に 海外発“職探しVR”が生まれたワケ
将来どんな仕事に就けばいいのか。そして、夢をかなえるにはどんな勉強をすればいいのか――将来の進路に悩む高校生は世界中にいる。そんな若者向けに自分の性格、才能、仕事の向き不向きを客観的に探るためのVR(仮想現実)コンテンツが登場した。(2017/9/25)

プロモーション利用と正統進化:
東京ゲームショウで見た、VR・ARの「広がり」と「進化」
東京ゲームショウ2017が開幕。「プロモーション」のためのVR・AR活用と、新たな体験を提供するアトラクションに注目が集まった。(2017/9/22)

PR:“わずか5分”で迫る津波から乗客を守る「VR訓練」 JR西日本とKDDIの新しい取り組みはなぜ生まれた?
(2017/9/22)

iOS 11用のARメジャーアプリが地味に便利 風景上にメジャーを出して家具の寸法や床の広さを計測可能
ある程度の誤差は出てしまいますが、家具の検討や物件を下見するときなど、手軽に見当を付けられます。(2017/9/21)

Google、HTCのスマホ事業の一部を買収
Pixel開発チームがGoogleへ。(2017/9/21)

東京ゲームショウ2017:
「東京ゲームショウ2017」開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線
国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が開幕。(2017/9/21)

「iOS 11」配信開始 App Storeをリニューアル、iPad向け新機能が多数
iOS 11の配信がスタートした。iPhoneは5s以降の端末が対象。主なアップデート内容をまとめた。(2017/9/20)

VRニュース:
AIやAR、VRなどを搭載したスマートデバイス5機種を発表
レノボは、AIやAR、VRを実装したARヘッドセットやタブレットなど、5種類のスマートデバイスを発表した。さまざまな使い方が可能なこれらのデバイスにより、利用者は自分の好みに合ったコンピューティング体験ができる。(2017/9/20)

VRニュース:
HoloLensと高速3Dスキャナーの連携システムで技術提携
ハニカムラボとVRCは、「HoloLens」と高速3Dスキャナーを連携するシステム開発のための技術提携に合意した。両社のノウハウを融合し、3Dスキャンの後、さまざまなコンテンツ上でユーザーが見たり遊んだりできるワンストップシステムを構築する。(2017/9/19)

クラウド普及と共通する点も
今まさにビジネスを変えている「VR/AR」、すぐに手を付けるべきは?
IoT(モノのインターネット)以降の世界をVR/ARがさらに変える準備は整った。ただし、VR/ARを企業や組織に普及させるためには、幾つかの準備が必要だ。(2017/9/19)

iPhone Xで「スーパーフォン」市場開拓? Appleの高価格戦略は吉と出るか
このところのApple製品はどれも高額。予想を下回ったとはいえiPhone Xも約1000ドルする。(2017/9/18)

価格を下げない戦略:
Apple、「iPhone X」でさらなるブランド力強化へ
Appleは、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X(テン)」を発表した。iPhone Xの価格は999米ドルとやや高い価格設定になっているが、専門家は「Appleのブランド力低下を防ぐにはいい戦略だ」との見解を述べている。(2017/9/13)

Apple、新型iPhone「iPhone 8」を発表 ワイヤレス充電に対応
(2017/9/13)

CAD/PLMの10年史:
多くの買収で揺れ動いたCAD周りの10年、今後はユーザー側が買収に乗り出すか
MONOistが開設した2007年以降、CADやPLMなどの設計製造システムを提供する大手ベンダーによる意欲的な買収が行われてきた。今後は、CAD/PLM、EDA、大手ユーザーという垣根を超えた企業買収が起こる可能性があるだろう。(2017/9/13)

Samsungに次いで2位に:
Huawei、17年6〜7月のスマホ売上高でAppleを抜く
Huaweiが、2017年6〜7月の世界スマートフォン売上高において、Appleを上回り、Samsung Electronicsに次ぐ2位となった。(2017/9/13)

iOS 11 SDKの新機能――ARアプリが作れるARKit、機械学習済みのモデルが使えるCore MLを試してみた
iOS 11でも開発者向けにも多くの面白い機能が追加された。本稿では、そのうちの「ARKit」「Core ML」について、実際にアプリを作りながら紹介する。(2017/9/21)

MONOist編集部が語る:
製造業の今までの10年、これからの10年(後編)
2017年8月1日に10周年を迎えたMONOist。それを記念して編集部員が製造業とMONOistのこの10年と将来について語った。笑いあり、涙ありの熱いトークバトルの後編をお届けする。(2017/9/6)

標準化を進めるクロノス:
VR/ARで統一プラットフォームを、市場加速に期待
グラフィックスなど向けにオープンな業界標準API(Application Programming Interface)の仕様策定を行うKhronos Group(クロノス・グループ)は、VR(仮想現実)およびAR(拡張現実)向けに、クロスベンダーのプラットフォームを構築しようとしている。独自のゲームエンジンやデバイスドライバーが乱立するVR/AR市場の障壁を取り除き、成長を加速することが狙いだ。(2017/9/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。